せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

カテゴリ:感動

image

82: 名無しさん@HOME 2010/06/13(日) 00:44:19 0
今日の子供@2歳&14歳

少し言葉の遅めだった下の子が上の子に初めて「ねーたん」と呼んだ
上の子号泣

うちはちょっと事情があって、上の子は私の弟の子を10歳のときに引き取った
自分の子供と思って育ててきたつもりだけど、やっぱり難しい年頃で、
暮らし始めてから色々と衝突したりしてきた
下の子が生まれたときも上の子は「自分の場所はここにない」って言って何度も家出をしようとした
でも今下の子はすごく上の子になついてて、上の子もやっと落ち着いてきた

二人とも私たち夫婦の生きがいです

続きを読む

HV144_L

549: 可愛い奥様 2012/05/26(土) 19:48:39.56 ID:baDhEZ0uO
10マソ程減給されて、食事を減らさざる得ないこと。
子どもには充分食べさせないといけないからね。米も今までの半分子どもの分だけ炊いて
自分のは、ほんの少し残ったご飯をお粥にして、何度も水足してごまかしてるw
味噌汁は汁だけ。子どもは具だくさんだよ。

果物は買えない、野菜はもやしと頂きものの新タマネギ。
今年は豊作なのか、たくさんもらえる。
こうやって時々おすそ分けもらえるから、何とか食いつないでる。

おかげでなかなか減らなかった体重も理想的にw
今日はやり切れずに、料理酒で使ってる焼酎で晩酌した。

頂きもののお返しに、買いだめた小麦粉あるから、パン焼いて物々交換してる。

続きを読む

ダウンロード (5)

17: 名無しさん  2017/02/13(月)12:17:32 ID:KXK
先日ウトが免許返納してきた
タクシー・ハイヤーから専属運転手を務めて、還暦過ぎまで妻子を養って来た人だけど、
71歳になった最近、
「運転中に動体視力と注意力が以前より落ちたと感じたことが去年一年で二度あった、
無事故のうちに運転を卒業したい」
と言い出し、トメ、旦那、旦那弟、その家族みな賛成した

去年ウトの車に乗った時は少しも不安のない運転だったが(むしろ私の知ってる人間の中では一番上手い、
車に乗ってるのを忘れそうなくらい街でも高速でも淀みなく滑らかに進む)、本人が感じるのならそうなのだろうし、
事故ひとつ起こさないうちに自分で決意して運転やめるというのは、素晴らしい卒業の仕方だなと感心した

トメから生協に加入したいと言われたので、色々調べて、希望する生協に加入登録もした
トメの古希祝もやってなかったので、一昨日、
「トメさん古希おめでとう兼ウトさん運転お疲れ様でしたパーティー」をホテルで身内20人ほどでやった
ウトの語る「長いドライバー人生でのこぼれ話」「戦後からのドライバーのマナーの変遷」がすごく面白かった
タクシー券もあげたけど「これからはバスさー」と笑ってた

ネットで何度か、運転技能が下がって来たのに免許返納をしぶる高齢の親に困ってるみたいな話を読んでたので、
ウトは偉いわというかすごいわーと思う

続きを読む

0127-1-1

163: 可愛い奥様 2012/09/14(金) 10:23:15.06 ID:aNy4MQ7J0
旦那から「誕生日プレゼント何が欲しい?」と聞かれた。
「物じゃなくて手紙が欲しい」と言ったら、速攻却下された・・・。
昨日も同様に「誕生日プレゼント何欲しいの?いっしょに買いに行く?」と
言われて、「物じゃなくて手書きの手紙欲しいのに」と言ったけど
「物でお願いします」と断られた。

昨日12時過ぎた瞬間、ベッドでゴロゴロしてた私の所に旦那が来て
「誕生日おめでとう。枕の下見て」と言ってきた。
枕めくったら手紙が入ってて号泣したよ。
やっぱり旦那が大好き。

続きを読む

IP150513TAN000078000_20150518143112

29: 名無しさん  2017/02/07(火)22:31:11 ID:???
昔嫁とまだお付き合いの状態だったとき、俺の実家で祖母に何か頼まれごとしたんだ
それが何だったのか忘れたけど、ばあちゃんは80過ぎた人だから、女は男のこと立てて当然、男は家のことやって当然って考えで
感謝の言葉はあったけど、やって当然という態度だった
ばあちゃんがそんな世代に生きてきたから仕方ないと思う
でもじいちゃんは少し違ってて、家を出てから全く帰ってこない息子(俺父)のことを見てたから
合間見つけて帰ってくる俺とか、そこにたまに同行する嫁のことは好意的に見ててくれてた
手伝いのお礼だって、じいちゃんのお宝の一つ、大正時代のレアなアイテムをくれたんだ
嫁が「それ、かなり高価なものじゃないの?」と言うからネットで調べたら時価総額五万超えてた
俺が携帯見て固まってる横で、嫁は「愛されてるねぇ、お守りがわりに定期入れに入れときなよ」と無くさないうちにしまってくれた
家に帰ってから若かった俺は、ちょっとした手伝いでじいちゃんのお宝を貰った話を周りに話してしまった
金額は話してなかったけど、「お宝なら売れるだろ?売って遊ぶ金にしようぜ!」「小遣いにしろってことだろ?」という反応が返ってきた
俺はじいちゃんがくれたのは気持ちであってお金じゃないと思ってる
婚約指輪は売ればお金になるけど売らないのと同じように、じいちゃんのお宝もそんな位置づけとして見てた
だから他人にはお金にしか見えないんだと思うとショックだった
彼女にこの気持ちを愚痴ったところ
「婚約指輪が何で高価なのか知ってる?」と聞かれた
また金の話かとうんざりしながら知らないと答えると
「もし夫の身に何かあったとき、家族を守れるだけのお金に替えられるようになんだよ
夫は婚約指輪を送ることでずっと家族や奥さんを守ってるんだよ
だからおじいちゃんのお宝は君を守ってくれるお守りだし、いざというときにきっと助けてくれるよ」
と答えが帰ってきた
それ言われたらなんか泣けてきたよ
そんな風に言ってくれたのはあとにも先にも嫁と嫁母だけだった
嫁母に同じ話したときに「お守りがわりやな、大切にな」と嫁と同じことを言ったんだ
こんな人たちと結婚して家族になれたことが最高に幸せだ

続きを読む

shutterstock_82869481

76: 名無しさん@HOME 2012/11/05(月) 22:16:58.02 O
豚切。

嫁が自宅で破水→直後に破水した量と同じくらいの出血。激痛に耐えながら自分で救急車を呼び、病院に運ばれた。
俺は病院から意識がないと連絡をもらって慌てた。子供は?嫁は大丈夫なのか?死ぬのか?俺は今、病院に行けばいいんだよな?とタクシーの後部座席で吐きそうになるくらい考えた。
病院につくと、すでに手術が始まっていた。そこに到着した両親ズ。俺親は手を合わせてガタガタ震え、嫁母は嫁父に支えられながら真っ赤な目でフラフラと現れたと思ったら、手術室の前で倒れた。嫁母の過呼吸で苦しそうな顔を見て、俺もおかしくなりそうだった。

続きを読む

i-catch2

85: 可愛い奥様 2012/11/12(月) 08:21:24.00 ID:v19TeQzH0
母が末期の癌宣告をされて、今度のお正月を一緒に過ごせるかどうかと言われてる。
ずっと母には隠してたけど先月母自身が知るところとなって
「あんたに話しがある」と病室にくるように電話があった。
そこで母に言われたことについて悩んでいて、なんでもいいのでアドバイスを下さい。

私は3人姉妹の長女。
小さい頃から、共働きだった両親に代わって妹の面倒をみてきたので
自然と自分のことは後回しになってたけど、
妹のことは普通に可愛かったし、もともと家の中のことをするのも好きだったから
それを嫌だと思ったことはなかった。
その経験があるせいか、自分で言うのもなんだけど
時間の使い方が上手くなったというか、要領がよくなったというか
自分のことは少ない時間や、時間の隙間でチャチャッとやってしまって
他人に頼るということがあまりなかったんだよね。
でも結婚してからは、それまでとは違う苦労がそれなりになって
誰かに頼りたい、助けてほしいと思ったことも正直あったんだけど、
つい頼りたい相手(=親)のその時の状況を考えて、
やっぱり自分でなんとかしようとしてきた。
無理してるつもりはないんだけど、
どういうわけか私が助けを乞いたい時(たいてい旦那が長期出張中に起こる)は
いつも実家でなにかしらあって、来てもらうのが憚れるタイミングなことが多くて、
来てくれるのを待ってる間に自分でやったほうが早いと考えてしまう。
私は実家から新幹線で1時間のところに嫁いだということもあって、
田舎からわざわざ出てきてもらうまでもないと思ってしまうんだ。
それが母にとっては堪らないらしい。

続きを読む

images

72: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/03(月) 23:04:36.81
家庭内は冷えきり最近は仕事でも同年代の社長に目の敵にされ
毎日のように肩たたきとも嫌味とも判らないような罵詈雑言を浴び
生きることに疲れてきて思わず六歳娘と四歳息子に
「お父ちゃんはもう疲れたよ」と愚痴ってしまった
すると息子が「疲れたらお茶飲んだらいいよ!」と言い
娘がコップ一杯のお茶を持ってきて「ハイ、お父ちゃんお茶!」

もうね、泣いちゃったよ
もう一踏ん張りしないといけないな

続きを読む

oyako3

134: 名無しさん@HOME 2012/01/26(木) 09:06:52.23 0
別れた実父と会いたいと思わなくなった。

母親が再婚して養父ができたけど、自分は4年生だったし
言い合いなどはしたことないけど、あまり親しくもなれなかった。
でも、自分の結婚式で養父が大泣きで
もう支えられないと立ってられないくらい号泣してた。
人生で一番驚いた。
義理で参加してくれたんだろうくらいにしか思ってなくて。
ダンナの手をがっちり握ってぶんぶん振って
「絶対絶対幸せにしてください。」と。
うちの事情を知ってる私の親戚も養父の姿を見てみんな泣いてた。

子供ができた、と言ったら養父は禁煙した。
あれほど嫌がってた歯医者にも行って歯をきれいにした。
孫が生まれたら変な距離を取ってじーっと見ていた。
抱かせてみたらロボットみたいにぎこちなく抱いていた。
「孫にメロメロ」のメロメロ音が聞えるようだったw

養父、じゃなくてこの人が自分の父親なんだなと思う。

続きを読む

このページのトップヘ