せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:笑えない

8c798402
663: 名無しさん@おーぷん 2014/08/10(日)07:26:48 ID:???
何か日曜なのにムダに早起きしてしまったので、自分の勤め先での話をさせて下さい。

勤め先の会社は、従業員自体が多いせいか、古い体質の業界なせいか、セクハラ、パワハラ問題で
辞めていく社員が絶えなく、会社は「セクハラ・パワハラ調査委員会」という社内探偵みたいな組織を新設した。
何故か会計畑の自分もそこに入れられたのだが、ある日営業部の女性社員(A子とする)から相談が来た。

「出張先で先輩社員(B男とする)に酒に酔わされ、ホテルの部屋に無理やり押し入られ、拒んでるのに関係を持たされた」
ということだった。
A子は社内でも美人と評判の子で、綺麗な目を真っ赤にして泣きながら話してくれた。

裏付けは簡単だった。
何とB男自身が同僚の男性社員数人に「出張先でA子酔わせて迫ったら、最初は拒んでたけど結局B子の部屋に入れてくれて
さw」と言いふらしてたから。

上に報告して、B男を呼び出した諮問会(上役参加の裁判)が始まると、B男はしどろもどろに
「あれは冗談で」とか言い始めたが、「これが冗談で済むか!!」と社長に恫喝されて黙った。
B男は以前にも、出張費の二重請求の前科があり(これは「勘違いで」と言った)、併せて報告した結果
めでたくクビとなった。
A子には刑事事件として立件したらと役員から進言もあったが、もう忘れたいのでとA子は断り、この件は
終わりとなった。

しばらくした後、本来の業務で残業をしていると、A子が来て「結婚して海外に行くことになったので、
退社することになりまして。本当にお世話になりました」と挨拶された。
有名店の菓子折りを差し出され、自分は喜んでそれを受け取ると共に、彼女の結婚を喜んで、お幸せにねと
言った。
家に帰ってその菓子折りを開けると、包装紙の隙間に綺麗な便箋の手紙が入っていた。

『あの件は嘘でした。先に嘘を言いふらしたのはB男さんです。ああ言えば、私が自分の物
になるとでも思ったのでしょう。以前からも、あの日も交際を迫られてましたが、いつも断っていました。
あの制裁は全く後悔していません。
ただ、貴方が私を信じて、我がことのように泣いてくれたことが辛かったです。
本当に申し訳ありません。
幸せになりますが、許して下さい』

確か、そんな内容だった。
手紙はすぐ破ってしまったので、もうない。
お菓子も速攻で全部食べてしまって、ない。

続きを読む

20170211055743
899: 名無しさん@おーぷん 2015/01/12(月)19:05:30 ID:0iM
あまり記憶は無いんだが母親に「溺れて死んじゃうのと高いところから落ちて死んじゃうのどっちがいい?」と聞かれたことが一番の修羅場

続きを読む

dna-3539309_1920
170: 名無しさん@おーぷん 2014/11/06(木)16:35:11 ID:b6aYMCOKg
7、8年前父が2ちゃんに感化されて、子供である私のDNA鑑定をこっそり実行
後日、親子の可能性は限りなく低いですと通知が来てわが家が修羅場に陥った
結果的にいえばその結果自体が間違い、杜撰な業者がサンプルを取り違えただけだった
最初の通知から数週間後、業者からの電話で発覚
事の次第と料金を返還するので穏便に済ましてくれとの内容をうけ
散々に母を責めていた父は、顔を真っ青にしながら謝罪したが、母は下を理由に受け入れなかった

・証拠も無く軽い気持ちでDNA鑑定をしたこと
・その大事なことに安い業者を使ったこと(平均の十分の一の金額だったらしい)
・「お前の存在が裏切りだ」「人生の無駄だった」「金と時間を返せ」
「触るな」「愛情が枯れた、どうしても愛せない」「吐き気がする」等、私を罵ったこと
・近所中にDNA鑑定は必須だと触れ回って、誤解を与えたこと

さらに母は、父が頼んだ業者とは別の4社に依頼した調査結果を父に叩きつけ、離婚を要請
それまで母にぞっこんだった父は泣いて縋ったけど
私にした父の罵倒をそっくりそのまま返され離婚させられた

父はその後再婚もせず、私が成人した後も養育費と同額を毎月母に振り込んでるらしい
慰謝料は一括で貰ってるらしいので、受け取る母もどうかとおもうけど、とめる気はない
当時の父の立場からすれば仕方ないんだろうが、
今までの信頼が吹き飛ぶような言葉を浴びせられた私としては苦しんで市ねとしかいいようがない

続きを読む

159701b48544c161cf65bec4650ea2be_400


804: 恋人は名無しさん 2015/11/02(月) 16:36:45.74 ID:QX5W7FZF0
デブをネタにしてくるのがイラッとくる 

仕事や家庭の事情でジムには行けてないけど落ち着いたら行きたいとは思ってるし食事も前よりかなり減らして休みの日は必ずウォーキングもして毎日筋トレもしてる 


続きを読む

ダウンロード (76)
753: 名無しさん@おーぷん 2014/10/22(水)12:59:40 ID:kLZkQKUmk
私の旦那の両親が凄まじくクズだった。
旦那は生まれてすぐ育児放棄された。
望まれずに生まれた子で、まだ目を開いていない状態で捨てられた。
見かねた旦那父の友人が養子として引き取り愛情込めて育てたんだと。
旦那のどちらかの祖父母が引き取らなかったのかなと思ったが、生きているのか死んでいるのかもわからない。
今回の修羅場には一切関わってこなかったからいないんだと思う。
だから私の姑さん舅さんは旦那父の友人夫婦。この人達は本当に良い人たちです。

旦那が数年前に車にはねられて入院した事があった。
ほんの少しの間だが、記憶が飛んで私の事も義両親(旦那父友人夫婦)の事もあやふやに。
そんなときに凸してきたのが旦那の実両親だった。

もう凄かったわ。旦那がかなり稼いでる事を知っていて、こちらに援助すべきとか、嫁(私)は介護するために看護師の資格を取れとか騒ぎまくってた。
義両親が子供を捨てたくせに何を馬鹿な事を!とブチギレたが、実両親はのうのうと
「あんたを育てたのは私達。こいつらは(義両親)記憶の無いあんたを騙して集ろうとしている」と言ってのけた。
騙して集ろうとしてるのはあんたらだろ!!と思わず怒鳴っちゃった。
すると実両親が、「私達がしっかり育てていれば、こんな野蛮で守銭奴な女にひっかかる事はなかった」ですって。

続きを読む

20180104091844
493: 名無しさん@おーぷん 2015/01/15(木)09:43:38 ID:TRY
本来なら嫁との馴れ初めスレに書かなきゃなんだが嫁の父親、義父が若干異常なのでここに…
嫁とはバイト先で出会った。背が低くて喋り方があどけなく、(当初嫁は高校三年生)中学生かと思った
勉強が出来るおかげで高校からバイトの許可をもらえたらしく可愛い顔してるのに根が凄く真面目
そんな可愛い子と一緒のシフトが楽しみで毎日バイトが楽しかった。
で、嫁が就職でバイトをやめる際、どうせ振られる事を覚悟で嫁に告白したら
「えぇ!?本当に私なんかでいいんですか!?」
と驚いた表情でいわれた。
嫁の高校は女子高だったおかげか、あまり男子と遊ぶことが少なかったらしく
告白されたのは俺が始めてらしい。

続きを読む

image (5)
564: 名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)23:24:13 ID:40M
今までにあったじゃないけど30分位前の修羅場。てか今まさに修羅場
自宅で愛人とまあ、合体してたら今日は泊りと言って出て行った妻が帰宅
ただキレる訳でもなく「あー、ごめん帰ってこなきゃ良かったね」と真顔で寝室に閉じこもり
彼には帰ってもらって寝室の扉の前で謝ってるんだが無視、鍵もかかってる。
携帯にメールいれても反応ない
取り敢えず現実逃避したいから書き込み

続きを読む

d78a2c63
723: 名無しさん@おーぷん 2014/10/20(月)11:14:58 ID:pE0pYuGZe
もう時効だと思うので投下。

中学のときの私は暗めで目立たない生徒でした。
それでも友人はいたから特に苦もなく学校生活を送っていた。
そんなある日、クラスのカースト上位の男子Aに告白された。
でもAは同じくカースト上位のB子と付き合ってる。学年中が知っている事実なので丁重にお断り。
するとAが、「なに本気になってんのwこれだから地味女は面白いw」と大笑い。
実は男子のグループがUNOの罰ゲームで私に告白するというやつを実行したらしい。
腹が立って仕方がなかったが、リア充DQNに何も言い返せず涙を堪えて我慢した。
その日から本当に地獄だった。部活終了後に突然B子に呼び出されバケツの水を浴びせられた。
「人の彼氏に色目使ってんじゃねーよ!」と随分長い間罵られた。
色目?何のこと?確かにAに告白されたけど、あれは罰ゲームだよ。Aは私になんの感情も無いと説明しているのに
罰ゲームでも何でもAの目に止まったことが許せないと言われた。

つづきます

続きを読む

2a343e9b17a1bb0b0bc74cd769980f73_400
216: 名無しさん@おーぷん 2015/05/10(日)22:03:51 ID:TIE
元嫁に浮気されて間男の嫁に教えたら間男が自殺した事
さらに間男の嫁に俺は感謝され間男嫁が同席していた元嫁にはお前はいつ死ぬの?絶対に逃がさないからと笑顔で言ってたこと
俺は悪くないと思ってるが人の生き死にに関わると思ってなかったからしばらく眠れなかった

続きを読む

このページのトップヘ