せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

カテゴリ:感動

shutterstock_1608750471

901: 名無しさん@HOME 2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN O
豚切りごめん。

うちの現旦那と私の実兄は親友で、旦那の実妹と私は幼馴染み。

旦那の妹(以下義妹)は私の実兄と結婚したんだけど、義妹妊娠中に私実兄が事故で他界。

私や旦那(当時まだ婚約すらしていない)も手伝いつつ、義妹は一生懸命娘を育てていたんだけど、6年前にまだ一歳半の娘を残して病気で他界。

その後、義両親が娘を引き取り、さらに半年後、私と旦那が結婚→義実家同居(良トメは足が悪いので動き回る娘を見るのが大変)



長いので切ります。

続きを読む

news_20160610195527-thumb-645xauto-88225

360: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/03/12(水) 10:30:53
土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。

当時俺25歳、嫁33歳、娘13歳。
まぁ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。
娘も大きかったから、多少ギクシャクしながらも数年過ぎた。
子供はあえてつくらなかった。
収入の問題もあったけど、娘の気持ちを考えたら、
子供は娘1人いればいいって事になった。

突然嫁が交通事故で逝った。
娘17の時。
突然2人きりになった&現実味がなくて二人して呆然。
これからどうしようと思った。
生活の面では収入も安定してたし、娘も家事の一通りは出来た。
何の問題もないはずだったけど、嫁側親戚が騒ぎ立てた。
そらそーか。
血の繋がらない29の男と17の女。
ある意味カップルでもおかしくない歳の差だもんな。
「あなたはまだ若いんだから」とか、
「再婚するにも子供がいちゃ・・・しかも自分の子供じゃないのに・・・」
とか、散々言われた。
でも、俺は間違いなく娘は俺の娘だと思ってた。
何よりも、嫁のたった一人の忘れ形見だ。
俺が育てて行く以外の選択肢は全く頭になかった。
そんな親戚の騒ぎは右から左に流した。
娘も「今更こんな足の臭いオッサンとどーにかなるかw」と笑ってた。
当たり前の様に言う娘の気持ちが嬉しかった。

やっぱり影であらぬ噂を立てられた事もあった。
三者懇談や進路面談で学校に行くと、必ず教師に変な顔をされた。
部活で遅くなった娘を迎えに行って「お宅の生徒が円光をしている」と
近隣住民から学校に通報された事もある。
それでも2人で暮らして来た。
再婚なんか考えた事もなかった。
それくらい娘には穏やかな、幸せな時間を与えてもらってた。


続きを読む

父子手帳2

442: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/07(木) 20:43:25.96 ID:YY7bYxYw
俺が養子だった… 半生を振り返って三ヶ月悩んだ
片親だったけど、そもそも母自体がいなかった

俺「なあ、こないだ知ったんだけど俺って…」
父「あぁ~(晩飯のシシャモを箸でほぐし飯に乗せながら)俺も養子だったよ
  ばあちゃんが昔商売してたじゃん?跡取がおらんしな…まあ店も親戚が継いじゃったけど」
俺「は?!……そうなんだ。……?…じゃ俺、誰の子だった?」
父「バイク事故で死んだ俺の大親友と大親友が選んだ世界一の美人さんの子だ。
。そしてお前は世界一賢い要素を持って生まれた俺の息子だ!でもな、俺にも意地がある。
父親の座は奴らには渡さん!今頃絶対悔しがってるしハハハ」


だからバイク免許に猛反対して… (´;ω;`)ブワ

続きを読む

images (1)

666: 名無しさん@HOME 2013/02/24(日) 01:47:33.83 0
私の犠牲になってくれてた息子がやっと自分の家庭を持ったよ。
お嫁さんは可愛くていい子だ。

嫁いびりが激しい姑舅とその味方をする夫に娘を取られた挙句
条件がいい女性と再婚したいからと、息子と一緒に無一文で家を追い出された。
娘は幼稚園の頃から姑達に洗脳されて、私達が出て行く頃には
私の事を人には家政婦だと言って家ではブタって呼んでた。
一度もお母さんとは言ってくれなかった。
出て行くと知った時も出て行った時もみんなと一緒に嘲笑うだけだった。

息子は夫が他所の女に産ませた子で、本人も散々聞かされてたから知ってる。
でも中学を卒業したら働くから私に付いて行きたいと泣いた。
それ以来二十年も頭も要領も悪くてろくに稼げない私を支えて慕ってくれて
自分の人生も頑張ってくれた子だ。さすが私の血を引いてないだけある。

お嫁さんになる人を連れて来た時に、一緒に暮らそうと言ってくれたけど
嫁いびりをしない自信がないし、老後を看させないのがせめてもの息子孝行だからと
説得してなんとか分かってもらえた。
人が傷付く言葉や態度はたった15年ほどだけど身に染みてるから
いつ自分がそれをやってしまうか分からないから。それだけは駄目だから。
息子には泣かれたけど、お嫁さんのほっとしたような顔を見て安心したよ。
息子が家に入れてくれたお金も少しだけど貯金してたから
それで結婚式も新居の頭金も協力出来た。息子のしてくれた事に比べたら
微々たる物だけど、とてもとても嬉しかった。人生で初めて誇らしかった。

一人で食べて行くのには困らないから、これからは趣味でも見つけて
楽しくきれいに生きていこうと思ってるよ。ちょっと楽しみだ。
婆さんのつまらない独り言でごめんね。聞いてくれてありがとう。

続きを読む

54d84cbdc3f154fd12f713b19b12b3f5

365: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)20:52:20 ID:???
このところは大晦日も元日もなく、小売店や宅配業社も何もかも営業してて大変ね
婆のいきつけのスーパーは年末にとっても混むので有名なとこなのよ
婆がいったときもレジは長蛇の列でね、いつも愛想かよくてタバコ列にいる精鋭のレジ係さんが
疲れを滲ませて死んだ魚の目をして、うつむいたまま機械のようにレジうちをされていたのね
婆、支払いの時につい「ありがとうございます。お疲れ様です、頑張ってくださいね」って伝えだの
そしたらハッとした顔でこっちをみて「ありがとうございます!」ってお返事してくださったんだけど
その瞬間にぶわっと涙目になってしまわれてね
すみませんっていいつつ作業に戻られたんだけど、きっと本人の自覚以上に疲れてらしたのね…
色々と便利で助かるものは多いけど、小売りも宅配業もそのために中の人がすり減ってしまうのは
誰かの犠牲の上になりたっているようでなんだか違うと思ったのよ
婆にできることは不要不急の繁忙期の利用は避けることくらいだから心がけるわ

続きを読む

images

922: 名無しさん@おーぷん 2016/12/31(土)21:39:26 ID:U4x
今コンビニでバイトしてる。
まだ学生で一番ペーペーで、なんでかわからないけど
同じバイトのはずのおばさんに目の敵にされて意地悪されてた。
どっちかって言うと地味だし、勤務態度も普通だったと思うんだけど
「あんたみたいな娘さんをうちの息子が連れて来たらと思うとゾッとする」とか言われたり。
気にしなきゃいいんだけど、辛くて辛くてバイト辞めようかと本気で悩んでた。
そんなある日、フサフサの髭をしたおじいちゃんがレジにきて
「いらっしゃいませ」って言ったら「いらっしゃったぞな」って。
それがなんか可笑しくて吹きかけたけど耐えて、やることやって
「またお越しくださいませ~」って言ったら「また来るぞい」ってニコッとVサイン。
面白いおじいちゃんだな、また来るといいなって思ってたら
その後も週に2回ぐらい来て、気が付いたらそのおじいちゃんが来るのが楽しみになってて
おばさんの意地悪が苦にならなくなっていた。
で、この間そのコンビニの近くにあるショッピングセンターのフードコートで
プライベートでバッタリ会った。
冗談っぽく畏まって「いつもご来店ありがとうございますw」って言ったら
「あー、明るくなったねぇ。若いのにいつも辛そうな顔して働いてたから気になってた」って。
私の為にわざとおちゃらけてくれてたみたい。
たこ焼き食べながら色々話をしたんだけど、もうすぐ息子さんと同居するので遠くに行くと聞いた。
だから準備で忙しくてもうあのコンビニには行けないと思うって言われて不覚にも泣きそうだった。
でもおじいちゃんのおかげでちゃんと働けるようになったって
ずっと言いたかったお礼を言えたのが嬉しかった。

続きを読む

Sirabee_37036_1

806: 名無しさん@HOME 2013/09/04(水) 12:12:06.97 O
今日のトメ

子が流行り病で、看病と家事でグッタリ中に、アポなし凸。

廃墟に近い、壮絶な部屋を見ても、
「息子(旦那)に電話したら、子供が流行り病で、嫁も体調不良だって言ってたから、心配で来たのよー。」
だって。

夕飯作らなくていいように、夕飯と離乳食差し入れ付きで、週末に旦那と子を預かるから、嫁はゆっくり休みなさいって、アンタは神ですか!?。
トメが帰った後に泣いた。

いつだって、旦那が悪い時は〆てくれるし、辛い時にそっと助けてくれる良トメ。
大好きだーー。

続きを読む

images (18)

94: 名無しさん@おーぷん 2014/09/04(木)15:42:24 ID:ZdQhvDN5d
酒の力を借りて書きます。
妻とは高校のとき、クラスと委員が同じで仲良くなった。
おっちょこちょいだがお喋りで、明るい彼女の話を聞くのが好きだった。
徐々に好きになってしまい、自分の気持ちにきづいたころ。
俺が一番仲の良かった友達のKにこう言われた。

「あの子(彼女)から告白されたんだけど、断ったから」それだけ言っておく、と。
どうしてそれを俺に、と尋ねた。

「見りゃわかるし、お前あの子のこと好きだろ」
ケロッと言われ、呆気にとられた。
彼女への気持ちがバレていたとはいえ、恥ずかしさでもない、複雑な気持ちになった。

Kとは中高と同じだった。人気者で頭も良かった。
男の俺から見たって魅力のある人間だ。彼女は、そんなKが好きで告白した。
Kの俺への気遣いに気付いてしまってから、自信のない俺は
彼女を好きになる前の自分に戻ろうと気持ちをおさえた。
自分でも情けなかったが、気づけばそうしていた。
仮に、彼女に勇気を出して気持ちを伝えたとしても答えがわかりきっているように思えたから。
それなら、友達のままでいたかった。

続きを読む

このページのトップヘ