せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:結婚式

img7f8f3b38zikazj

483: 名無しさん  2017/02/26(日)00:11:33 ID:vxi
愚痴です。誰かに聞いてもらいたい。
初書き込みなのでおかしなとこあったらすみません。

結婚して約半年です。
義実家で同居してます。
義実家の皆さんはとても可愛がってくれて義実家には不満はないのですが、
旦那にめちゃくちゃイラついてます。
・婚約指輪なし(欲しいと言っていた
・新婚旅行なし(行きたいと言っていた
・結婚式挙げる(挙げたくないと言っていたのに強行)
と、全く私の希望が通りません。

特に結婚式のことでめちゃくちゃ揉めてます。
元々結婚式なんて金をドブに捨てるようなもんだと思ってますので挙げたくない、挙げたとしてもビーチ婚などの安いやつでいいと言っていたのに、
義実家で飼っていた犬が老衰で亡くなってしまった時
義祖母が私が死ぬ前にできるだけ早く結婚式を挙げて欲しいと言いだしました。

その週の日曜に義母義父、旦那私の四人で式場見学に行きました。
1件目に見た式場は義実家の親戚が式を挙げた式場で、とても素敵な結婚式だったよね~
とか私おいてきぼりで思い出話で盛り上がり、そのまま私の意見無しで勝手にその一軒目の式場を契約してしまいました。

私は正直言ってブスでデブで毛深く肌も汚くて、人に見せれるようなもんでもないのに
無理やりドレスを着させられ本当につらいです。
旦那もデブとか毛深いとか肌汚ねえとかすごいバカにしてきます。
それなのにエステやジムに行きたいというとそんな金ないよって言ってきます。
式の準備も勝手に式場決めたくせに全く乗り気じゃありません。
もう前金で20万近く支払ってます。
式まであと1ヶ月しかありません。
本当につらい…。

続きを読む

_AC_UL320_SR282,320_



362: おさかなくわえた名無しさん 04/11/29 15:28:53 ID:CXm5pWBH
友人の結婚式でのこと。 
式場に行くのに、自分は電車賃が勿体無いという理由で 
電車嫌いの私が自車で行くのを利用し、 
(ここまでは、まぁ良しとしよう)式が始まるまでかなり時間が空いた+お腹がすいたらしい 
という事で式場(ホテル)の喫茶店を利用。 
そこでまず、
『私お金ないから紅茶だけでいいや~』=なんか奢ってくれアピール。 
仕方がない(そんなケチィ台詞も聞きたくないため)のでパスタを奢る。 
レジで会計の時、『ありがとぉ~~(はぁと)』まぁ、これも良しとしよう。 



 
続きを読む

44532304_o1

298: 名無しさん@HOME 2012/06/20(水) 13:15:36.86 P
娘(22歳)が友人の結婚式に出るということで
一緒に出席する友人たちと服を買いに行った。
白系や露出の多いものはNGで、あとはお店の人と相談しなさいと言って送り出したのに、
決めてきたのはパールピンクの肩丸出しのフレアミニのワンピース。
一瞬目の前が真っ白になった…
唖然として立ち尽くしてると「Aちゃんのお母さんがこれがいいって言ったから…」
Aちゃんママは水商売をしながら子供を育ててる人で
悪い人ではないんだけど、いかんせん世間の常識に疎い。
まさか今回一緒について言ってるとは思ってなかったので油断した。

店には事情を話して他の洋服と交換ということにしてもらったら
もう一人一緒にった友人も交換すると連絡があったらしい。
つーか店も止めてくれ。・・・・ああ無理か。あの人には誰も勝てないな。

続きを読む

weding001-1170x780

254: 1 2012/09/06(木) 15:17:45.02 0
学生の頃、仕事で知り合った年上男性と付き合った。
初彼だし仕事出来るし優しいし格好いいし話面白いしで夢中になったが既婚者だった
本人がテヘペロ感覚でカミングアウトしてきた。当然即帰宅、大泣きした。
その後「妻と別れる、お前を正しい結婚をやり直す」等の甘ったるいメールが来たが
「嘘つき」とだけ返して着信拒否。若かったしまさか不倫なんて遠い話でショックだった。
でもやっぱラリってるから、友人に「彼もつらかったと思うの」的な馬鹿相談をしてた。
殆どの友人は「あほー早く現実に戻れ」な対応だったけど、唯一付き合ってくれたのが
趣味で知り合った7歳年上の女性、Hちゃん。悲劇のヒロインラリラリでうざいだけの私に
「つらい時は誰かに全部吐き出しちゃった方が良いよ」って優しくしてくれた。
こんなに面倒見のいい人が彼氏もいない友達も少ないなんて信じられない!!と思ってた

で、10年後。私はバイト時代と同じ職に就いたので、彼の噂は時々聞いた。
それによると、彼のご両親に介護か必要になったが奥様は完全無視、
仕事や健康面のバックアップも無しで孤立無援の状態、離婚寸前なんだそう。
しかも息子は母方に着いて行きたいそうで、ご自慢の嫡男家系も危機!!ざまあ!!
自分はやりたいようにやって家族や周りにはさも正しい人間かのようにふるまって。
己がやってきた事の報いを受けるが良い!!と、呪いのように脳内でシャウト。
やっぱ、若い頃にもてあそばれた傷って意外と消えないもんなんだなと思った。

続きを読む

marnetword3

815: 名無しさん  2017/02/10(金)22:49:02 ID:KDS
俺の嫁は社交的で誰とでも仲良くできるし友達もいる
でも携帯電話で常に繋がってるような友達がいない
どうしてか嫁は携帯が好きではなくて、長いこと携帯持ってなかったし
嫁の時には小学生の頃からすでに連絡網が無かったので、引っ越した友達は一切連絡先もわからないそうだ
スマホ持たせた今でもSNSはいっさいやらないしラインもしない
外で会ったときに友達からラインをすすめられてたけど、それでも入れなかった
友達がいらないっていうタイプとは違う
友達とは常につながって無くてもなんの問題もないと考えるタイプなんだと思う
だから結婚式のとき、招待状を送ろうとメールや電話し、連絡網を開いて調べた俺に対して
嫁は年賀状をやりとりしてる数人だけに送っていた

結婚式当日は俺側の友達は12人
嫁は3人+妊婦の友達がムービーでお祝いのメッセージを招待客に持たせて贈ってくれた
嫁は久しぶりに顔を合わせた友達とずっと仲良く話してて楽しそうだった
式後に招待した友達がSNSで嫁が結婚したことを広めたみたいで、手紙でお祝いが届いたりもした

式には俺の兄と兄嫁も招待していた
後日兄嫁が式でお嫁さん友達少なすぎ、ショボ婚だと批判してたことが判明した
席が近かった俺の友達が愚痴を言っては兄に止められてる兄嫁の言動を見ていたらしい
年の離れた長男である兄の結婚式は豪華だった
両家の親が金をだし、招待客も100人規模で会社の人たちも招待していた
俺達の招待客は30人ほどで、身の丈にあった式をしたいという嫁の要望で至ってシンプルにした
でもアットホームな式にはなったし、俺も嫁も満足な式だった

それなのに兄嫁にケチつけられて汚点ができた
前から成金で宝石ブランド大好きな見栄っ張りな人だとは思ってたけど、兄と結婚してる以上招待しないわけにはいかない
相手もショボ婚なんか行きたくないと言ってたし、どんな人でも近い親族なら招待しなければいけないという風習がなくなればいいのに
集合写真に映る兄嫁を見るたびにいい思い出が汚される

続きを読む

f87a53b3db3e99eb48c5af3b93d719f1_



596: おさかなくわえた名無しさん 05/03/16 20:36:50 ID:L/ZsLvXC
もうすぐ結婚式。 
父が病気だったり、彼父もちょっと年だったり病み上がりだったりして、 
なかなか思うようには挙式・披露宴を計画できない。 


 
続きを読む

ea58c2bd5b1ce8cd2c2b05a39f82e3ed-480x323

343: 名無しさん@HOME 2012/11/14(水) 14:04:27.01 0
コトメの結婚式三か月前に兄嫁に当る私が切迫流産で入院した。
コトメが婚約者と見舞いに来て
「兄嫁がいないなんて私がいじめたみたいじゃん。何とかして。」

一度退院したが、結婚式一か月前に手当の甲斐なく子供が流れてしまい入院。
コトメがまた婚約者と見舞いに来て
「よかったぁ。結婚式に出れるよね。留袖で来てよ。」

コトメ破談になりました。私のせいだと騒いでいるそうですが。

続きを読む

oyako3

134: 名無しさん@HOME 2012/01/26(木) 09:06:52.23 0
別れた実父と会いたいと思わなくなった。

母親が再婚して養父ができたけど、自分は4年生だったし
言い合いなどはしたことないけど、あまり親しくもなれなかった。
でも、自分の結婚式で養父が大泣きで
もう支えられないと立ってられないくらい号泣してた。
人生で一番驚いた。
義理で参加してくれたんだろうくらいにしか思ってなくて。
ダンナの手をがっちり握ってぶんぶん振って
「絶対絶対幸せにしてください。」と。
うちの事情を知ってる私の親戚も養父の姿を見てみんな泣いてた。

子供ができた、と言ったら養父は禁煙した。
あれほど嫌がってた歯医者にも行って歯をきれいにした。
孫が生まれたら変な距離を取ってじーっと見ていた。
抱かせてみたらロボットみたいにぎこちなく抱いていた。
「孫にメロメロ」のメロメロ音が聞えるようだったw

養父、じゃなくてこの人が自分の父親なんだなと思う。

続きを読む

このページのトップヘ