せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:離婚

20150530_01-300x225

18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/03/11(金) 22:41:38.04
結婚してまだ3ヶ月だけど本気で離婚考えてる
交際期間2年で結婚したけど
結婚する前まで清楚でおしとやかだった嫁が結婚した途端豹変
俺が先に風呂入っただけで激怒して食器全部割ったり
俺が先にメシ食い終わっただけで激怒したから言い返したら包丁持ち出してきた
まじできつい、どうしたらいいんだ
続きを読む

74304
338: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)00:53:11 ID:W7K
初めましてですが、修羅場が一段落したので投下します。

私22歳(当時)
旦那23歳(当時)
子なし、新婚


4年前に同じ職場の旦那に求愛されお付き合い、その後一年でスピード婚。
無愛想だが、いたわってくれて家事もできないのに頑張って手伝ってくれる。私のことを一番に考えてくれるのがとても伝わる優しい旦那でした。
車好きと言うことを抜かせば。

入籍して半年を過ぎた頃、一月に妊娠発覚。もちろん、当たり前に産むという決断を二人でしたが、妊娠を境に旦那急変。
それまで優しかった夫が物言いが強くなりました。(今までは私の方が気が強く物言いも強かった)
喧嘩をするたびに、口癖のように「離婚だ離婚!」と言うように。


続きを読む

a09003-0
421: 名無しさん@おーぷん 2017/06/18(日)18:28:42 ID:iYh
今日友人の修羅場に立ち会ったけど、バカってとことんバカよね。
中学3年からの仲だから、もう15年の付き合いになるのかぁ。
お互いのことを知ってると思ってたけど、どれだけ付き合いがあっても分からないものね。

今日の昼間、友人から連絡があって至急自宅に来てほしいって頼まれた。
理由を聞いても泣きじゃくって会話にならないし、何事かと思って駆けつけたら
怒り心頭のハゲ(友人旦那、私はこのハゲ大嫌い)が出迎えた。
リビングへ行くと、ソファーで大泣きしてる友人と見知らぬ男が床に正座していた。
話を聞いたら、友人が不倫相手とデートしてるところにハゲが現れて強制送還されたらしい。
ハゲは一頻り怒り狂って暴言を吐いた後、不倫相手と別れるように友人へ言ったらしい。
不倫相手には慰謝料請求をするとかナントカ。
でも友人はこれ幸いと離婚を切り出し、離婚するしないの揉め事になったそうな。
んで離婚したくないハゲが不倫相手に、友人と別れたら慰謝料請求しないと条件を提示。
不倫相手はそれを飲んで友人に別れを切り出したけど、友人は別れを受け入れずに号泣。
結婚前に不倫経験がある私を召喚して加勢させたかったらしい。

因みに私の不倫経験は不倫男の常套句に騙され、本気で離婚寸前だと思い込んでいた。
不倫男は具体的な離婚後の計画(子供を引き取る話や養育費、再婚までの流れ等)を話していたから
離婚で受ける子供の心の傷や継母になることを真剣に調べていた。
そんなある日、不倫男の本性を知って別れた経緯がある。
結局、不倫男とは食事しかしてないから厳密に不倫とは言えないかもしれないけど、
そういうことがあって私は不倫が大嫌いで不倫男とのことは黒歴史になってる。
でも友人は、私に不倫経験があることしか覚えてないみたいで
「同じ不倫経験者の私なら加勢してくれるはず!」
と思い込んでいたみたい。

古傷を抉られたこともあり、私は怒り心頭で友人を罵ってすぐに友人実家へ連絡。
ヤクザレベルに怖い友人父を召喚し、友人は物理的にフルボッコされた。
それを見た友人の不倫相手は、ガクガク震えておしっこ漏らしてた。
(けど赤の他人だから、友人父は不倫相手に一切手を出さず、言葉攻めだけしてた。)

友人の妙な信頼を華麗に翻した今日のゴタゴタはもちろんだけど
どさくさに紛れてハゲの悪口を言いまくって、不倫相手に八つ当たりしたのは内緒。

続きを読む

117
116: 名無しさん@おーぷん 2016/01/16(土)00:46:04 ID:rCf
夫の前の奥さんに感謝しまくりなこと

夫は前の奥さんに浮気されてバツイチ
離婚後に私と知り合って再婚した

夫は公私ともによくできた人で、仕事熱心だからどんどん出世するし、上司や部下、取引先からの信頼も厚い
朗らかで穏やかで人にモテるタイプなので、夫の周りにはいつも人だかりができる

我が子命だから家に帰ってきたら子供らと全力で遊びまくって可愛がるので子供らはお父さん大好き

前の奥さんに浮気されたトラウマからか私への愛情表現も毎日欠かさず、愛してるとか大好きとか言ってくれる
私はパートだから家事は1人でもできるのに炊事掃除も何も言わなくてもいつのまにかやってくれてる
しかも仕上がりは完璧

あと若い頃の藤竜也に似てて非常にかっこいいww


一方前の奥さんは浮気相手にも逃げられ、夫には生理的に拒絶されて離婚し、共通の友人からは友やめされて実家にも勘当されたらしい

再婚しようにも夫くらい良い男はなかなかいないようで離婚後しばらく経つけど孤独に生きているようだ
というか夫とよりを戻したいらしい

何故そんなことを知っているかというと夫が再婚したというのを聞き付けて我が家に凸してきて上記のことを喚かれたため
その上私のことを泥棒猫呼ばわりしてきた
離婚後に知り合って結婚だからそんなこと言われる筋合いはないわけだが

夫の前だったのでしおらしく怖がっているふりをしたけど、内心はm9(^Д^)プギャーーーッだった

前の奥さんが浮気してくれたお陰で私は夫と毎日幸せに暮らせているんだなぁと思うと、
夫を放流してくれて本当にありがとうと感謝してもしきれない


続きを読む

koukaisakini-yoko

550: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/08(木) 21:07:32.07
一度目の結婚はほとんど勢いだった。
結婚前からわかっていたことだが、家事は全くしない上に浮気やモラハラが酷くて二年経たずに別れた。
周りからは「見る目がないからだ」「あんな女選んだらそうなる」と言われ散々だった。

離婚後に出会った彼女は元嫁と違って穏やかで真面目だった。若くて綺麗で性格もいい彼女に夢中になった。
彼女とは四年と少し付き合い、彼女の方から結婚したいと言われたが、過去の事もありなかなか踏み出せなかった。
彼女のことは大好きだし一緒にといると安心はしたが、結婚する決心がつかず一年ほど答えを引き延ばしてた。
何度も話し合ったが、次第に喧嘩になることが増えた。喧嘩続きで少し好きという気持ちも薄れていた。煮え切らない俺に痺れを切らし彼女は去って行った。


振られてからは抜け殻のようになり、ふと気が緩むと勝手に涙が出てきた。
いなくなってからわかったわけじゃないが彼女がとても好きだった。復縁したい気持ちでいっぱいだった。ぐずぐずしていると他の男にとられると焦ったが、やり直すには結婚するしかないだろうと思い、二の足を踏んでいた。


一年も経っていなかったがFacebookで結婚したことを知った。
幸せそうな彼女の隣にいたのはかなりのイケメンだった。ネットストーカーをして知ったのは、俺と別れたあと、彼女を狙っていたイケメンから猛アプローチを受けたということ。
イケメンのsnsにはツーショットで「最愛の奥さん」とか、美味しそうな弁当と共に「健康に気遣って毎日奥さんが作って持たせてくれる」なんて投稿ばかり。
俺はあまりのショックで酒浸りになった。そして逃げるように以前からアプローチしてきた女性と付き合った。正直、彼女以外の女性を好きになれないしどこの誰でも同じだった。


ある日女性に呼び出され「子供が出来た」と告げられた。
そんな形で結婚に至る。情けない。
今の嫁も穏やかだし、それなりに好きにはなれた。子供も可愛い。
でも隣にいるのが元彼女ならと夜毎沸々と後悔が湧いてくる。
続きを読む

shinebaiinoni



943: 名無しさん@おーぷん 2015/09/23(水)18:01:37 ID:SUa
自分が浮気してるからと私も浮気してると思ってる旦那に(私はしてない)ささやかに復讐。
毎日私のスマホをこっそりチェックしてるのもわかっててわざと
旦那 しんで欲しい
とか検索欄に入れたり
塩分過多にして徐々にそして確実にだんなを永眠させる
てきなサイトを開いたまま画面を暗くして
スマホを放置したままコンビニ行ったりして
わざと見せてる。



続きを読む

hinketsu
120: 名無しさん@おーぷん 2016/12/21(水)23:11:53 ID:X1r
もう済んだことなので愚痴です
正社員共働き、旦那の社宅に住んでた頃
ある日仕事の昼休みにトイレでの嘔吐が止まらなくなった
家事は私がしてたので、旦那に「しんどくて夕飯作れなくなったから買ってきて」とメールした
速攻で「残業だから無理。作らなくていいから買ってきて」と帰ってきた
「吐いてるのに無理だよ」と送ったけど返信は待てども待てども来なかった
胃を空っぽにして吐き気をこらえて早退
近所のお弁当屋さんに電話で一人分予約してたらまた気持ち悪くなり、水を飲んでまたトイレでひとしきり吐いた
三時間はトイレに篭ってた
トイレで少し意識が飛んで、目が冷めたら19時半、弁当の予約時間から一時間も過ぎてた
マスクを二重にして袋を持って牛歩の歩み私でお弁当を取りに行った
帰り、社宅仲間と帰宅する旦那と鉢合わせ
社宅仲間に「えっ、今晩弁当っすかw」と言われたけど、口を開いたら吐きそうで黙ってた
「愛想悪」と言われ、社宅仲間は旦那に別れを告げて先に行った
旦那は私に「お前挨拶しろよトロいな。ソレ俺の飯?」と私の手から弁当だけ奪って先に帰った
その後自宅に戻るともう限界で、玄関からトイレに直行してこもった
苦しくて泣きながら吐いた
気づいたらトイレで気絶してたらしく、扉を叩く音と女性の声で目を覚ました
扉をあけると、旦那と姑がいた
旦那は私を見て「ほら出てきた。ガキみたいに拗ねてんだよ」と吐き捨てたが、姑は私を見て真っ青
「救急車呼びなさい!」と叫び、ポカンとする旦那を張り倒して姑が救急車をよんでくれた
「寝てただけだろ!?」「こんな顔色の人間がいますか!?」「は?普通じゃん」「このアホンダラぁ!!」
と旦那と姑のやりとりだけ耳に残ってた

救急車に運ばれたとき、私の顔色は真っ青を通り越して土気色になっていたらしい
原因は過労と急性胃腸炎だったけど、夏場だったので脱水症状で死にかけていた
姑がいなかったらトイレで死んでたかもしれない
点滴して検査したら、内蔵に異常が見つかって二ヶ月の入院
二ヶ月後に体調が戻らず、転院してまた二ヶ月の入院
一時帰宅したら流しからドブの匂いがしてコバエが沸いてゴミが溜まってた
何もする気が起きなくて病院に戻ったら、後日旦那が
「なんで家を片付けてくれなかったんだ」と離婚届を持ってきた
「働いてないんだから俺に離婚されたら困るだろ」と笑って言われた
記入して取りに来るのを待っていると、姑が札束を抱えた旦那を連れてやってきた
札束を渡されて謝られ、離婚届を渡したら考え直して欲しいと言われ、姑に往復ビンタを喰らってた
入院中に無事に離婚が成立したが、旦那が姑の目を盗んで連絡を入れてくるのが不愉快
「また一緒に働いて一緒に家庭を築いていこう」だって
家庭築いてたの私だよね
私がなんで過労と言われたのか理解してないのかな
馬鹿すぎて実家に届く手紙が目障りで不愉快で気持ち悪い

続きを読む

離婚届
804: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)20:15:58 ID:wH9
新年早々、糞女と離婚に向けて動く事になった
娘が泣いているのに気づいて、どうしたのか聞いたら何でも無いと言う
そんなわけ無いだろうと根気良く理由を聞いてみたら、糞女にお年玉を全て取り上げられたらしい
今年からはお年玉は全て娘に管理させると話し合いが済んでいたし、娘にもそう話しておいたから、渡せと言う糞女に抵抗したらしい
そうしたら殴られ、渡さないなら今年はもう娘の食事は作らない、その金だけで生活しろと脅したらしい
脅されてお年玉を全部差し出した娘を更に殴り、俺に告げ口したら只じゃおかないと更に脅したそうで、お願いだからお母さんに言わないでと泣きながら懇願された
何も心配するなと言い聞かせて即実家に連絡して娘を預かって貰う手筈を整え、寝転がってテレビを観ていた糞女を徹底的に問い詰めた
最初は自分から預かってと差し出してきたと見え見えの嘘を吐いていたが、しつこく問い詰め、子供が大金なんか持つべきではないから取り上げたと白状させた
去年までのように、全て糞女の懐に入るのが正しいのだそうだ
因みに、糞女の懐に入ったお年玉の使い途はパチンコで、小遣いどころか生活費に手をつけ、家計の貯金は俺が目を光らせているから手出し出来ず、自分が管理すると主張して預かっていた娘の口座から全て引き出して注ぎ込んでいた
発覚後に辞めさせた筈だが、最近また復帰して当然のように生活費に穴をあけて、その補填+自分へのご褒美として接収したらしい
糞親を無理矢理呼び付け、離婚の意思と娘はこちらで引き取ると告げ、糞女を引き取らせた
糞親は、話し合いをとかもう少し落ち着くまで待ってと寝言を吐いていたが、娘への虐待は絶対に許せるはずもなく、糞一家纏めて追い出した
そのまま実家に帰って、
お年玉用の小遣い帳に書かれていたと同じ額を娘に渡して、糞女とは離婚すると伝えた
娘も離婚に賛成してくれたから、全力で離婚に向けて動くよ
それにしても、予定が変更になって早く帰宅したのは本当に幸運だった
予定通りなら、泣き止んでいたであろう娘の異変に気付けずにいたかもしれず、次の予定のために出かけてしまい、糞女にしてやられるところだった……


続きを読む

normal
872: 名無しさん@HOME 2011/02/01(火) 14:13:48 0
相談させて下さい。
46歳の旦那が先週胃癌の告知を受けました。
治療方針などについて夫婦間で話し合っていかなければならない状態です。
手術するかしないか、抗がん剤は使うのか、などです。
結婚してから2回浮気をされて、その度に修羅場になりました。
離婚できなかったのは子どもがいたからです。

旦那は私以外に頼れる人間がいない、と言っていますが
私は冷めた気持でいます。
どうしたらいいんだろう。
旦那にはまだ健在の両親がいます。

続きを読む

このページのトップヘ