せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:転職

辞表
353: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)15:20:39 ID:Esa
友人A子の披露宴に出席して、そこで新郎側会社同僚の現在の夫と知り合い2年後に結婚。
って流れから、A子夫妻とは家族ぐるみのお付き合いをしてた。
で、今から15年ぐらい前のことだけど、夫の会社の上の方でゴチャゴチャしていた。
総務部にいたA子の旦那さんは会社の色んな部分を把握していて(なんかよく分からないけど
A子はそういう言い方をしていた)「この会社は近々終わる、一緒に沈むつもりはない、
表面化するまえにイチヌケする」とか言って退職した。
A子は私にも「大変なことになる前に脱出した方がいい」と夫の転職を勧めてきた。
それを夫に話したら「トップが変わるかも知れない、しばらくはゴタゴタする、
でも膿が出切ったら前よりよくなるハズ、それまでの辛抱」と、転職する気はないとハッキリ言った。
たぶんだけど、夫は自分がやりたくて就職した技術職だったから思うことがA子旦那さんとは違ってたんだと思う。
私も正社員で働いていたし、夫がそういう覚悟でいるのなら何も言うことはないと思っていたが
A子からその後もしつこく「(私)が説得しなきゃダメじゃない」とか言われたけど
うちはうちってことで転職はしないと言った。
A子はせっかくのアドバイスを断ったことで、気を悪くしているようだった。
その後、A子は夫婦で転職先の近くに引っ越して、なんとなく付き合いが途絶えていた。
もうずいぶん経つし、すっかりそんなことは忘れていたんだけど、この間そのA子から
久しぶりに連絡があった。
ちなみに、その後夫の会社は社長を含むトップの何人かが役職を退き、新しい体制になった。
新しくなって飛躍的に良くなったというわけではないが前よりも働きやすくなり
努力したぶん昇進もしたし、年収も普通に増えた。
A子からの連絡と言うのは、総務のある男性社員(係長)が家庭の事情で退職することを
どこからか聞いたらしく、職場復帰できるように口添えを頼むことはできないか、
それかせめて、総務部長にA子旦那が復帰したがっていることを上手に話してくれないか、と言うもの。
そう言ってくるからには転職先が思ったほどよくなかったのかも。わかんないけど。
でも正直言って“どの面下げて”と思ってしまう。
夫には人事に口出す権限ももちろん無いし、単純な紹介ということにしたところで
会社が大変な時にイチヌケしてスタコラサッサと辞めていった人を無責任に口添えなんてできない。
なので「本当に戻りたいなら履歴書送って面接してもらって、熱意を伝えるしかないんじゃないの?」
って言ったら「冗談よ!ダメモトで言ってみただけ~」って言われた。
大変な時でも信じて頑張ってきた方としては、こういう無神経に他人を使おうとする人には反吐が出る。
15年たって今更だけど着拒した。

続きを読む

b455e62f5f1717ffe750e0390f8c4955-1



145: 可愛い奥様  2014/09/02(火) 13:22:08.96 ID:mzxwE/DLO
旦那がバスの運転手になりたいって言い出した。給与下がるし、一回なったら転職が難しくなるよね。 
旦那の趣味で色々固定費がかかるから、給与ダウンしたら色々無理。 
今の仕事も一生できるものじゃないから、転職は良いんだけど、よりによってなぜバス業界なんだ…。 
すっごく大変だと思うんだけど。 



続きを読む

531f014aa76d3ec8e71fd06803570133-300x200



597: おさかなくわえた名無しさん 2012/09/22(土) 15:10:54.29 ID:eO+AjCTW
接客業やってるのに明らかに客に対して無愛想な店員。 
愛想よくしようと努力してそれでもぎこちなくなっちゃうとかならまだ許せるけど 
ハナから愛想よくしようとしてない(少なくともこっちにはそう見える)店員は向いてないから転職しろと言いたくなる。



続きを読む

8a965e4a-s



914: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/15(金) 17:21:08.95 ID:6zPFt5kV
付き合い出した当時の元カレの年齢27歳、私19歳。 

元カレの職業、ゲーセンのバイト。 

4年近く付き合っていたが、結局職を探さずバイトのままだった。 
「絶対あの会社(バイト先)で正社員になりたくない。他を探す」と言ってたが、有言実行せず。 
「仕事探さないの?」と聞くと「ちゃんと考えてる。言われたくない。」と怒る。 


続きを読む

2113fd0c236e7395884b945e81edde64_400



543: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/16(月) 14:30:52.07 ID:6Up4X9e1
会社の先輩が気持ち悪い。 
俺は37歳で高校生の娘がいるんだが、 
先輩「その歳だったらぶっちゃげ自分の娘でも裸とか下着を見たら興奮するだろ?w」 
とか事あるごとに言ってくる。 
そんな先輩が最近「転職しようか迷ってる」と言い出して、その理由を他の人から聞いたんだけど 
俺のデスクを間違って開けた時にたまたま確定申告の書類を見て、俺の方が給料が高かったかららしい。 



続きを読む

0189_505283113

225: 名無しさん@おーぷん 2017/12/26(火)15:09:51 ID:XJc
3年前くらいの事です。
もう会社名も思い出せませんが
転職をしようと思い県外のとある会社に
ハローワークを通して履歴書を送りました。
何日かして会社で仕事をしていた所
取引したことがないはずの、
自分が履歴書を送った会社から部長宛てに電話がありました。
嫌な予感はしていたのですが、その週の土曜日に
社長に呼び出され、こういうものが届いたと
見覚えのある白い封筒を取り出しました。
案の定自分が書いた履歴書です。
要は取引はなかったが展示会やfacebookなどで見かけていた会社の社員から履歴書が送られてきたので
辞められたら困るだろうという親切心で履歴書を会社に送り返してきたという事でした。
社長は大喜びで「この会社の社長さんは素晴らしい」
と感心していましたが
不採用通知を送るなり他にも方法はあったはずなのに
わざわざ在職中の会社に電話をかけてきて
履歴書まで会社宛てに送り返して来るその神経がわからんという話でした。

続きを読む

dragon-image



7: おさかなくわえた名無しさん 2006/05/25(木) 21:28:04 ID:Y9hABphc
長文スマソ。 
父親が転職を繰り返し、会社を興してはつぶすを繰り返し、貧乏の中ようやく手に入れた 
家は中古の欠陥住宅の実家。 
買った時はバブルの影響が微妙に残る時期でもう5年も売れていなかった家を 
「何件か引き合いがある」と言われ即決で買った大バカ。 
母親が必死で借金を返し、ローンも10年で返し、年を取ってきた自分達の 
対の住処をちゃんとしたものに建て替えようとしたその時。 
父親が暴走してこれまでの失敗を省みず、自分で勝手に引いた設計図で家を 
作らせると来た。 
通風も採光も防犯も考えていないど素人の設計。 



続きを読む

periodg



231: 名無しさん@おーぷん 2015/09/26(土)01:21:41 ID:lzi
二十代前半で事務のパート、幼児と乳児がいる
いずれは正社員で働きたいけど、高卒だし子持ちだし長いスパンで考えないといけないなぁと思っている
しかしそのためには今から計画を練っておかないといけないと思ったので、
今日ハロワに行ってキャリアカウンセラーさんと面談してきた

そしたら「今すぐ転職すればいいと思う。まだ若いのに何をそんなに心配してるのか分からない」という旨のことを言われた



続きを読む

00_PP61_PP_TP_V-400x266

60: 名無しさん 2014/04/13(日)10:02:35 ID:???
過疎ってるみたいだから俺の馬鹿な不倫話をひとつ。
ゆっくり投下させてくれ。
最初に言うと、もう嫁とは和解して再構築目指してる。

当時、嫁も俺も二十代前半。結婚はしてたけど子供もまだいなかったし、
俺は鬱病発症したり転職しまくりで、はっきりいってまるで駄目男。
嫁の収入に頼ることも多々あった。
んで、ある時、以前から嫁が反対していたある職業に転職。
嫁は嫌がったけど、きちんと休みがあるし終電で帰れるし何より俺の大好きな
職種だからって無理矢理説得したの。
嫁は学校卒業後はずっと一人でフリーランスで仕事してるから収入も常時安定ってわけじゃないし、
そこの不安をあおるっていう卑怯な手も使った。
んで無事就職。まぁその職種は堅気ではあるけど、ザ・ド底辺の職場な訳で
仕事が終わったら朝まで呑みしたがるような人ばっかり。
俺は家賃も光熱費も払わず飲み歩き、家にも帰らず。
挙げ句の果てにそこでアルバイトしてた女の子(Zとしておく)と不倫しかけてた。

で、あまりの俺の酷さに嫁がキレた。だけど当時まだ若くて(たかだが嫁の一個下)
学生で素直で俺の言うことに何でも笑ってくれるZがいたから、とにかく正論ぶつけてくる嫁が
気に食わなくて家出。
Zの家に転がり込む日もあり、その上更にカードローンも作った。
結局四ヶ月ほどかかって和解。正直和解なんてしなくてもいいやって俺は思ってて、
ただ自由になりたかった。別にZと結婚したいとかじゃない。
正直Zはこの時点ではそんな好きじゃなかったんだよな。ただ甘やかしてくれるほうが
良かっただけっていうクズな俺。

続きを読む

このページのトップヘ