せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

2017年05月

ダウンロード (4)

804: 名無しさん 2016/05/30(火)10:10:00 ID:oGM
夫が話を私の聞き流します。
食い尽くし系ならぬ聞き流し系とでも言うのでしょうか
日常のどうでもいい事なら別に構わないのですが、家族の予定のすり合わせや税金、保険の支払いなどの業務連絡もその場では生返事をし、結局聞いてない知らないと騒ぎます。
冗談交じりや真面目なトーン、甘えるようにと色々手を変えて
あなたは私の話をいつも聞いてないのねと伝えていますが、そんなことはないちゃんと聞いてる、もしくは次から気をつけるからと変わりません。
食事の際にも、何度も呼びかけて反応が無く、食べないのね?と大きめな声で言ったら何でそういう言い方をするんだ、言い方がきつい、俺が食べないと言ったら君は満足なのかと不機嫌になる事が多々あります。
配膳して黙って待っているとそれはそれで不機嫌になります。
今日何した、テレビで◯◯言ってた、近所で◯◯があった、という話もしません。
私の話がそうマズいということもないと思います。
独り言だと思った、子供達と騒いでるのかと思ったと言われますが、夫の名前を毎回呼びかけています。
何か良い対処方法はありますでしょうか


続きを読む

images-2



888: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/15(木) 15:18:52.01 ID:nGAkGrto
電車の中で出会ったずうずうしい話 
女性専用車両に乗ってたら中学生くらいの男の子が乗ってきた 
「ここ女性専用車両!!」 
と怒鳴ったら「ああ、すみませんでした」 
と、めんどくさそうに移動を始め、去り際に 
「女性ってセコいっすね。男性専用車両ないのになんで女性だけ専用車両あるんですかね?」 
みたいなこと言ってどっかいった 





続きを読む

ダウンロード (1)

829: 名無しさん 2016/05/30(火)17:44:44 ID:HPE
義実家は車が一台しかない
義母が買い物に行きたい時に車がなく、私が一度乗せてっていってあげてからいつのまにか週一平日に買い物に行くのが定番になった


買い物に行くと義母は食材を買ってあげると毎回言ってくれて、大変ありがたいんだけど私が買うものを全て一番安いものにすり替えられる
例えば私は卵はいつも赤玉の200円ほどのものを買いたいんだけど義母が「こっちのが安いから」と98円の小さめの卵に替えられる
お醤油は500mlで300円くらいのやつが好きなんだけど「こっちのが量が多いしお得」と1リットルの安いマイナーなメーカーのやつに替えられる
一番驚いたのは袋入りトマトを買おうとしたらミニトマトにすり替えようとされたので
「煮込み料理に使いたいので普通のトマトが良くて」と返したら「煮込むならトマト缶でいい」とトマト缶にされたこと。確かにトマト缶でも出来るんだけど…


でも金額の上限も特にいわれないしいつも快く出してくれるからケチなわけでもないと思う
むしろ買う量がいつもより少なかったり、「買い物したばかりなので今日は買ってもらわなくて結構です」と言ったりすると
「毎週一緒に行くんだから、先に行かなくてもいいのに」と機嫌が悪くなる。
旦那に一度軽く相談したけど「安い食材でも美味しいし買ってもらえるなら別にいいんじゃない」とモヤモヤを理解してもらえなかった
確かに義母と買い物行くようになってから食費はとても浮いた
でもカゴに入れる度に何を買ったか値段はいくらかって入念にチェックされるのとてもストレスなんだけど、私の心が狭いんだろうか…


続きを読む

ダウンロード (6)

770: 名無しさん 2016/05/29(月)22:30:16 ID:bM1
子供を妊娠した頃から夫との関係が急激に悪化し、出産の準備として
実家に帰ったのを機に夫と離婚し、養育費を月10万程貰っていたのですが、
ここ1,2ヶ月養育費が振り込まれていません。

元夫に催促の電話をしたのですが出ません、どうやら着拒されてしまってるらしく、
元夫が勤務している会社に電話したのですが、「彼は退職した」と言われてしまいました…
一応元夫が住んでいたマンションには行ってみようと思うのですが、既にもういない様にも思えます。

夫の行方が分からない以上養育費の請求も出来ず大変困っています。
仮にどこかに訴えようにも居場所が分からないと訴えられないものなのでしょうか?
また訴えた場合、裁判所が元夫の行方を探してくれるのでしょうか?
現在は貯金を切り崩しながら生活していますが、いずれ困るので本当に焦っています。
良い対策の知恵をお願いします…



続きを読む

5efed1a2



655: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/24(月) 11:02:48 ID:9FQUZ6xP
自分→18歳♀専門学生 
相手→19歳♂専門学生 
それなりに仲良し、カップルではない、シャイっぽい。 

9/23が彼の誕生日だったのですが、バイトで忙しくすっかり後回しになっていた事に気付いたのが、 
日付が変わるギリギリの23時50分だった。 
急いで彼に誕生日おめでとう+希望していた就職先に受かったと話を聞いていたので、お祝いメールを送信。 
送信から数分後、ウキウキしながら彼から返ってきたメールを見て唖然。 




続きを読む

640x640_rect_39346732

615: 名無しさん 2015/07/17(金)16:58:21 ID:m83
今日娘(二歳)と買い物に出て昼をフードコートで食べてたんだけど、私たちが座った席の通路挟んだ隣に娘と同じぐらいの男の子連れた親子がいた。
私達が注文・品物を取りに行くまでのあいだ多分五分ぐらいだと思うけど、その子はずっと席で荷物番をしていた。
最初は「えらいなー、しっかりしてるなー」と思ったけど、母が見えなくなった途端周りの椅子をあっちこっちに移動させたり、持参した飲み物やお菓子をテーブルやその辺にぶちまけ出した。
その席の近くのママがさりげなく椅子を戻しながら、お座りしてた方がいいよ~危ないよ~と諭しても無視。
私達のが出来上がったので、娘を連れて取りに行って戻ってきたらその子の母も丁度戻って来た所な様子で
「何これ!あんたがやったの!?何してんのよ!!」と発狂。
子供は慌てて席に座ってうちの子を指さして「違うよー、○○君じゃなくてあの子だよー!
やめてっていったのにやめてくれなかったんだよー!」と…
もうびっくりして「えっ!えっ?うちっ?」って言ったら、その子の母に般若のような顔で睨まれた。
慌てて「違います!うちの子はずっと私にくっついてましたから!」って言っても、返事もせず片付けもせず席を移動した。
と、言ってもお昼時で混んでたからあまり遠くに行かず右斜め後ろに移動したけどずっとぶつぶつ文句言ってた。
娘の悪口みたいな事や、私が妊婦な事までぶつぶつずーっと聞こえるように言い続けるから、その内容にもあまりに腹たって。
「皆さん見てましたからはっきり言いますけど、散らかしたのはそちらのお子さんですから。
咄嗟にそんな嘘つくなんてどんな子育てなさってるんですか?
うちをどうこう言う前にそちらがお子さんから目を離さなければよかったのでは?」と、まくし立て娘を抱えて帰ってきた。
なんか言い返してきたけど知らん!
娘がいたから言い返さずに帰ろうと思ったのに、娘や腹の子の事まで言われて…もう久しぶりに怒りでわなわな震えた。
本当はこんな所娘には見せたくなかったし、美味しいねーって言って楽しそうにしてた顔と、昼寝してる今の娘を見てると悔しさで泣けてくる。

続きを読む

5ec0588f



621: おさかなくわえた名無しさん 04/05/18 12:04 ID:FKzUaKmX
バレンタインデーに一人高価なチョコレートを男性陣に渡し、 
ホワイトデーにもらったお返しを、 
「えぇ~どうしよう~。こんなのもらうつもりなかったのにぃ~」 
「使わないとダメかなぁ~?でも勘違いされても困るしぃ~」 
と延々自慢。 

4月に新人の男の子が入社したのだが、 
「私に何でも聞いてね(はぁと)」 
「もうすごいかわいい~。食べちゃいたいわ(はぁと)」 




続きを読む

sinnyuu-01



609: おさかなくわえた名無しさん 04/05/18 00:08 ID:INCCSugQ
派遣社員なんですけれども… 
今まで私服自由だったのに、今日突然、これから制服になるらしいといわれた。 
しかも、どの制服になるか勝手に決められてた。 
(※社員さんたちの制服は自分たちで1ヶ月くらいかけて決めているのに) 
靴も、黒のパンプスに変えろ、しかもカツカツと音の立たないものにしろと。 
(そんなパンプス地球上に存在しない) 




続きを読む

oyaaisatsu_tojitsu


674: 名無しさん 2016/05/27(土)23:25:28 ID:KgX
彼と結婚を前提とした同棲をすることとなりました。
同棲から半年後を目処に婚約、一年後に挙式・入籍する予定です。
彼はわたしの実家(新幹線2時間)に同棲前に挨拶に来てくれる予定ですが、
逆に彼が今暮らしている実家の御両親には「同棲の挨拶は要らないよ」と言われています。
婚約前に日取りを決めて挨拶すれば良いと。
彼が実家から出ることもあり、挨拶しないでいいのかな?
人様の息子さんと生活を共にさせて貰うのに挨拶もせず失礼な女と思われないかな?と気になってます。
彼の言葉に従った方が良いでしょうか?


続きを読む

このページのトップヘ