せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:田舎

201303185



878: おさかなくわえた名無しさん 2006/06/04(日) 00:28:14 ID:zYTjl9PW
12年前に死んだ母が大事にしていた 
ティーポット&カップのセット。同様に大事にしていた食器棚(?)に 
ディスプレイしてあった。 
先日その母の13回忌があった。法要の帰りに料亭で飲み食い。 
更に直後に自宅で飲み食い。 
その時に何故か誰かがその食器棚からカップを出そうとして割ったらしい。 
親戚のオババかな、父かな。よく分からないけど。 
その残骸を今日私は見つけてしまった。父は田舎者の年寄りなので 
そういう所が本当に鈍感で大嫌い。食器も本当によくぶつけて欠く。 
確か法事の日も正に、別の良い食器をわざわざ出してたので 
(こんなに人がゴチャゴチャ一杯(20人以上)居る日に大事なもん出すなよ) 
と思いつつ「割らないでよ」と言ったんだが別のものをやってたらしい。 


続きを読む

702ed3209887e08ff164ecfb3733fc90



128: 名無しの心子知らず  2016/01/07(木) 00:31:26.34 ID:uLHChlBr
去年の11月に妹が成人式の前撮りをして、振袖姿を祖父母の家まで見せに行った。 
そしたら向かいの家のアホママがたまたま子供を家の前で遊ばせていて、私達一家を見るなり寄ってきた。 

向かいの家は元々老夫婦が二人だけで暮らしてたんだけど、半年くらい前にご主人が亡くなってからは息子夫婦とその子供が同居し始めた。 
そしてその嫁がアホママ。 

「あらー!〇〇ちゃん!成人式?綺麗な着物ねぇ」とニコニコ顔で話しかけてきたアホ。 
無視する訳にも行かず、運悪く祖母が家から出てきたこともあって家の前で話し始めてしまった。 
「その着物すごく綺麗。レンタル?」と言う発言に祖母が「いえ、自前よ」と素直に返事。 


続きを読む

df61ad53418ad463c7b0393828d7bd2e_original

753: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)01:44:48 ID:???
彼女と会ったのは田舎の工場に、飛ばされて2年位経った時かな。
ある理不尽な修羅場で異動になった事もあって、仕事が終わったら飯作って寝る生活。
長期休暇も地元にも帰らずに部屋でじっとしていた、休むのも苦痛で仕事がある時の方が気楽でよかった。
工場のまわりには飲み屋もなく、帰りにスーパーによるだけの生活だった。

その日は、朝から風が強く嵐が近づいていたので、スーパーで買い物を済ませて車に戻る途中で
強い雨と風で自転車を持って立ち往生している彼女と目があった。
職場では顔は知っているが、あまり話したこともない派遣社員である事は知っていた。
俺は、この嵐じゃ自転車じゃ無理だから家の人に迎えに来てもらったらと言うと
彼女は頼める人がいないと言うので、俺の車で送る事にした。
俺のアパートの向かいのアパートに住んでいることが分かったので、家まで送る事にした

次の日、一緒に車で出勤して帰りに自転車が置いてあるスーパーに行ったが
彼女の自転車が無くなっていたので、自転車を買うのにも徒歩じゃいけない距離だし
自転車を購入するまで俺の車で通勤することに。
それから彼女が気を使ってくれて、おかずを持ってくれて一緒に晩飯を食べたりしてた。
彼女は、感情を表に出さないし、聞いたことしか答えないけど
それでも彼女の生い立ちをポツリポツリ、話してくれた。
放置子でネグレクトにもあっていて、施設に預けられて高校卒業後に働きだしたが、
親が稼いだお金を全て持っていくので周りの人に助けられて、
誰も知らないこの土地に逃げてきたことを話してくれた。
彼女が自転車購入後も天候の悪い日は、一緒に通勤することも多くなり
自然に広めのアパートで一緒に住むことになった。

続きを読む

d7201-61-821463-0



921: 愛と死の名無しさん 2012/05/16(水) 23:29:36.31
今は4組のうち1組しか結婚披露宴をしないのか… 
うちの地域では逆で、9割以上はしてるんだが。 
再婚ですら片方が初婚ならするぞ。 
↑ちなみに男40女35、女はバツイチで再婚だった。 
さすがにうわっ…と思ったが男は田舎の地主の跡取りだから、本当の意味でお披露目を兼ねてやらざるを得なかったらしい。 


続きを読む

228

930: なごみ 2008/06/14(土) 09:54:41 ID:2oGsKwSn0
個人なごみなんだが、なごみどころがしぼれなかった話。

ウチは住宅たてこんでるけど住人の意識は田舎という地域。
近くに引っ越してきた若夫婦と子供さんがいるんだが、
この奥さんがちょっとオドオド、住人の顔色をうかがっている様子。

となりのおばちゃん、おばちゃんちの中学生の息子、となりの犬、
うちの母と私というメンツでなぜか井戸端会議中、ようやく話してくれたんだが、
以前の近所にちょっとひどい人がいて、子供が少しでも歓声をあげると
「うるさい!」「出て行け!」とわめく人で、すっかり参ってしまっていたらしい。
子供が思い切り外で遊ぶことを禁じるほど。

憤慨したのが中学生の息子。
「子供がちょっとにぎやかにするくらいいいじゃねえか!」
うんうん、おまいはガキのころそりゃあ暴れん坊だったよね。
隣のおばちゃん
「うちの空き地(駐車場という名目だがほとんど空き地)で遊べば?」
犬、あそぼうぜ、と言わんばかりに空き地でしっぽぱたぱた。

奥さん気がゆるんで泣き出す、子供犬と遊びたくて目きらきら、
息子大慌てでなぐさめる、犬ぱたぱた。

もうどこになごんでいいやら。
今隣で犬と子供がキャッキャ遊んでる。

続きを読む

88map_kagawa



93: 名無しさん@おーぷん 2017/12/16(土)09:20:11 ID:???
父が転勤族で小さい頃は色んな県を転々としていた
この前、香川の小学校にいた頃の友人の一人と同じ大学に通っていたことに今更気付いた
友人が大学構内で私を見かけて呼び掛けてくれたんだけど、すっかり垢抜けてたから名前言ってくれるまで全く分からなかったw
それからたまに昼食一緒に食べたり連絡取り合ったりしてる
転校で居場所を転々としてて昔の思い出を共有できる人っていうのがあまりいないからなんだか嬉しい


続きを読む

453c115722b420e211e94d9c191c6e81_600



694: 名無しの心子知らず 2014/03/02(日) 16:24:50.40 ID:fGn51jAv
うちは東北や北海道ほどじゃないけど 
結構雪が積もる地域で、今年は特に大雪だった 
我が家は昨日、夫と高校生息子二人で雪かきと雪下ろしを済ませた 
今朝、子供(2歳くらい?)を抱いた女性が来て 
「お宅の屋根は雪が無いけど、家族で雪かきしたんですよね?」 
と自己紹介もなしに、険しい顔で聞いてきた 


続きを読む

images

893: 名無しさん@おーぷん 2016/05/14(土)19:12:46 ID:jL0
私の実家は超田舎の盆地
電車もなければバスもない
買い物は山を越えた先の街に行かなければならない
ご近所付き合いは平気で上がり込むのが当たり前
だから基本的に玄関、窓に鍵をかけるという習慣がなかった
これが修羅場を招く起爆剤になる
高校の夏休みその日は私以外は出払っていた
特にすることもなく日当たりのいい部屋で昼寝をしていた
気持ちよく寝ていると体に違和感を感じ目を覚ますと
見知らぬおっさんが私に覆いかぶさるように荒い息を吐いて、服を脱がそうとしていた
「え?誰?何?」と頭を過ぎったと同時に叫んだ
もうそれはそれは喉が破裂するんじゃなかろうかってくらい叫んだ直後
物凄い怒声と共におっさんが吹っ飛んだ
何が何だか分からない状態で、目の前に現れた大きな影に抱えられ救出された
助けてくれたのは向かい家(と言ってもそれなりに離れてる)の絶賛片思い中のお兄さん
抱き抱えられる中で事態を把握して助けられた安堵感から大泣き
その後ぞろぞろとお兄さん家族が駆けつけた
お兄さんが事態を説明して通報、私の家族に電話
あとはお兄さん家族が対応してくれて
近所の方も気が付いたのかゾロゾロと来た

続く

続きを読む

bsSUN85_tanbotominka-e1450438633475

122: 名無しさん@おーぷん 2017/04/29(土)11:21:27 ID:Kgs
うちの実家は自他共に認める笑えないレベルのド田舎集落にある。
隣近所は親族だらけ、熊鹿猿猪なんでもござれ、乗合バスは手を上げればどこでも停まってくれるけど2時間に1本しかない。
こんなとこだから若い人間はみんな中学を卒業したら出て行くし(小中学校までは集落から山超えて2時間半、高校は無いから都会に出ざるを得ない)、とにかく集落生まれの人間ですら住みにく過ぎて忌み嫌うような場所なんだ。
昔は出て行っても結婚すれば少なくとも長男が跡取りとして戻ってきてたみたいだけど最近ではそんな家も無い。
ジジババ世代も「私らですら住みにくいと感じる朽ち果てるだけの場所に帰れとは言えん。」と、帰ってこいと言う人ももういない。
そんな集落がざわついてる。
なんでも、従兄弟が結婚したらしいんだがその嫁さんが集落に住みたいと言ってるらしい。
聞くところによると、嫁さんは東京生まれ東京育ちの生粋の都会人。
家庭菜園が趣味だそうで、集落で畑を耕したり山で山菜を採ったりして自給自足の生活をしたいそうだ。
従兄弟や従兄弟両親、親族一同で「あそこはそんな楽しいとこじゃない。うん十年と住んでる人間すら辛いとこだ。」と宥めてるが話が通じない。
ならば仕方ないと、お試しで3日間従兄弟と嫁さんで集落に戻ったら嫁さんの想像を遥かに凌駕していたそうで現在離婚の二文字が飛び交ってるらしい。
なんなのあの嫁さん。

続きを読む

このページのトップヘ