せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:父

d784106ba28ecbfadb15abc275c9fc14_400 (1)
347: 名無しさん@おーぷん 2014/11/02(日)15:06:23 ID:BsuKPAhFe
両親と俺と妹の4人でテレビ見ながら食事してたら
急に父が「そういえば・・・ほれ、あれ・・・」と言い、
母が「木曜日の9時」と答え
父が「さんきゅ」と答えて終了した時が衝撃だった。
父は散髪の予約入れたのがいつだっけ?と思い出そうとして、
母がそれに答えたってことだったらしいのだが、
夫婦ってすげえと思った。
その少しあと母と一緒にリビングにいたら
父が入ってきてサイドボードの一番上の引き出しをあけてゴソゴソしてたら
母が「電話台の引き出し!」と言い、
父が電話台の引き出しから爪切りを出して切りだした。
おまいらはエスパーか。

続きを読む

CDGgT4KUsAMDXsr
284: 名無しさん@おーぷん 2015/01/02(金)15:59:14 ID:yBt
ひまなので小さな修羅場をかかせてもらう。
携帯からなので改行変だったらすまない。

何年も前の彼岸のこと、当時20代半ばで両親と墓参りに行った。
雨の冷える日で車も大渋滞していた。
トイレには予め行っておいたがまた催してきてしまい、
運転していた父にトイレに寄るように催促するがまったく寄ろうとしない。
「そこのコンビニ前に停めて」→父「俺はコンビニ嫌いだ」
「そこ曲がれば駅ロータリーだから駅トイレ行くから」
→「あの角電柱出てるからヤダ」
そうこうしてる間にどんどんコンビニもない住宅街に入っていく。
向かってる墓地にもトイレはなかったはず。
焦って「ほんとにピンチだ!」「大げさじゃなく漏れる!」
と騒ぐが全く他人事の父は余裕の表情のまま
「病院なら車寄せがあるから病院行こう」といい出す。
言い出したところから病院までも距離があったので青くなった。

なんとか耐えてやっと病院の車寄せに乗り付けて降りたら
休日なので正面玄関は閉まっていた。
「裏口に回るしかない!!」と猛ダッシュ。
人がいたら押し退けていたことだろう。鬼の形相で走る。

裏の通用口にはステーションワゴンのような
大きな車が停まっていたが気にせず通過。
通用口に飛び込むと小さい子を抱いた夫婦がぎょっとした目で
こちらを見ていたがそれも構わず通過。
トイレを発見して飛び込み間一髪間に合って用を足した。
すんでのところで間に合った喜びと安心感に思わず
ペーパーホルダーに描かれた蛇と杖の(医術の)マークに手を合わせて拝んでしまった。

出てくるとさっきの親子連れがいたところは霊安室で
自分が鬼の形相で飛び込んだその時は
遺族がなきがらと病院を去るところだったと気がついた。

父には一人娘で可愛がられてたと思ったのに
トイレにも寄ってもらえない存在だったのかと思ってへこんだ。

続きを読む

ダウンロード (4)

268: 名無しさん@おーぷん 2017/11/20(月)16:23:01 ID:Q6k

自分の両親は10年ほど前に父の不倫が原因で離婚して、私は母に引き取られた。
不倫の件以外でも人間性がクソな父親だったので、嫌悪している。
その父親の神経わからん話。

私は登録しただけでまったく何の投稿もせず放置してあったインスタの垢を持っていた。それにこの前たまたまインしたらどう見つけたのか父親にフォローされていた。

その時点でウワッと思ったけど怖いもの見たさで覗いてみたら、
・現在の嫁との結婚記念日の惚気話(あれから○年か…これからもよろしくな^^みたいな)
・部屋の写真を撮ったら画面端に「たまたま」写りこんだ現嫁の顔を壁紙にしたPCデスクトップ
みたいな写真がアップされててオエー
ついでにそれにコメントする現嫁らしき垢も発見。

別にもう離婚してるんだから現嫁とは勝手に幸せになっててくれればいいしインスタで惚気話するのも自由だけど、そのアカウントで元嫁の娘の私をフォローする無神経さが無理。
写真でも見せたのか現嫁がどうやら一方的に私の顔を知っていそうなのも無理。
ついでに言うけど、大してかっこよくもないのに50超えたオヤジがアイコンをピンの自撮りに設定してるのもキモすぎ無理。
即座に垢消しした。

続きを読む

5625_2_1
901: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)19:45:11 ID:MKYoVe0E9
完全にじゃないけどほとんど縁が切れたので書き込む。
父親が目の前で警察に連行されていった時がまず最初の修羅場だった。
共犯として兄がさらに逮捕され、叔父と従兄も逮捕された。
しかも罪状は集団で女性に性的暴行した罪。
父は地元で「先生」と呼ばれる立場で(教師ではない)その部下にあたる女性を
父・兄・叔父・従兄と父の部下とで乱暴した。
父は女性が訴えないと馬鹿にしてかかってた。
でも集団で乱暴すると親告罪じゃなくなるので発覚→即刑事事件だった。
私はまだ当時中学生で、父が逮捕されたことにも、新聞に載ったことにも
父と兄と、よく知ってる叔父と従兄が一人の女性を…ということに耐えられず
みんなが自分を責めて笑ってる気がして学校に行けなくなり
両親の離婚が成立して、母の実家近くに引っ越すまで外に出られなかった。
父は実刑になったけどそう長い刑期じゃなかった。
父は何度も手紙を送ってきて、「会いたい会いたい」と書いてあった。
父が出所したら会いに来るんだ、と怖くてたまらなかった。
兄はなんでか執行猶予になって母とたまに会っていて、それも怖かった。
私は精神的に拒否反応が出て、逮捕以後一度も兄に会っていない。
父にはだましうちのような形で一度会わされ
(父の出所後、父方祖母に呼び出されて行ったら、父もいた)
汚い話だがその場で吐いてしまった。
それ以後父にも会っていない。
就職した時、誰から聞いたのか就職祝いにネックレスが贈られてきて
祖母経由で返却した。
考えすぎかもしれないけど直接肌につけるアクセサリーっていうのが気持ち悪かった。
私の知る限り、父はとても私を大事に可愛がってくれていたと思う。
なのによそのおうちの娘さんにあんなことができる理由がわからなかった。
今でもわからない。

続きを読む

20161030231259
403: 名無しさん@おーぷん 2014/08/30(土)00:09:34 ID:xMg7tefKi
母の再婚が決まったのでカキコ。
昔私が小学生の頃、その日は普段より早く帰ってきたんだけど、ちょうどその頃忍者ごっこが流行ってて、玄関や廊下を音を立てずに家に入って親を驚かそう!と実行。
母が居るであろう居間に向かうとなにやら中で「んー!」とくぐもった声と暴れる音が聞こえた。
何かあったんだ!と隙間から除くと母は手を縛られて口にガムテープか何か貼られて手ぬぐいで顔を隠してた男に襲われてた。
一生懸命泣き叫びながら抵抗する母に私は慌ててランドセルの持ち手を掴み男に投げつけた。
男は逃げたんだけど私は急いで母の拘束を解かなくては!と犯人を追いかけたりはしなかった。
すると母は私を抱きしめて泣き続けて、父が帰ってきてからは父の胸で大声で泣き続けた。
その後両親は別居。母について行った私は母の実家で暮らし始めて最初は危うかった母もどんどん落ち着いてきた。
たまに父もこっちに来てくれたんだけど、ちょうど私が小学校を卒業するあたりでぱったりと来なくなった。
のちに両親が離婚した、と聞いて幼心に裏切られた、という気持ちになって相当落ち込んだ。

高校生の頃、父方の祖母が亡くなったと連絡があった。小さいころは大好きな祖母だったから線香だけでも、と行くと父が凄く苦い表情をしてまるで他の人に見られないようにこっそりと線香だけあげさせられた。
本当にショックだった。大好きな祖母の葬式にも満足に出れないのか。と泣きながら葬儀場を出ようとしたら「私ちゃん?」と声を掛けられた。
そこには伯父が居た。小さい頃はよく遊びに連れて行ってくれたりして懐いていた私は伯父に泣きついてしまった。
すると伯父は私をどこか落ち着くところに、と言って車に乗せ祖母の家へ。
あまりの懐かしさに再び涙ぐんでいると伯父が中に入ってお茶を出してくれた。
その時「あれ、お葬式出ないのかな。」と思ったから伯父に聞こうとしたら伯父が急に私を押し倒した。
慌てて逃げようとするけどスカートに乗られて逃げられない。抵抗したらビンタされてそのまま服を脱がされて胸を・・・てすごく怖かった。
恐怖で涙がぼろぼろ出て必死に助けて!と叫んでもあたりはみな祖母の葬式に出かけている親戚の家だからだれも来ない。
そのうち伯父が私のに手を入れてきたから私は必死で叫んだ。

するとがしゃん!と窓が割れそこから父が入ってきて伯父を殴り飛ばした。
そのあと母も入ってきて私を抱きしめてくれて私はそのまま泣き続けて気が付いたら病院に居た。
しばらくして落ち着いたころ、私は母からすべてを聞いた。
昔母を襲おうとした男は伯父だった事。私が小学校を卒業するころ伯父がそれで捕まった事。
犯罪者の親戚が居る、と言うことで私が傷つかないように離婚したこと。
今日、私を隠しながら線香をあげさせたのは伯父に見つからないようにしたこと。
伯父が居なくなり、私も居ない事に気付いて必死に父が探し回ってくれたこと。
…最後に私が叫んだのは「助けて!お父さん!」だったこと。
父が病室に入って土下座した。「お前たちを守ろうとしたのに、すまない」そう謝る父に私はただ泣くしかできなかった。

その後伯父は捕まり、余罪もあった事で檻の中に入った。
そして今年、両親も再婚が決まった。
以上、私の修羅場です。

続きを読む

50e2ae85
266: 名無しさん@おーぷん 2014/08/19(火)01:17:34 ID:Nh9ujL3BH
今の私の心情が修羅場です。
23歳の女です。
私は親と仲良くできません。本当は仲良くしたいんです。友達はみんな、外食したりお買い物したりとても仲がよさそうなのに、私はできません。
というのも、父はいわゆる九州男児で、殴ることが躾でした。母は父と情報をしっかり共有する人なので、私のちょっとした素行を父に言われ、怒られるループができていました。中学生までは、意地悪な虐待だと思っていました。本当に限界がきて、「殴るならなんで産んだの?」って泣きながら聞きました。そしたら殴られなくなりました。
それからは友達みたいな感じで話しかけてくるようになって、仲良くしたがってるのはすごく伝わってくるけど、どうしても私は切り替えることが出来ず無視して部屋にこもったりしていました。
お母さんも洋服を買ってきたり買い物に誘ってきたりしますが、親と普通に喋る喋り方がわからず、どうしても不機嫌に当たってしまうのと、そばにいるだけで居心地が悪くて全部断っていました。
でもやっぱり親だし、心の底から嫌いなわけではないから罪悪感はずっとありました。
今は殴られなくなって8年経ちます。
最近は外食によく誘われるようになりました。でも、私は今だに切り替えることができずにいます。
仲良くしようと思って、父の日母の日、誕生日にはちょっとしたプレゼントをしはじめました。両親は嬉しそうにしてくれます。
ただ、トラウマでも何でもなく、ただ喋り方が、接し方がわかりません。居心地が悪くてその場から逃げ出したくなるんです。

そして先日母にとてもひどいことを言ってしまいました。
母が、マンションの消防点検のために私の部屋を勝手に整理したのです。私は自分の部屋に誰も入れたくないタイプなので、その日家を空けてからも「絶対はいらないで」と再三メールしたにも関わらず、です。
帰宅してそれを知った私は頭に血が上り、「親だからってやっていいことと悪いことがあるだろ!やられて嫌なことはすんなよ!だから嫌いなんだよ!」と叫びました。
その時はイライラしていたけど次の日頭を冷やしてみると、子供に、だから嫌いなんだよって言われた母の気持ちを考えて自分が傷つきました。
母はもっと傷ついたと思います。
でも謝ることができません。接し方がわかりません。
これは反抗期なのか、自分が悪いのか、それすらもわかりません。
夫婦関係は良好で私も普段は普通の人です。
どうして家でだけこんなひねくれた人間になってしまうのでしょうか。
泣きながら勢いで打ったので読みにくかったらすみません。
スレ違いかもしれまんが、どうすることもできずにここにきました。
みなさんは親とどう接しているのでしょうか。教えてください。

続きを読む

sengoku-1 (1)
805: 恋人は名無しさん 2013/05/17(金) 10:59:23.35 ID:LbBhp0lt0
文才ないから簡単に。

結婚話が出て親への紹介が済んだ途端、彼母が嫁イビラーになった

私だけならまだしも職場に凸してきて迷惑をかけたので両家で話し合い

私の父が「不幸になるとわかっていて娘をやれる親はいない」と発言

彼が「不幸にすると決め付けるな!」「母の悪口言うな!」と激怒して父を殴る

破談。そして数年が経過

私の父が闘病の末亡くなる。通夜の当日、元彼からメールが来た
「親父死んだんだって?俺たちを引き裂く悪魔はいなくなったな!
片親なんてもうもらい手がいないだろ、俺がひきとってやるから心を入れ替えて尽くせ」
要約するとこんなメールだった

怒りでぶっ倒れそうになりつつ葬儀
友達いわく「目がおかしかった」そうだ

これが先月の話
やっと落ち着いて、やっと書き込みもできるようになった
でもまだ悔しくてたまらない

続きを読む

sengoku-1 (1)
193: 名無しさん@HOME 2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN 0
多分人生の中でこれ以上の修羅場はもうなさそう
&20年以上時間が経ったのでカキコ
数回に分けて書きます

まだ私が小学校に入学したてだった頃の話
アル中だった父(私には優しく手をあげられた事は無かった)と母はよく喧嘩をしていた
理由はよく覚えていない

ある日我慢の限界が来たのであろう母が
祖父に先立たれた祖母が1人暮らししている実家に帰った

続きを読む

86b5c9ed1f07e7394bc9848542812bd4-830x350
335: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/15(水) 21:38:20.04 ID:i2GG+iGf
流れ読まずに投下。
小学校低学年のころの話。
もともと酒乱気味だった父が、仕事や母の親戚との関係から暴れるようになってた。
その日は特にひどくて小さな弟と妹と押し入れに隠れて布団のあいだで眠った。

朝起きると家の中はめちゃくちゃで棚は全部なぎ倒されてて、割れた食器は散乱してるし落ちたテレビには一生瓶が突き刺さってた。
壁を伝っていた電気や電話の線も力ずくで引きちぎられてた。
部屋の真ん中で母が呆然としてた。

片付けようとしたら学校へ行けと言われ、でも心配で行けるわけもなく嫌がっていたら
「あんたまで私を困らせるのか!」と叫ばれ渋々学校へ行った。

自分の貯金箱からお金を出して、車で30分の所に住む父方の祖母(当時50代)へ泣きながら電話をした。
「お婆ちゃん、すぐ来て。お父さんが暴れて家の中がガラスだらけで電話線も切られてる。お母さんと弟と妹がぶたれる」
たしかこんな事を言ったと思う。

1日中そわそわしながら授業が終わって走って帰ったら家の中は片付いていて家族も無事だった。
「良かった。お婆ちゃんが来てくれたんだ」と母に言ったら「来るわけないでしょ!」と怒られた。
後日祖母に電話したら「だって電話したけど誰も出なかったから」と言われた。

私の中では父が暴れたことや、兄弟で押し入れにかくれたことや母に八つ当たりされたことは修羅場じゃない。
世の中は泣いて助けを求めても無駄なんだと気付いた瞬間の心の中が一番修羅場だった。

続きを読む

このページのトップヘ