jpg

287: 名無しさん 2015/06/27(土)15:44:39 ID:Tqz
もうずいぶん昔の話なので、時効だと思って書き込む。
特殊な話なのでフェイク入れるので、つじつまが合わなかったらスルーしてください。


娘を出産したとき、産後の回復が思わしくなくてしばらく入院してた。
本当に頭も上げられないくらいだったので、毎日なんとか母乳を搾っては、看護婦さんから娘に飲ませてもらってた。
昔の田舎の産院にはカンガルーケアなんてのもまだ普及してなくて、娘を抱いたのも2回くらい。
時々はガラス越しに顔だけ見てたけど、娘は幸いにして元気すぎるくらい健康だった。
元看護師の姑が面倒見てくれるというので、先に娘だけ退院させた。

出産から1ヶ月くらいたってようやく私も退院し、真っ先に娘の顔を見に行った。
もう会いたくてたまらなくて、抱っこしてミルクあげようとしたんだけど・・・なんか顔が違う。
直接おっぱいを含ませたのはそのときが初めてだったんだけど、「え?赤ちゃんってこんなに吸う力弱いの?」と
びっくりするくらい弱々しい。
産院で見た元気なわが子の姿とはまったく違っていて、何があったの?と姑を問い詰めたけど、
「赤ちゃんなんて1ヶ月でずいぶん見た目が変わるものよ」とあしらわれるだけだった。
旦那も「俺も毎日会ってたけど、別に何も変わったことはないよ」と言うので、納得いかなかったけど
とにかく赤ちゃんとの生活が始められることが嬉しくて、その場は流してしまった。

だけどやっぱり娘の顔色がおかしく見えて、「過敏になりすぎ」という旦那を押し切って病院に行った。
先生がその場で色々検査してくれたんだけど、数日後に結果を聞きに言ったら
「うちではどうしようもない」と大学病院の紹介状を渡された。
内臓に奇形があって、手術しなければ長生きできないと言われて、もう頭の中真っ白。
すぐに大学病院に行って診てもらったけど、この子の体力がないとかですぐには手術できないと。
とにかく今できることをやりながら、本人が手術に耐えられるようになったらすぐに手術しましょうという
結論になった。

続きを読む