せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:離婚

ダウンロード (1)

905: 名無しさん 2017/06/08(木)11:52:40 ID:wMH
Aさんは夫の学生時代からの友人です。
奥さんとも家族ぐるみの付き合いをしています。
そのA奥さんの身内にご不幸があり、しばらく奥さんがA宅と実家の往復をしていました。
詳しく書けませんが警察や保険会社などを間に入れ、かなり長期間ごたごたしました。
その間うちもAさんを夕飯に呼んだり、司法書士を紹介したり及ばずながらも協力。
傍目にも長女であるA奥さんは大変そうで、疲れきっていました。
事態は一応半年くらいで一段落しましたが、
やっとA宅に戻れた奥さんはガックリ疲労困憊といった様子で、見るからに鬱状態でした。
一段落したとはいえ、その後も細かいゴタゴタがあったようです。

一ヶ月くらいして、夫が晩酌の時間、ため息をついて
「Aの奥さん、家事がおろそかになっている。Aが浮気を疑っている。
離婚するかもしれない」
と言ったのでビックリ。
どう見てもあの状態の奥さんに浮気なんかできると思えない。
髪ボサボサでお化粧する気力さえなくし、外出もできずにいるのに。
家事ができないのは鬱がひどくなったんじゃないの?と混乱しました。
しかし夫は本気で言っている様子で、Aさんも本気の様子。
実家近くで間男を見つけ、身内の不幸を処理するふりして浮気してたんじゃないか?と
疑っていると…

翌日パートの帰りにAさん宅に寄ると、どう見ても重い鬱状態のA奥さんがいました。
「家事しなくちゃとわかっているのに、寝たり起きたりばかりで自分がふがいない」
「自分は無力な役立たずだ、死にたい」
と嘆くA奥さんをなだめて、A奥さんのご兄弟の連絡先をなんとか聞き出して連絡をとりました。
ご兄弟が病院に連れて行った結果、やはり重い鬱病でした。
今は退院し、投薬などで快方に向かい、Aさんは浮気を疑ったことなんか嘘のようにケロっとしてます。
でも私はあの時の
「え、あの状態の奥さんが浮気って?本気で言ってんの?見えてる世界が違うの?」
と夫とAさんに対する驚愕が忘れられません。
夫が宇宙人に見えました。神経わからんっていうか、思考回路がわからん!と思った。


続きを読む

images (2)

894: 名無しさん 2016/06/08(木)08:36:15 ID:sBc
義兄が昨年離婚した。3年の結婚生活。
お相手は結婚当時私より7つ年上の30代後半だった。
初めて会った時から必死感があって好きになれないタイプだった。
例えば、30後半まで結婚しなかったのは仕事が忙しかったからであって
決して生き遅れたわけじゃないんだって。
誰もそんなこと言ってないのに、仕事が好きで結婚願望が無かっただけで
モテなかったわけじゃなかったとか言い出して。
私自身は結婚してもう8年経ってたし、
小学生の娘が帰ってくる時間までパートやってるんだけど
自分の子供をちゃんと見守ってあげられないようなら
子供はいらないと思ってるって言われたこともあったんだ。
育児に専念できないような結婚ならしたいと思わない、
だから若いうちに結婚することに抵抗があったし
それができる経済力のない男には興味が無かったとも言われた。
なんとなくdisられてる気がして、それも印象悪かった理由のひとつ。
意地悪な考え方かも知れないけど、なんだか自分の人生の言い訳してるみたいな、
何か言われる前に前以て防衛しておこうみたいな、そういう必死さを感じた。
別に今時30代で結婚する人だって少なくないんだし、
真面目に仕事して生きてきたのなら誰も何も言わないのに
自分からそういう事何度も言うもんだから、逆に"何かあるのか"って思われてしまう。
近所にいる同世代の義従妹にも私に言ったのと同じような事を言ったらしくて
「なんか変わった人だね」って言われたわ。
義兄は離婚理由について一切口を開かないので何が原因だったのか分からないけど
私も義従妹も"身内からいなくなって嬉しい"と言う感情しかない。


続きを読む

images

735: 名無しさん 2016/06/03(土)14:02:02 ID:IaY
嫁が意味不明な理由で実家に帰ってそのまま戻ってこない。
嫁が出て行った理由は、俺の地元が最近いくつかニュースになってて、そのうちの1つの事件で犯人らしい人物が、俺と同じ小学校に通っていたらしいのが気に入らないそうだ。
名前も顔も覚えてないし、そもそも面識があるかも判らないが、それでも許せないと。
親兄弟だとか親戚とかならわからなくもないが、全くの他人としか言えない関係なのに。
昨日も嫁と電話で話した時、いつものように殺人犯と同類だと詰られ、関係ないだろうと諭したら、突然大学誘致の話になり、お前の地元もお前も最低だ、くたばれと叫んで電話を切られた。
そこまで俺を嫌うなら、離婚に応じて欲しいけど離婚はしないらしい。で、毎月生活費を払えと。
それで少しでも罪を償えだそうだ。
明日からの出張が終わったら、弁護士探して本格的に離婚に動くしかなさそう。もう疲れた……


続きを読む

news_header_K_mv_2 (1)

348: 名無しさん 2016/01/29(金)17:26:08 ID:VFI
娘が去年お嫁に行った。
娘は元夫の先妻さんが産んだ子で、私とは血がつながっていない。
元夫とは見合いで結婚した。当時娘2歳。
6年後離婚。元夫がいらないと言うので私が引き取って養子にした。

本当は二十歳の誕生日、「実の娘じゃないのよ」と打ち明ける予定だった。
でも忘れてた。
忘れるか?!と思うだろうけど、誕生祝いとか成人式の振袖の手配等で浮かれまくって忘却の彼方だった。
成人式当日は写真館に行ったり、会館に送っていったりでやっぱり浮かれていて忘れた。

一週間後くらいに思い出した。
「お嫁に行く時こそ忘れずに言おう」と決心した。
でもやっぱり忘れた。
式の手配とか色々バタバタしてて、明日嫁ぎます、という実家最後の日は
「お疲れー!」「マジお疲れー!」というテンションになってしまい
まったく思い出さなかった。

オチとしては、娘は大学生の時戸籍を取り寄せる用事があったとかで
その時養子縁組の記載を見たらしい。
私と同じく何かの節目に「実は見たの…」とやるつもりだったらしいが
やはり忘れた、との事。
血はつながってないのに、長年いっしょに暮らすと似ていくものです。

余談だけどなぜか元夫から、今年になって
「娘の花嫁姿が見たい」「せめて写真だけでも」という葉書が私の実家に届いた。
一応結婚するって決まった時連絡したんだけどな。
でも「金なら出さない。俺の人生に関わってくるな」って返事だった。
あの後何があったんだろう。
いやな予感しかしないから無視しますw

続きを読む


643: 名無しさん 2015/12/19(土)02:09:48 ID:???
取り留めのない話ですが吐き出させてください

小学生の時両親が離婚して、母親に引き取られたんだけど何年か後に癌で入院した
弟はその時中学生で、私達姉弟は母の入院先から電車バス乗り継いで2時間半の親戚の家に厄介になってた。私は大学生だったからほぼ毎日見舞いにも行けたが、弟は終に母の死に目にも会えなかった
今は就職する年齢になって、久々に会ったら親戚の自営の店を継ぐとか何とか。立派な大人になっててしんみりした

で、母が亡くなってから5年経つんだけど
ここ数ヶ月、何日か置きに母の夢を見る
不思議なのが、夢の中では母が生きてる事に全く何の疑問も持たないこと。
でも夢の中でも母は体調が悪そうで、私は元気づけたくて薬とか母の好物とか調達に行って、帰り道はなぜか家に辿り着けない、そんな夢を何度も見る。
目が覚めて、母がそもそも亡くなってることに気付いて安堵して、いや亡くなってるのに不謹慎だろって余計凹んで、もうずっとこんな感じです

こんな話家族にも出来ないし、弟も立派な成人になったし、でも私いつになったら親離れできるんだろうって

ま、せめて母の夢なら楽しいのが見たいなって。とりあえずそれだけです。
吐き出してちょっとスッキリしました。

続きを読む

pixta_16421865_L-400x225

186: 名無しさん 2015/12/17(木)21:14:10 ID:H0v
旦那が暑がりで、ストーブや暖房をつけるのを禁止してくる。
暖冬で静岡県住み(一年を通して雪が降らない地域)とはいえ、寒いもんは寒い。
しかも2歳の双子をかかえているので、私は良くても子供は無理。
半纏やモコモコ靴下で凌ごうとしても寒いんだよね。毛布も被る始末。
暑がりと寒がりは一緒の部屋にいられないと私と子供は別室に移動してストーブをつけたんだけど、家族の団欒が~と言いながら部屋に入ってきてストーブを消す。
大喧嘩になってストーブを捨てるとか言い出したので、子供を連れて一人暮らしの兄のところに逃げた。

続きを読む

ダウンロード (2)

351: 名無しさん 2017/05/16(火)22:33:12 ID:9ir
今日離婚した
とても疲れた
悲しいしめちゃくちゃしんどいけど3時起きだ
私は明日もパンを焼かねばならない
のに、うまく眠れない
ちょっとでも元気が出そうな画像や動画を漁っている
あー
苦しいなあ


続きを読む

WS000000-21

978: 名無しさん 2015/09/02(水)09:24:05 ID:Ulm
次スレを先にのぞいたらこっちを先に終わらせろと書いてあったのでこっちに来ました。

元夫が逮捕されました。今留置所にいます。長いうえにたいした修羅場じゃないかもですが、よかったらお付き合いください。


五年前に私は十年の結婚生活にピリオドを打った。離婚の理由は、私が元夫の猫を私姉宅に里子に出したから。
この猫は、元夫が車で轢いてしまった猫だった。動物病院に連れて行ったもののそのせいで前足はびっこ、後足は片方が動かず、元夫は轢いた責任で家に連れ帰ってきた。
ここだけを聞けば立派だと思う。

ただし私たちの娘(二人)はどちらも動物アレルギーを持っていた。さらに下の子は小児喘息を抱えていたから、猫と一緒に暮らすことは初めから無理があった。
連れて来た時、そう言った私に元夫が言った言葉。
「だったら○(次女)を隔離すればいいだろう!!」
猫を隔離するのではなく、娘の方を隔離するとほざいた。この家は元々造園業を営んでいた夫祖父母から受け継いだもので、家のそばに物置があった。そこに娘を隔離させると。当時、次女は四歳。

私の反対を押し切り、元夫は猫を連れ帰ってきた。本人は溺愛しているつもりだったが、猫の世話の七割は私が、三割は長女がしていた。とうの元夫は口ばかりで何ひとつ世話をしなかった。
夫は「轢いてしまった猫を、立派に飼っている素晴らしい自分」に酔っていた。家は猫中心の生活になった。
娘たちの体調を考慮し、猫には二階の限られたスペースで暮らしてもらうつもりだった。足が不自由な子だから階段を自分で降りてくることはできないので、階段の手前に転落防止の柵を取り付けることで隔離しようとした。

夫、激怒。「こいつはもう家族なんだ!!厄介者のように扱うな!!」だって。
咳き込む娘たちに「わざとらしく咳をするな」だの、「あてつけのつもりか」と暴言を吐くように。

それでも一年弱、猫を飼い続けたのはとうの娘たちの希望だった。元々、体質的に飼えないから諦めていただけで、娘たちは大の動物好き。足が不自由で介助してあげないとトイレにも困る猫の世話を長女はいつもマスクをしてやっていた。
それが渋々とかではなくて、本当に好きでやっているのがわかる嬉しそうな顔をしていた。
あの顔を見てしまったら、「諦めなさい」とは言えなかった。

でも、本当は心を鬼にしてでも言うべきだった。思い返すたびにできるものなら当時の自分を張り飛ばしに行きたい。
最初に触れたけど、次女には小児喘息がある。

ある日、肺炎を併発した。アレルギーの咳と小児喘息が最悪の形で次女に訪れていた。
病室で呼吸困難を起こす娘の姿を見て、私は猫を里子に出す決心をようやくした。
それが私姉だったのは、姉一家(夫実家住み)は猫好きで姉夫家族は以前にも体が不自由な猫を飼ったことがあったから。里親を持ちかける前から度々うちで引き取るよと言ってくれていたので、甘えさせてもらった。
七歳の長女と五歳になっていた次女は嫌がったけれど、何度も根気強く説明した結果、里子に出すことを承知した。
これに納得しなかったのが夫だった。

娘たち泣く泣く諦めたのに、姉宅に押しかけて連れ帰ってくると、また次女を隔離すると言い出した。
当時、次女はまだ入院していた。聞き分けのない父親を七歳の長女が「パパ、しょうがないよ」って諭しているのに、聞き分けず長女を「無責任だ」と張り飛ばした。
このとき私のなかで離婚が確定になった。その場で離婚を突き付けた。
元夫は自分の考えがすべて正しいと思い込む傾向が多々あった。このときも元夫は猫が可愛いからではなく、「立派な自分」に陶酔しているだけだった。
出て行くのならひとりで出て行けと元夫は言い、口論に発展。
つかみ合いになって私が元夫を投げ飛ばした。(柔道歴十三年)
その足で娘を連れて近県で暮らす兄宅に押し掛けた。
(脳震盪起こした元夫は、姉夫に依頼して様子を見に行ってもらった)
事情を説明すると、兄よりも兄嫁のほうが親身になってくれて、当分の間置いてもらえることになった。離婚問題に強い弁護士も兄嫁に紹介してもらった。

そこからはトントン拍子に進んだ。
元夫は離婚にごねたものの、最終的に慰謝料養育費なしで合意。
離婚後は遠方の私地元に引っ越し、しばらくは平穏に暮らしていたものの……。

どこかからか私が再婚したと聞きつけたらしくゲリラ訪問してきたorz

続きを読む

iraw

302: 名無しさん 2015/08/22(土)13:37:11 ID:7YU
俺は実父と暮らした記憶がない。
物心ついたとき、すでに父は叔母と一緒に住んでいた。叔母は父の実妹。
我が家に叔母があまりにも入り浸るので、母が父に苦言を呈したら
父が出て行って、叔母と住むようになったという経緯。
夫婦は何年か以上一緒に住んでいないと離婚理由として認められるらしく
俺が高校生のとき両親は離婚した。
月日が経ち、俺は成人し就職した。
就職した途端、それまで電話一本寄越さなかった父がやたら接触してくるようになった。
どうも「成人した=一人前の男=男同士わかりあえるはず」
という思い込みがあるらしい。
しかし血のつながった実父とはいえ、一度も一緒に暮らした記憶のない相手で、他人としか思えない。
父は今も叔母と住んでいるし、血族かもしれないが家族ではない。
先日父に「稼いで妻子を養ってさえいれば、父親の役目は果たせると思ってたよ…俺の考えは古いんだな、フッ」
と言われたが、妻子を養うも何も、生活費も学費も出してくれたのは母だし
そういう問題ではないと思う。
「男同士飲もう」と頻繁に誘ってくるのがうざくてたまらない。

続きを読む

このページのトップヘ