せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

カテゴリ:すっきり

2040702c81a943b889e13e463b9b21b7



790: 恋人は名無しさん 2016/03/29(火) 16:33:20.03 ID:e5Mm+pT50
最初「ワキガか?」って思うくらい彼から変な臭いがしてた 
さりげなく脇近くを嗅ぐと強烈に臭かった 

そしてさらにドン引きしたのが、初めて彼の一人暮らしの部屋に行ったらそのにおいが充満してて、玄関から一歩入っただけで鼻塞いで身動き取れなかったくらい 

彼はもちろん、彼母にも別に臭いとか言われたことはないらしい 
私がおかしいのかよと思ったけど 

同棲することになって新しくアパートを借りたんだけど、彼の服はあの臭いが染み付いてたから全て洗い直し、臭いが取れてなかったらもう一度洗ったりしてとにかく服の臭いを取り除いた 
両脇毛全剃りしてもらってもちろんお風呂んときは入念に洗ってもらう 


続きを読む

sengoku-1 (1)
790: 名無しさん@おーぷん 2014/10/23(木)16:05:14 ID:99icL23RS
初カキコなんで不備があったらごめんなさい。
あと、DQ返しです。

この前、通学途中に路地で車同士が衝突しかけて揉めてた。
一部始終みてた私はノンブレーキで突っ込んできたおっさんの車、
しかもクラクション鳴らして押し通って相手にいちゃもんつけてるのをみて
そのことを伝えて通報して通学したのが先週。

昨日、同じ通学途中の路地を歩いてたら
後ろ(1mもない距離で)クラクションが鳴った。
私はビクッとして食べ歩きしていたシュークリームを
思いっきり握りつぶしてしまい手はカスタードまみれに…orz
後ろをみたら先週のおっさんが
「お前が通報したせいでfbおっくぁk!!!」ってた。

クラクションのせいで心臓バクバク。
無残な姿になったシュークリーム。

おっさんが「聞いてんのか!?土下座しろ!!!」って怒鳴った瞬間
思いっきり目にめがけて顔面シュークリームしてやった。
叫びながら痛い痛いと悶えるおっさんに
「次は目ん玉えぐりとって運転どころか外に出られないようにしてあげる(はぁと)」
っと言って遅刻の理由を考えながら学校に向かった。

シュークリームで仕返ししたのがDQかなぁっと思いました。

続きを読む

basic-10-01
696: 名無しさん@おーぷん 2015/12/09(水)16:09:32 ID:w95
今年の某北区の話。

駅へ続く少しカーブの効いた道を、何故か毎朝ハイビームで通過する車(多分メビウス)がいた。
そのハイビームが多少眩しいぐらいならいいけど、どう考えても異常なほど青白い閃光。
もしも直視したのならマジで目が眩むレベルの強さ。
駅へ向かう学生や通勤途中のリーマンがワッと驚くほど眩しい光を放ち通過していた。

ある日。
みすぼらしい格好をしたグラサン爺さんが立っていた。
黙ってカーブを見つめ、何かをブツブツ言いながら立っており、
誰もがやばい人と感じるような雰囲気をもった爺さんだった

俺も思わず「うわぁ……」と思いながら避けると、いつもの眩しい光が。
その瞬間、爺さん「来たな!!!」と叫んだ。
そして手に持っていた何かをパパッと二回投げた。

その瞬間、何かが壊れる音がした。俺の横を走っていく爺さん。
俺より少し先へ進んでからハイビームの車が停車、
上下ジャージの頭の悪そうな兄ちゃんが降りてきてボンネットを見ていた。

見事に割れていました。
右ライト部分が割れて、握りこぶしほどの石がライトの所に入っていた。
他の傷は、左ライト近くのボンネットに大きく一つ、その直線上にあたるガラスに大きく一つ。

兄ちゃん「今、爺さんが石を投げてきやがった!!お前ら見てたよな!!!」
俺や他の歩行者を見ながら怒鳴る兄ちゃん。

だが、誰も何も言えないで居るなか、学生男子集団の一人が手を上げて大きく一言。

学生「いや!目が眩んでて見えませんでした!!」とニヤニヤしながら。
それを聞くと気が大きくなったリーマンが「そうだぞ!!お前の車のライト眩しくて見えなかったわ!!」と。
すると学生男子集団が大声で笑いだし、周りの人も「ざまぁ、ない」と言いそうな顔で知らん顔。

大きく舌打ちすると兄ちゃんは警察に電話していました。

その後は噂でしか聞いていませんが、石を投げた爺さんは捕まったらしいです。
ですが同時に、ハイビームの兄ちゃんも警察に捕まっただとか。

その理由が笑えます。
そんな事件が発生したので警察官が監視のためにカーブ道で立っていたら、
ハイビームの車が走ってきて、そこで御用になったそうですwwww

この一件であの兄ちゃんに凄まれるのが嫌なので通勤路を変えて居ましたが、
そんな面白い物が見れるなら変えたのは損でした

続きを読む

blog_import_589d1c0d875f2
909: 名無しさん@おーぷん 2014/08/04(月)18:14:30 ID:???
「本当に守りたいものが出来たんだ」と言って去っていった元婚約者?が、7時間後に戻ってきた。
ドアの前でアワアワ言ってることを総合すると、どうやら相手の女が
略奪完了した途端に気を抜いて寝起きのすっぴんを晒したらしく
そのすっぴんの別人っぷりにヤツは恐れおののいて逃げ帰ってきたらしい。
朝っぱらから「悪い夢を見ていた、目が覚めた」
「一時の気の迷いだ」「まさか婚約解消なんて真に受けてないよな?」
と騒いでうっとうしかったのでヤツの父親に電話して回収に来てくれと要請、
迎えが来るまでの間、ヤツが7時間前に発した
「本当に守りたいものが出来たんだ」
「世界が一変する瞬間てわかるか? ×子(相手の女)に出会った時がそれだった」
「オマエには済まないことをした。でも×子を一生かけて守っていくことで
せめてオマエへの償いとしたい……」
という台詞を録音したものをドアの隙間からエンドレスで流した。
つい7時間前の黒歴史に、ヤツは半泣きで身悶えていた。

続きを読む

2018100
884: 名無しさん@おーぷん 2015/03/28(土)09:27:57 ID:A2v
大学時代にサークルの先輩から、
「別れた彼女が憎いので、明日帰り道を待ち伏せする。○○に何時、お前も来い。わかってるな」と電話で言われ、
「わかんない、何それ怖い」と思い、すぐ通報。

後日「お前、俺を売っただろ。わかってるんだぞ。今から行くからな」と電話があり、
「わかんない、何そ(略)」と思い、すぐ通報。

また後日「お前のせいで滅茶苦茶だ。親に縁切られた。お前を絶対殺す」と電話があり、
すぐ(略)

サラッと書いたが色々署に行ったり録音提出したり書類書きはしたので、本当に面倒だった。
あれから20年も経つが、先輩はどうしてるんかな。

続きを読む

no title
428: 名無しさん@おーぷん 2015/07/14(火)16:16:56 ID:VDI
仲のいい友人A子が離婚する時の話。
元旦那さんは籍を入れた途端に豹変するタイプだったらしくて、
結婚前は優しくて色々気遣ってくれる人だったのに
結婚後は超俺様で、生活費も殆どいれてもらえず浮気も暴力もあったらしい。
それで一年持たずに離婚話になったんだけど、
浮気にしろ暴力にしろ、とにかく証拠になるような尻尾を出さないらしい。
ある時、話し合いに同席してほしいと頼まれた。
その時に小さ目のハンドバッグを渡されて、座ったらこのハンドバッグを
テーブルの上に置くように指示された。
そのバッグの取っ手にはキーホルダーがぶら下がってて、
「このキーホルダーがある方を彼の方に向けて置いてね」と言われていた。
なんかよく分かんないけど言われた通りにした。
話し合いが始まるとすぐ、元旦那さんは私のことをジロジロ見たあと
まいっか、ってふうに話し合いを始めた。
A子が「○○って女と浮気してるの分かってんだからね」って言ったら
「わかってんならいいじゃん。だからどうなん?たかが浮気じゃん」って。
「殴られたのだって診断書取ってるんだから。慰謝料貰うから」って言ったら
「おまえの顔みたらイラッとするんだよ。殴らせたのはお前だよ」って。
なんかそんな感じで、結構普通に自分がやったこと認める発言してて
あれれ?なんか話が違うぞ?って思った。
第一、私がいる前でそんな話していいの?とか思ったし。
しばらく経って、突然元旦那さんがケラケラ笑い出して
「なんだよー、そんなんで証拠取ったとか思ってるの?馬鹿じゃね?」
って、バッグを取り上げて中からボイスレコーダーを取り出した。
「こんなことだろうと思ったよ。こんなので証拠録るとか馬鹿みたいw」
って、目の前で水が入ったグラスに放り込んだ。
私はボイレコが入ってたこと知らなかった。
たぶん、最初に言えば私が緊張してあやしい動きをしそうだと思われたんだと思った。
まぁ正解だけどw
A子「でっ、でも私子が証人になってくれるから!ね、私子!今聞いたこと証言してくれるよね?」
って言うので、「うん」って言ったら
「私子ってさ、前に俺に嘘付いたことあるよな?あんたが証言するなら
俺は徹底的にこいつは嘘つきだからって触れ回るぜ?それが真実かどうかなんてどうでもいいんだよw」
以前、A子から元旦那さんへの誕生日プレゼントのサプライズに付き合って嘘をついたことはあった。
それだけのことじゃないって言ったら「知ってるよ。でも嘘は嘘。でも関係ないw」って。
とにかく口が達者というか、逃げるのが上手いって言うか。
で結局、水没させたボイレコは「これ、俺が壊しちゃったから新しいの買って返すわ」って
笑いながら持って帰って行った。
完全敗北。
・・・と思ったら、A子、自分の内ポケットにもボイレコ入れてあったw
私の方はわざと分かりやすく置かせたらしい。
元旦那さんならきっと気付く。
気付いた俺様偉い、になって油断するだろうと踏んだそうだ。
なんでもその少しまえに「示談交渉人」ってキンコン西野のドラマで
ボイレコ2つ使った交渉術ってのをやってたらしくて
それを真似てみたんだと。
で、結局その音源を盾に、離婚届にハンコを押させ、慰謝料もぶんどったらしい。
そんな賢いならなんであんな男に引っかかったんだw
でもA子だけは敵に回さんとこと思った。

続きを読む

nobita
128: 名無しさん 2014/03/25(火)15:04:34 ID:kuSo4kPXx
これは復讐と言えるのかどうかわからんが書き込ませてもらう

俺が中二の頃、クラスメイトに困った奴(以下、K)がいた。Kは不良とかそういう類の奴じゃないんだが、とにかく暴れん坊。
弱い者いじめは勿論、ひ弱そうな奴には何かと因縁をつけて暴力を奮う(つっても肩にパンチ程度だが)。
やんちゃで乱暴な、まさにジャイアンみたいな奴だった。俺自身に被害はないのだが、俺の友達がターゲットにされていたのでこんな奴とは付き合うまいと思っていた。

続きを読む

news_170508_utubuse_01
650: 名無しさん@おーぷん 2016/02/02(火)07:42:15 ID:tdy
自分に対して受けた衝撃

生まれてから先月までパジャマを着ないで寝たことがなかった。
1年中長袖長ズボンのパジャマで夏はガーゼ地、冬はフリースや軽めのスウェットを着て寝ていた。
子供の頃からの習慣だし、自分の汗がシーツに直に吸い込まれる感覚がなんとなくいやで。
どんなに忙しい時でも、ホテルにもパジャマを持参していた。

朝起きたら体全体が少し凝ってるというのも、私にとっては当たり前のことだった。
高い布団やマットレスも試したが、大して効果はなかった。
元々、肩幅も広く骨太でがっしりしている体型で朝以外は凝りと無縁なのだが。

プラス、自分では気が付いていなかったが、寝始めの体勢が必ず仰向けで気をつけらしい。
最近結婚して同居し始めた夫に指摘されて初めて気がついた。

冬になると寝起きのだるさと肩こりが格段に上がり、今年は寄る年波もあってか、
毎朝憂鬱な気持ちになるくらいにはゴリゴリに凝り始めた。
辛そうにしていると夫に、パジャマを着るのをやめたら?と言われた。
パジャマと毛布がまとわり付きあって、重たく感じるから凝るのかもよ?
あと、気をつけ体勢で寝るんじゃなく、自分の楽な体勢で寝始めたら?とも。
そういえば確かに夫は年中Tシャツ+トランクスだけで寝ているし、
バンザイしたりミノムシみたいに丸まったり、いろんな体勢で寝ている。

最初は半信半疑だったが、Tシャツ+短パンで横を向いて寝てみると、
翌朝、体が驚くほど軽かった。
素脚が毛布とシーツの間でがするする動くことのなんと気持ちの良いことか。

更に軽さを追求するため、馬鹿みたいに嵩高のある羽毛布団を購入し毛布を廃止。
するする感増加のためサテンの布団カバーに変更。

毎朝、もう、天国かと思うくらい体が軽い。

40年弱もパジャマに固執し続け気をつけ体勢で眠っていた自分に衝撃。
冷たいシーツに素脚が包まれることの気持ちよさに衝撃。

続きを読む

fumumu20180821sns1-1200x800
763: 名無しさん@おーぷん 2015/11/24(火)19:18:30 ID:jKk
限界がきて友ヤメしてすごくスッキリした!

友人K、私は共にフリーランスの仕事をしていてその関係で知り合った。
フリーなので平日とか変な時間でも会えるから、仲良くしていた。
だけどK、自分が大好き。自己中というか、自分の写真が大好き。
付き合い初めはそんな事無かったのに、付き合いが長くなって気心知れてきたら豹変。
一瞬に出かけてる時にいきなり自撮りを始める。
飲みに行くと、普通の居酒屋でもお酒を持ち『写真撮ってー!』とスマホを渡してきてお酒とKのツーショットを撮影…
おつまみが来ると『美味しそうー!写真撮ってー!』とおつまみとKのツーショットを撮影…
酔い始めると、K単体の写真を撮影させられる…
カフェでお茶していてもケーキやお茶と一緒に『写真撮ってー!』
外を歩いていて変わったオブジェがあれば『写真撮ってー!』
…と、すぐKの写真を撮らされるようになった。しかも気に入らなければ撮り直しも要求される。その写真達はSNSにアップをしていた。
それだけではなく、日々『このお菓子美味しいよ』とKとお菓子のツーショットを送られてきたり『洋服買った』と洋服がほぼ見えない顔メインの写真を送ってこられてた。

続きを読む

このページのトップヘ