せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

カテゴリ:感動

d77e60b29f025cbb8851afd9dceac2a32d38c4aa

938: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/10/05(月) 22:46:31.86
ゴメン吐き出させてくれ

ウチは、親父が20年前に死んで、オカンも2年前に死んだ
急ではあったけど、それは仕方ないと思ってる
人間は生きてれば必ず死ぬんだし

で、実家の片付けを、この2年逃げ回ってたんだ
なんのかんの、都合がつかないとか一度機には出来ない、とか

でも、さすがにやらざるを得ない状況になって、昨日今日で、実家にあった食器類を全部捨てたんだ
他にもやる事は山程あるんだけど、まずはひとつずつ、って思ってた

食器を棚から出して来る度に、「これは焼き魚乗っけてたな」とか「素麺とか蕎麦のツユはこれだったな」とか、そんな事を思い出すのよ
思い出そうとしなくても、勝手に噴き出して来る感じ
でも、片付けなきゃ片付かないのは間違いないから、噴き出して来る思い出を全部無視して捨てたんだ

で、帰って来て、一息ついたら、もう、その食器と纏わる思い出が、全部捨ててしまって、なくなっちゃうのが辛くて辛くて、声をあげて泣いてしまった
親父とお袋と弟と、そりゃ色々一杯あったし、あったけど、やっぱり自分の大事な思い出だ
それに紐付いてる「物」が無くなるのは、思い出を引き裂かれるとか身を切られるような気持ちになっちゃうんだ

ガキっぽいと言う人もいるだろうと思うし、カミさん子供もいるのに大の男が何言ってんだ、と言う人もいるだろうと思う

けどさ、やっぱり、親が死ぬ事と、自分の子供の頃の思い出は、辛いんだ
辛くて苦しくて悲しくて、書き込ませてもらった
流れぶった切って長文すまなかった

まだ身体がガクガク震えてるけど、洗い物してメシ食おうと思う

続きを読む

_UL1500_

348: 名無しさん@おーぷん 2016/01/29(金)17:26:08 ID:VFI
娘が去年お嫁に行った。
娘は元夫の先妻さんが産んだ子で、私とは血がつながっていない。
元夫とは見合いで結婚した。当時娘2歳。
6年後離婚。元夫がいらないと言うので私が引き取って養子にした。

本当は二十歳の誕生日、「実の娘じゃないのよ」と打ち明ける予定だった。
でも忘れてた。
忘れるか?!と思うだろうけど、誕生祝いとか成人式の振袖の手配等で浮かれまくって忘却の彼方だった。
成人式当日は写真館に行ったり、会館に送っていったりでやっぱり浮かれていて忘れた。

一週間後くらいに思い出した。
「お嫁に行く時こそ忘れずに言おう」と決心した。
でもやっぱり忘れた。
式の手配とか色々バタバタしてて、明日嫁ぎます、という実家最後の日は
「お疲れー!」「マジお疲れー!」というテンションになってしまい
まったく思い出さなかった。

オチとしては、娘は大学生の時戸籍を取り寄せる用事があったとかで
その時養子縁組の記載を見たらしい。
私と同じく何かの節目に「実は見たの…」とやるつもりだったらしいが
やはり忘れた、との事。
血はつながってないのに、長年いっしょに暮らすと似ていくものです。

余談だけどなぜか元夫から、今年になって
「娘の花嫁姿が見たい」「せめて写真だけでも」という葉書が私の実家に届いた。
一応結婚するって決まった時連絡したんだけどな。
でも「金なら出さない。俺の人生に関わってくるな」って返事だった。
あの後何があったんだろう。
いやな予感しかしないから無視しますw

続きを読む

c2694622

630: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)09:41:58 ID:eMk2rm3xD
トメさんは口うるさいしアポ無し凸をしたりもするけど、細かい事を言ってくれるのは私が他所で恥ずかしい思いをしないようにするためだし、アポ無し凸も赤さんの夜泣きで眠れてない私を休ませるために来てくれてる事も分かってる。
ただ方法が不器用な人だから(言い方が怒鳴る感じだったり、アポを取らずに来ちゃったりね。)周りから見たらただの嫁イビリババァに見えてしまう。
けど私がいない所でトメ妹さんに「ありゃーいい嫁さんだ。わしが怒鳴っても涙一つ見せねぇ。赤ん坊抱えてしんどいだろうに◯◯(主人)の世話をようやっとる。頑張り過ぎてわしゃ心配じゃて。」って褒めて心配してくれてたってちょくちょく教えてもらってるから全然耐えれる。
そんな厳しいトメさんが大好き。
なのに、トメさんが単純に私の事を大嫌いでいびってると勘違いしてたらしい主人。
出張の準備を私がしたんだけど、靴下が一足足りなかったらしく激おこで実家に家出していった。
メンドクセーと放っておいたらしばらくして私の携帯に主人か電話が。
泣きながら「申し訳ないですが今から家に来てもらえますか?タクシーで構いません。僕の小遣いで払いますので…。」と言うので何事かと義実家へ急行。
玄関の靴脱ぐとこに正座させられてる主人と廊下には杖を装備したトメさんがいた。
とりあえず主人からお金をもらってタクシーに払い、何がどうなったと話を聞いてみた。
トメさんによると、主人が私をボロボロにこき下ろして「あいつは準備すらもまともに出来ないダメ嫁。母さんに嫌われて当然だよなw母さんしごいてやってよw」と愚痴ったらしい。
たぶん主人としては「そうだよね!ほんとあの嫁は!」と同意してもらえると思って言ったんだろうね。
その主人の言葉にトメさん大激怒で熱々のお茶ぶっかけたり杖で思いっきり殴ったらしい。
「赤ん坊の世話だけでも大変なのに、なんで大人の準備をしたらんといけんのか!自分でやりゃー!それに嫁がダメ嫁だぁ?この杖見てみぃ!わしの誕生日に嫁が買ってきてくれたやつじゃ!ダメ嫁なら、んな気遣い出来んわ!お前はわしの杖がボロボロになっとる事気付いてたか!?嫁がダメ嫁ならお前はダメダメダメダメダメダメダメダメ息子じゃ馬鹿たれ!」って顔真っ赤にしてなおも杖でポコポコ叩いてた。
トメさん私の前で頭下げながら「あんたに散々厳しい事ゆうたのに我が子の躾すら出来てなんだ!すまんかった!すまんかった!」って泣くから私も泣いてしまった。
主人にはトメさんから一ヶ月の家事炊事が命じられた。
「共働きの癖に全部嫁にやらせおって!嫁がやってたようにやってみぃ!嫁の気遣いがわかるでよ!」
気遣いが出来るようになったのはトメさんが口うるさく言ってくれてたお陰ですよ。

続きを読む

20130303201234cf6

102: 名無しさん@おーぷん 2015/09/23(水)09:36:28 ID:c5C
高校生の息子が人助け?をしていた。本人は自覚無いけど。
中学の頃太った息子が高校に入ってから早朝のウォーキングを始めた。
途中の公園でラジオ体操とかをしていたらしく、そこで一組の親子と出会ったらしい。
娘さんはイジメによる不登校児で、人気の少ない早朝に母親(たまに祖父母)と散歩をしていて気分転換をしていたそう。
初めの頃は息子が挨拶をするだけだったが、その内向こうからも挨拶をするように。
それが段々と日常会話をし、娘さんからイジメの話を聞き、休日に勉強を教えるようになったらしい。
娘さんは2学期から登校するようになり、ご両親が先日お礼を言いに来た。息子は礼は要らないと言っていたそうだが、祖父母のネットワークで我が家の場所を知り来たそう。
今年に入ってから休みの日に出かけることが多くなったなぁとは思っていたが、まさかそんな事をしているとは思いもしなかった。
息子に何故言わなかったのかを聞いたら、「言うほどの事でもないから」となんとも気の抜けた返事をされた。不登校児に勉強を教えることは言うほどの事だろうよ。

続きを読む

orangemanga8-4

778: 名無しさん@おーぷん 2017/08/28(月)02:49:18 ID:tgE
亡くなった嫁の手紙を、捨てられたとき。
嫁が30ちょっとでなくなった。当時息子も娘も保育園の年齢。
病気だったから、準備の時間があって、俺、息子、娘にそれぞれ一年ごと、そしてイベントごとの手紙を書いてくれていた。
息子と娘は20才までと結婚、就職、親になったとき。
俺には60才までと再婚したとき、退職したとき、祖父になったとき。
一つ一つは長くないけど、毎年本当に楽しみに読んでいたし、これがあるからしにたいとおもってもしねなかった。
誕生日の手紙も律儀にちゃんとその都度読んで、先に読んでしまうことはしなかった。
ところが家が浸水してしまい、手紙がびしょびしょで復活できない状態。
それでもどうにか…と思っているうちに捨てられてしまった。
魂が抜けたかと思っていたら、息子が手紙の写真?携帯でとったやつを持っていた。
震災のニュースを見ていて、写真や手紙もデータにしとけば万が一のときも残る可能性があるなと思って、中身は極力読まずに撮っておいてくれたらしい。
バックアップも複数してあるそうで、もし息子の携帯が壊れてもみられるんだとか。
それをきっかけに、今まで見なかった嫁個人の日記というか、入院中に書いていたノートのデータを見た。
辛い苦しいみたいなことも書いてあるんだけど、そのあとに必ず「でも私で良かった。病気になったのが息子や娘、旦那じゃなくて良かった。神様、ナイス!」と書いてある。
「もし旦那がしんでしまったら、私は弱いしだらしないから、息子と娘を立派に育てることはできないだろう。旦那に任せていけるからなにも心配ないね。
あーでも二人の成長を見たかったなぁ。息子が水に顔をつけられるようになるの見たかった。娘が話すのを聞きたかった。
誕生日の手紙、とんちんかんなこと書いてたらごめんね。二人がどんなふうに成長してるかわからないから、妄想。
生まれ変わらずに待ってるから、100年後くらいに、あったことぜんぶぜんぶ教えてね」
と書いてあった。
100年待たなくても、俺が教えに行く。
ただ娘と息子のこと、なるべく多くのことを伝えてやりたいから、絶対に長生きしようと思う。

続きを読む

maji

74: 名無しさん@おーぷん 2017/08/26(土)13:23:10 ID:iqd
イヤイヤ期?反抗期?はとっくに過ぎているはずなのに何かと反対の意見を言いたがる息子

先日旅行で温泉に出かけた時、温泉の由来や効能を見ていたら”美人の湯”って書いてある
「おっ凄いな。ママお風呂から出てきたら凄い美人になってるかもよ!」
というと息子はすぐに否定

「ならないよ!」
「え?」
「だってもう美人だもん!」

憎たらしいので風呂出てから嫁さんに密告してやったw
風呂上がりのビール飲みながら遠目に様子を見ていたら、息子は嫁さんにギューって抱きしめられながら
「そんなこと言ってないよ」
って言ってたわw

続きを読む

7ff9022b9a672e030910df6bac26cb4fbf755960

205: 名無し@話し合い中 2006/10/13(金) 16:02:45
仕事でちょっといろいろあって凹んでた先週末、
寝坊して居間に出たら、六歳の娘が「お父さん出て来ないで!」とか叫ぶ。
最近パンツいっちょで出てくるのとか嫌がりだしたからそれかと思って
ムカッとしたけど怒る気力もなく、ズボン履いてシャツを羽織る。
家族のためと思って頑張ってんのにこんな仕打ちかと、
なんだか急に面倒くさくなってベッドに転がってた。
しばらくして今度は
「おっけー、もういいよお父さん♪」とかなんとか。
手を引かれて寝室を出たら、食卓に巨大な……これ、オムライス?
卵は崩れてるし具ははみ出てるしさ、
型崩れを直そうとしたのか形はなんかギョーザみたいだし、
で、上にはケチャップでベッチョリ「おとうさ」とか書いてんの。
バランス考えないからさ、まけ出た「ん」は皿の上じゃん。
もう馬鹿。
うちの娘ホント馬鹿。

嫁がその後ろでニコニコというよりニヤニヤしながらさ、
「お父さん元気ないから、わたしがお父さんの好物を作る、って」
なんだか急に泣きそうになったから、涙がこぼれないように超高速で食ったさ。

続きを読む

5d1b0d15203ab505f0397d7400861e13

600: 名無しさん@おーぷん 2017/08/15(火)13:24:05 ID:EaC
終戦記念日になると思い出す祖父の話
当時学生だったうちの祖父は終戦間際に召集されて九州で終戦を迎えてる
すぐには帰れずやってきた進駐軍の荷物整理を手伝うことになった
でも進駐軍とはわりと仲良くやってたようでみんなギスギスすることも敗戦だって暗くなることもなかったみたい
ある時に進駐軍の主計さんたちが運ばれた荷物のうち箱が少し壊れたやつを「いつもよくやってくれてるから内緒な」って祖父にくれた
箱が壊れた物資は廃棄する決まりだったそうで祖父を気に入ってた主計さんたちが何個かちょろまかしておいてくれたらしい
中身は何か?と祖父が聞くと主計さんは「お菓子さ!きっと美味しいぜ!」とニコニコ教えてくれた
甘党なのに甘い物をひさしく食べてなかった祖父は大喜びで礼を言って仲間のところへ箱を持って帰った
わくわくみんなで箱を開けると中には始めて見るチューブが何本か入っていた
アメリカ菓子だ~!チューブ入りって珍しいな!ってみんなでチューブを咥えて吸ったら全員悶絶
チューブの中身はお菓子ではなく歯磨き粉ですんごい辛いミント味だった
戦時中は物資不足でチューブ型の歯磨き粉がほぼ出回ってなかったせいで祖父たちはそれが歯磨き粉と気付かなかったらしい
主計さんの一人が慌てて「すまん!あげる箱間違えた!」ってやってきたが時既におすしな状態でなんか滑稽で彼も交えて大笑いしたそうだ
祖父曰く薄暗いように思われるあの頃だけれどわりと下っ端は明るく楽しくやってたんだぞ~とのこと

続きを読む

a0012318_21135477

910: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/27(月) 22:42:54
 昨日残業して2時頃帰ったら、リビングに行き倒れ状態の嫁と娘が。
嫁の手にはクラッカー、娘の手には「ぱぱおにんじょびおめでと」
のカードが。部屋はお誕生日パーティの飾りが、冷蔵庫には食べかけの
俺の大好物のラザニアとケーキ(どちらも普段は太るからと、めったに
食卓には上がらない)とシャンパンまで・・・
 残業だから先に寝てろって言っといたのに。泣きながら布団かぶせたら
嫁が起きて、「ごめん、1時までがんばったんだけど・・・」その声で
娘も起きて寝ぼけ眼で「パパあけましておめでとう」また泣いた。

今これ書きながら思い出し泣きした。
続きを読む

このページのトップヘ