せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

カテゴリ:すっきり

姑問題
606: 名無しさん@HOME 2007/01/05(金) 18:27:54
昨日義実家から戻ってきました。
結婚して4回目のお正月。
GW、お盆、暮、正月はすべて義実家詣で。
ウトメは私を女中扱い、嫌味・愚痴三昧。
子供も計画してまだと決めるのに石女扱い。
コトメは私が世の中に存在しないかのように振舞う。
仲良くしたかったからずっと我慢して譲歩してきたけど
ドンドン図に乗ってくるウトメに切れた。
私をかばうこともフォローもしない夫にも切れた。
戦う決意を胸に義実家に行きました。

結果「土下座してあやまるまで二度と敷居をまたぐな」とウトメに言われました。
絶縁ヒャッホイ

夫とはケンカ中だが、絶対ひかない!
離婚してもいいや。
お前も敵じゃ。

モウ オマエ ナンカ イラネ ( ゚д゚)、ペッ

続きを読む

b252ed5f11bc314e594e18f3545cf73a_s
682: おさかなくわえた名無しさん 2007/10/10(水) 14:33:30 ID:Fqb7xhQR
前任者が蒸発同然に消えた職場に採用されて、
かなり頑張って在庫管理表やら顧客管理表やら作り直し、帳簿もきれいにした。
自分の技術フル活用して、パソコンで管理システムも作った。
が、社長とソリが合わず、
「お前なんか雇うんじゃなかった!お前のやった仕事は無駄なものばかりだ」
と言われたので、
私が入社する前の状態に全部戻し、もちろん引継ぎもせずに辞めた。

こないだ見たら会社潰れてた。

続きを読む

Howcollect_4146_1
363: おさかなくわえた名無しさん 2007/02/02(金) 13:00:41 ID:col5XytB
去年の夏の話。
学校から帰ってると前から腕に刺青かシールかわからないけど入れた怖そうなデブDQNが3人ほど歩いてきてた。
私はデブで怖い人はとにかくダメであと100メートルも歩けば家につくので目をそらしてやり過ごそうとした。
それなのに緊張して自分のひざで通学かばんを蹴ってしまいかばんがDQNのヒザにあたってしまった。
すみませんと言って逃げようとするも、DQNどもに絡まれてしまい、固まる私。

正直泣きそうなのにDQNどもはかなりしつこく絡んできて刺青を見せながらすごんでくる。
私の学校の周りは意外と人通りがすくないし、今日は休みであまり部活もないので誰もこない。

「こんにちは、お世話になっております」いきなり誰かの声が聞こえた。
顔をあげてみると線は細いがナイフのように鋭そうな男がいる。DQNのパシリまで加勢かと思いさらにパニックに。
怖くてたまらない。
「なんだてめえ?」DQNが言い終わるかしないうちに殴り飛ばされ倒れるDQN。
他のDQNがその男を殴りかかろうとしたところ、男は昔のヤンキー映画で見たようペチャンコのかばんの代わりに大学のクラッチバッグで防ぐ。
そして無口のまま殴りかえしていた。DQNどもはほとんど顔から血をだしていてすぐに逃げていった。

私はパニックになっていたのでろくにお礼もできないまま、何か言いたげな男から逃げるようにその場を去り少しコンビニで落ち着いてから帰宅した。
すると家にあの男がリビングで母としゃべっている。状況の飲み込めない私。
この人はいったいだれ?と思いながらドアの前に立っていると、母が気づいて私に説明する。
「先週からゆう(弟)のために来てくれてる家庭教師の先生よ。優秀だけど元ヤンだから怖がるかと思ってあんたには黙っといたの。」

あとで聞いた話リビングにあった私と弟の写真を見ていて私だと気づいたらしい。
弟も大分厳しく指導されて、よく泣いていたみたいですが、成績も急上昇して無事に昨日の入試で弟は難関中学に受かりそうです。

続きを読む

WS000000-2
344: 名無しの心子知らず 2013/02/03(日) 21:23:55.34 ID:wsNRLbTN
今日はうちの町内の子供会が節分のイベントを行う日で、俺は役員さんから鬼役を頼まれたんだ。
で、予定通り赤の全身タイツに虎の模様っぽいカラーリングのバスタオルを腰に巻き、鬼の仮面(スーパーとかでもらえるやつ)と新聞紙で作った金棒を装備して子どもたちの前に現れて豆をぶつけられていたんですよ。
そしたら急に眉の辺りに激痛が走って、何かと思ったら足元にピンポン玉くらいの大きさの石が落ちてた。

続きを読む

afcd2c4ea99964a20718bd5932d2a61ebef39cca1445688654

64: 可愛い奥様 2013/03/03(日) 08:28:31.08 ID:08vgKfbS0
トメが自分の思い通りにならないとすぐキレて「だったら縁切っても良いんだよ!」と言う浅はかな女。
ある日それに加えてウトまで「そうだそうだ。」と調子に乗った。
我慢にも限界があるので「それで結構でございます。」と言って夫と私の湯のみを洗い
「それでは失礼いたします。あなたお暇しましょうね。」と夫を促し席を立った。

夫も「うん」と従ったw
するとウト大慌て「違う違う。本当の娘だと思うから言ってみただけなんだ。」
トメも続いて何か喚いていたけど「うちの親は娘に縁切ってやるなんて言いません。」と言い残し帰ってきた。
もう何が有っても行くことはありませんハハハ
続きを読む

ダウンロード

68: おさかなくわえた名無しさん 2013/04/16(火) 16:08:50.58 ID:7MrEpiXm
一向に改善しようともせず、都合の悪い話をとにかく遮る元彼だった。

少しでも注意すると「だって!だってだって!」と「じゃあさ!じゃあさーあ!」の連呼で遮り
それでも辛抱強く話しても「あー間違えたんだあ!」いや、違うでしょ。間違えてないよ。
と言うのも聞かず「なあーんだぁ!間違えたのかあ!そっかあ!」と一人で騒いで無視する。それ以上は何を言っても
「なあーーんだあーー!!間 違 え た の か あ!そ れ じ ゃ あ 仕 方 な い や あ!!」と遮って私の発言は無視。 
続きを読む

a1931c5b51766bef309c78b564d6f9cd_600
15: 名無しの心子知らず 2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:56xrppHD
流れを豚切ってすいませんが投下。
泥未遂?だけど、警察にまでお世話になった話。

恥ずかしい話だけど、私は買い物中
鞄とは別に「ずだ袋」を持っている。
プラスチック製の安いやつだけど、動きやすくするためになんでも放り込む。
落ち着いたらちゃんと鞄に直すようにはしてるんだけど、
会計直後とかに財布を放り込んだり、
両手が塞がってたら車の鍵とか、携帯をぽいと放り込んだりする。
その袋を赤ちゃん連れママに泥されかけた。

昨日は三連休ということもあって、駅も百貨店もものすごい人が多かった。
急にゲリラ豪雨みたいな雨が降ってきたのもあって、
どこに行っても人・人・人…って感じだった。
駅から百貨店の間には通路があるんだけど、そこには屋根がない。
だから、駅の入り口や百貨店の出入り口には
濡れながら走って来た人や、傘を畳んだり、鞄にしまう人でごった返してた。

私も折り畳み傘を畳んで、ずだ袋に入れた。
服も髪もびしょびしょだったから、袋をベンチにおいて体とか髪を拭いてたんだけど
ふっと振り返ると袋が消えている。
あれ?落ちたかな?と思って周りを見ても何もない。
ベンチの下にも、裏にも、落ちている様子はない。

急いで周りを見回してみたら、なんとベビーカーを押した若いお母さんが、
ちょうど私の傘を差しながら店をでていくところ。
袋はベビーカーの後ろのポケット?みたいなところに入れられてた。

続きを読む

cropped-MAX87_burankodekodoku20140531_TP_V
234: 名無しさん@おーぷん 2014/11/25(火)15:27:51 ID:1tn
個人的にスカッとした復讐。

昔いじめてきたやつが、そのことを謝りたいと言ってきた。
選挙に出るとかで、昔議員をやってたうちの親から悪評が伝わるとマズイと思ったんだろう。

許す気なんかこれっぽっちも無かったが、日時を指定して、こっちから出向くという条件でその話を受けることにした。

当日、玄関から出てきたそいつは俺を見て血の気が引いた顔をしてたよ。
俺が小学校から帰ってきたそいつの子供と一緒にいたんだから。
日時を指定して向こうの家に出向いたのはそのため。
偶然子供と会ったという形にしたかった。

その場で、子供の前で自分が何をやって何を謝るのかを全部説明させた。

「ここで、子供の目の前で自分のやったことを言えるなら許してやる」
と言うと、向こうは最初は言葉に詰まっていたが、無言で睨む俺に根負けして子供の目の前で自分のやったことを語り、俺に謝罪して頭を下げた。
「こんな大人になるなよ」
と、呆然とした子供に言って、俺はすぐに帰った。

そのあとそいつの後援会に全部ぶちまけて、地元で評判を落としたそいつは選挙に見事落選し、子供もそいつを嫌って言うことを聞かなくなって手が付けられない状態だそうだ。

長い間苦しめといて、謝罪一回で済まそうなんて虫がよすぎる。

続きを読む

DBZ2AksUQAAv7p4



748: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/02(土) 15:39:40.58 ID:kIu8YOjj
メシマズの元彼女の冷め話。 

ちょこちょことメシマズなのを注意してたんだが、 
人の話を聞いてないのか一向に直らずちょっと食うの辟易していた。 

そんな折、彼女がいつも俺君が文句を言うからお母さんと作ったんだからね! 
と俺を彼女の自宅へと招待(母親とは面識あり) 
リビングへ通されると、何か匂いがヤバイ。 
直感的にこれは食ったらダメだと頭の中で警報がなった。 


続きを読む

このページのトップヘ