せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:神経わからん

shin

97: おさかなくわえた名無しさん 2010/08/10(火) 20:24:18 ID:2XvwO4UK
上司の神経が分からない。
自分は出張の多い職場に勤めている。
北海道から沖縄まで色々な場所に行って、当然その場所で
夕食をとるんだけど、
毎回毎回行くのはチェーンの居酒屋。
酒飲みだからお酒が飲めれば良いのかもしれないけど…
居酒屋に行くにしても地元のひとが行くようなところにいけばいいのにと思ってしまう。
明らかに冷凍のフライドポテトを食べて
「やっぱり北海道のポテトはうまいな」とか言っちゃってるし…

続きを読む

images (4)

182: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/16(水) 11:02:50 ID:JOSI1z2c
会社関係で知り合った若い子の神経が分からない
この子は取引先の大手会社の営業なんだが
「仕事でしてもらったん事に対しては、相手は当然のことをしただけ。だからお礼なんて言わない。」
というのを、当り前の事のように言っていた

この子の依頼で、かなりギリギリで当初予定より早く書類を上げなければならないことがあり
スケジュールが大変だったけど依頼通りにこなして渡しても、お礼、労いの言葉は一切ない
御礼が言われたくて仕事してるわけでもないし、例え本心からでなかったにしても、
普通はありがとうございました位は言わないか?
ウチの会社がこの取引先より小さいからかな?と思ったけど、どこに対してもそうらしい

結局、その態度が元でウチの担当も外れてもらったし、他の会社の担当も外されたんだが
本人理由がまったく分からないと言っていてかなり驚いた
なんつか、「このアタクシの依頼なんだからやって当然よ!」みたいな
勘違い系高飛車女ならまだムカつくなりに理解できるけど、
この子は「そんなの当り前ですよね?」ってナチュラルな感じで言っていて、
神経が分からないというか、微妙に怖かったw

続きを読む

mig (2)

147: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/05(木) 16:59:27 ID:rzz6itwd
バイト先にSちゃんという女子大生がいる。
Sちゃんは高校時代に右足に腫瘍が出来たため、手術して腫瘍は取ったけど、
後遺症で右足のヒザが曲がらなくなってしまったそうだ。
それが原因で、歩く動作が少しだけぎこちないけど、
本人はとても明るい子だから、みんな右足のことなんて気にしないで、
普通に同じ仕事をこなしてた。

だけどバイト先の店長が、
「Sちゃんの右足曲がらないんでしょ?だったら倉庫に出勤して、
倉庫の扉のつっかえ棒になっててよ。カギが壊れちゃってさー」
と笑いながら、みんなの前で言った。

それがショックで、Sちゃんはバイトを辞めてしまった。
冗談のつもりかもしれないけど、どうしてあんなこと言えるんだろう…。

続きを読む

images (3)

415: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/11(水) 16:07:09 ID:Fil1YOER
昔うちの医療系専門学校に講演に来た、数十年前に病気で子供を亡くした父親の神経が全く分からなかった

子供の話を元にした映画を見て、話を聞く…だけのはずが、
その父親、自分が出した子供の本を学生全員に強制的に売りつけやがった
うちの学校は学費が安いので、自分で学費と生活費出してる貧乏学生が多い
忙しいのでバイトもほとんどできず奨学金で暮らしてる子や貯金切り崩してる元社会人がかなりいる
奨学金5万円+わずかなバイト代で寮費生活費学費出してる身からすると本代1500円は超大金
卒業までに何人も講演に来たけど、せいぜい講演後に宣伝したくらいで無理矢理本売りつけたのはそいつだけ
貧乏学生にたかるその神経が分からん。読ませたいんだったら学校図書に寄付すればいいんでは?
別に売り上げ研究に寄付ってわけでも無さそうだし、なんか死んだ子供使って金儲けしてるだけに見えた

講演も役に立つ話ではなく、ひたすら自分の子供と妻の自慢話とそのための他人sage
隣に入院してた子供の母親が無神経な発言をしたときに自分の子供が毅然として注意したとか
同級生全員が見舞いに来たのは自分の子供がみんなに好かれていたからだとか…でっていう

病気や障害を持つ人やその家族の話は、すごく将来的に役に立つことが多いし、
実際講演に来た他の人たちはどうやって自分たちが乗り越えたか、医療関係者はどうやって支えてくれたか
言ってもらって嬉しかった一言、何気なく傷ついた言葉…なんかを話してくれたんだが…

ただひたすら自分の子供の自慢話
最後には「皆さんも○○(その子供の名前)みたいな綺麗な心と負けない強さを持って下さい」
耳疑った

いくら小学生で亡くなってるとは言え、講演の時間を私物化して
そこまで臆面なく我が子をマンセーできるその神経が本気で分からん

続きを読む

neworleans_03

406: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/30(月) 08:08:37 ID:ukAmbRZW
夏に仕事でアメリカはニューオリンズへ行った
最終日前日、仕事も終わったのでせっかくだから友人と観光地へ
でっかいショッピングモールの入り口脇にこれまたでっかい灰皿があったから一服してた
もちろん灰皿があるくらいだからそこは喫煙所で、俺たち以外にも何人も煙草吸ってたわけだ

ですこし離れたところに日本人の親子がいて、ひたすら
「煙草くさいねー」
「煙にあたるからそっちいっちゃだめよ」
と、あからさまな嫌煙家の親が子に諭していた

まあ海外だから俺たち意外は当然英語で会話しているわけだが
俺たちは日本語で会話をしていた
それに気付いたのかその親が
「すいませんが子供いるんで煙草やめてもらえませんかね?」
と強い口調で言ってきた。
俺たちは正直ぽかーん
いやここは喫煙所ですから…的な事を友人が言うとその親は子に
「同じ日本人なのに恥ずかしいねー」
と子に言いながらまた少し離れた。

冷静に考えると頭に来るが
何より異国の地でしっかり喫煙スペース守ってる中日本人に叱られるとは思わなかった。
このご時世、嫌煙家の気持ちはわからなくないがそこまで行くと本当神経がわからん…

続きを読む

34f3286d

437: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/29(日) 22:25:48.47 ID:13q3EazM
ちょっと聞きたいんだけど、回転ずしの皿は大抵2貫乗ってるじゃないですか
彼女と一緒に食べに行くときは、それを一つずつシェアして食べてるんです
こうすると、多くの種類のネタを食べられるので、合理的だと思っていたら、
それを聞いた同僚から、そんなことは普通しないと言われちゃったんですわ
確かに、他人同士ならしないけど、身内や彼女とかだったらいいと思うけど、
神経が分らんと言うほど変なことか?

続きを読む

72f02023739139bf05d923cfed66b3bc_m

37: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/06(金) 10:06:07.46 ID:d+SkXXPM
朝、家の近くで「ぶ~~~~」ってクラクションのロングバージョンが響き渡った。
何が起こったんだと思って道に出てみた。
ご近所の老人がデイ施設に行くための送迎車に乗ろうとしてるところに
後ろから来たトラックが邪魔だとばかりに威嚇してるのだった。
(見たところ通行不可能ではなくぎりぎりなのでめんどくさいみたいだった。)
仕方なくデイ施設の人は杖突いた老人を後ろに下がらせて車を少しだけ動かして
トラックを通らせてやった。
通り過ぎ際にもまたエンジンを「ブオン!ブオン!」って吹かせて威嚇していった。

でもこのトラック、会社名がばっちり書いてあったしこの辺は建築関係の事務所の多いところ。
そのトラックの会社名だけでみんな所在がわかったみたいで数人のおじさんたちが
「わし苦情の電話入れるわ」「わしも入れる」「電話番号知ってる?教えてくれ」って言ってた。

会社の看板背負っててあんなことできる神経がわからん。

続きを読む

2191

276: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/16(水) 03:59:21.63 ID:eQGr/f74
叔父は昔から大酒飲みだった
このままでは肝硬変一直線だと医者に言われ、妻は夫から酒を取り上げた
息子たちは親父の好物を取り上げるのはかわいそうだと、母のいない時に酒を与え続けた

昨年、叔父は肝硬変で死んだ。遺言には遺産について
『酒を取り上げた嫁には一銭もやらん。飲ませてくれた息子二人にのみ譲る』とあった
叔父の健康をひたすら案じ続けてたのは奥さんだけだったというのに
今は死人とはいえ、叔父の神経が分からん

続きを読む

Pterophyllum_altum

146: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/14(月) 02:19:57.24 ID:kAow3ocU
熱帯魚を飼っているが、昔から、母親のヒーター切りに悩まされてきた。
「電気代もったいない」とか言って。
そのせいで冬場、エンゼルが何匹か☆になった。

あれから20年。
父親は他界し、母は去年胃癌で大手術して以来、寝込み気味。

そんな母が今冬ストーブを付けやがったので、
「灯油代もったいない」と言ってコンセント引っこ抜いて灯油タンクも外してやった。
「寒い・・・寒い・・・」とか布団の中でブルブル震えててワロタw
被害者面する母親の神経は分からんが、おそらく☆になる日も近いw

続きを読む

このページのトップヘ