せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:無神経

ffc8234f-8f7e-44cf-8664-623cefff37e2



86: おさかなくわえた名無しさん 2019/02/10(日) 18:37:35.21 ID:G0BH28Al
初めてドライブに行ったとき、ちょっと狭い駐車場に停めたら 
彼女が何も考えずにドアを開けて隣の石垣にガンッ!と盛大にぶつけた 
それは仕方ないとして、そのときの第一声が「保険入ってるよね?」だった 
「え?入ってるけど」と言ったら「よかったよかった」って 
そこは「ゴメンなさい」じゃないの? 
保険とは言っても免責金額あるし、一度使っちゃうと等級下がって 
保険料高くなるし、修理したら下取り価格下がるし、何しろ修理に出す手間とか 
いろいろあるだろうに、保険で出るからいいという話ではないだろうと 
一瞬にして頭の中をグルグルといろんな思いが駆け巡ってたら 
「楽しいドライブなんだから車のドアなんて気にしない!」と 
肩をポンと叩かれた拍子に何かのスイッチが入ってサーッと冷めた 

続きを読む

download


716: 恋人は名無しさん 2019/02/05(火) 22:46:08.65 ID:uhbg3iZ/0
明らかに女から貰ったであろうバレンタインチョコをLINEのアイコンにしてた 
最初見たときあまりにもショックすぎて泣いてしまったけど急激に冷めてきた 
今度会ったら真意を聞いてそれによってはその場で別れる

続きを読む

201208082_


948: 恋人は名無しさん 2016/11/20(日) 10:46:07.35 ID:Vh4cmauB0
彼女は実家暮らしで俺は一人暮らし。 
ハロウィン等のイベントやそれ以外でも気が向いた時に、ちょっとしたお菓子やお酒等をプレゼントする機会があるけど、彼女はあげたものをそのまま俺の部屋に置いていく。 
そしていつまでも手をつけずに俺の部屋の備品のようになる。(彼女の嫌いなものをあげている訳ではない) 

なぜ置いていくのかを昔聞いたら「俺と一緒に食べたいから」と言う。 
でもずっと放置で手をつける気配はないし、無くなっても気付かない。 
お菓子や酒ごときで恩着せがましくするつもりはないけど、前の彼女はちょっとしたプレゼントでも無茶苦茶喜んでくれたから、比較してしまってちょっと辛い。 

これって俺が女々しいのかな?
続きを読む

n2494
858: 名無しさん@おーぷん 2015/01/25(日)01:07:18 ID:R4A
同じバイト先の男性に自宅に送ってもらうのは普通なんでしょうか?
男性Aとは男女混合複数人で遊ぶメンバーの一人でしたが、Aとは気があって二人で遊ぶ仲となりました。
ただ交際関係ではなくあくまでも遊び仲間。
Aと私の自宅はバイト先からの方向が一緒なので車に乗っけてもらっていました。
するとAから唐突に告白され、目玉が飛び出しました。丁重にお断りするとAは心底不思議がって、もう付き合ってるも同然だと思ったと言われました。
私はそんなつもりは無かったしなんだか怖かった。
Aの友人兼バイト仲間に、「気を持たせるような事をするなよ」と言われ泣いてしまいました。
その後もAは私を送ってくれなくなりました。
「御両親は?それかBさん(同じバイトの女性)に送ってもらったほうがいいよ。Bさんも同じ方向だし。」と冷たい。
以来男性を信じられなくなりました。

続きを読む

food_revenge_bentou-300x300


272: 名無しさん@HOME 2011/12/21(水) 16:20:21.57 0
昔、主人が癌の摘出手術をした時の事。 
まだ麻酔が切れる途中で朦朧としている枕元で 
「末期なんでしょ!?死ぬんでしょ!?」と喚き散らしたトメ。(ここ大部屋) 
それから家が汚いから癌になった!嫁子のせい!!とさらに喚く。 
何も言い返せずに涙目の私。 
さらに色々喚いて「帰る!!」と病室を出て行った。 

あれから10年。トメとは一切連絡を取っていない。 
主人はピンピンしております。

続きを読む

photo


600: おさかなくわえた名無しさん 2019/01/31(木) 16:23:36.84 ID:1aR7A3Bx
職場の男性同僚。奥さん(同じ会社別部署)が妊娠中で、検診などにも律儀に毎回連れ添っててすごくいい旦那さんだなーと思ってた。 
奥さんの検診時は、公休日をあてがうでもなく、毎回有給を取っていた(有給を余すことなく使いたい為) 
それで、自分の残りの有給日数を知りたくて、総務部に残りの日数確認したらもう今年度の有給は使い切っていた。(奥さん妊娠前にも、旅行などで有給はよく使う人だった) 
今度の検診について行けなくなる!と大騒ぎしてる。 
うちは公休日以外に有給なしで欠勤したら、当たり前だけど月給から日割して休んだ分差し引かれる。それが横暴だと言ってる。計画性のない馬鹿だとしか思えない。 
それ以外にも「奥さん妊娠したから、仕事減らしてください」やら「来年の○月には出産予定なので、その前後3カ月の仕事はほとんど出来ないでしょう(だからその間は私さんに仕事丸投げします)その間は会議等も出席出来ません」などと言ってた。 
いやいや、お前が産むわけじゃないじゃん。もちろん配慮はするけど、妊婦さんと同じ扱いにしろってこと?育休等はむしろ取ってもらっていいけど、奥さんの産前までお前の体調や精神面に配慮しろってこと? 
なんか色々とモヤモヤする。 

続きを読む


5b1003e11b59714cf98cf4e730e6c70806923ef6

920: 名無しさん@HOME 2013/09/19(木) 08:09:52.35 0
嫌がらせ?に入るのかな… 
嫁の私が母の日にトメにムーミンのマグとコーヒーをセットにしてプレゼントしたんだけど 
先日、「前にもらったマグ注文できる?」と聞いてきたので何でか聞いたら 
「○ちゃんにも誕生日に私からプレゼントするから、お金は私が払うから」と言うのよ… 
よくよく考えたら私が買った金額ばれるじゃんと思ったんだけど… 
これって嫌がらせ?

続きを読む

ダウンロード

27: 名無しさん@おーぷん 2015/04/12(日)15:20:35 ID:o6J
突然すまんね。
ちょっと相談させてほしい。

うちの嫁さんと俺の母親は訳あって絶縁中。
まぁ世間一般でよくある嫁姑問題ってやつ。
母親が昔からちょい毒親というか無神経というか、言われた相手がどんな気持ちになるかってのを考えない人間で、結婚当初から嫁さんに対して、
「昨日の晩御飯は私が猫に作ってやってたエサとそっくりで懐かしくなった。」やら「今までの息子の恋人は顔はよかったけどそれ以外がねぇ…。顔はイマイチだがこんなによく出来た嫁さんを捕まえられて本当によかった。」などと言っていたらしい。
らしいってのは、嫁さんは俺に何度もその手の話をしてたみたいなんだが、解決の方法のない嫁姑関係に俺を巻き込んでくれるなよって思いがあったためか聞き流してたから覚えてない。
嫁さんは積もりに積もって結婚4年目に大爆発。
「トメとは中~遠距離に別居、合鍵は渡さない、私とは絶縁!これが飲めないならあんたはもういらない!」と言われて嫁さんの条件を全て受け入れた。
「歳も歳だしウトは他界済み、子供はあんただけだからあんたが連絡とったり義実家に行く事は別に構わないから好きな時に好きに行け。」と言われてたから月一か2ヶ月に一度程度で様子見に行ってた。
そして今年待望の第一子が4月に産まれたんだ。
俺、母親に一度くらい孫の顔を見せてやりたくて嫁さんに交渉したんだよ。
「もう先も短そうだし一度でいいから顔を見せてやってほしい。」って。
嫁さんも「じゃあ一度だけ。けどまたなんかやったらその時点ですぐ帰るからね。」ってんで連れていけたんだ。
実家は周りは山だらけ、隣の家まで車で30分みたいなまじもんのど田舎なんで当然車で行ったんだが、車を止めて顔を合わせた母親の第一声が、
「嫁ちゃん久しぶりだねー!何年も嫁ちゃんが来ないから時代は変わったんだねぇってフユちゃん(隣の家のおばちゃん)と笑ってたんだよ!
それにしても相変わらず商売屋さん(水商売って事)みたいな車乗ってんねー!あたしじゃ恥ずかしくて乗るどころかこの車買います!だなんて言えないよー!」
嫁さんみるみる貼り付けた笑顔から能面に変身。
子供はまだチャイルドシートから降ろしてすらなかったからそのまままた車に乗り込み帰る準備始めてしまった。
「私とこの子は帰るけどあんたは?」っていうもんだから「せめて孫の顔見せてから帰ろうよ!」って言ったらそのまま置いて帰られた。
母親は顔見せてもらってないよーと泣くし嫁さんは電話繋がらないし俺どうすればよかったんだよ…。
嫁さん今どこかもわかんないし、子供が攫われた!って警察に言ったら探してもらえる?

続きを読む

607191a2_


279: 名無しさん@HOME 2011/10/26(水) 09:30:24.40 0
我が娘の子(コトメ子)が産まれて以来、うちの子にまったく寄り付かなくなったトメ。 
昨日ひさびさにうちに来て、ヤクルトだけ置いて『娘子ちゃんが待ってるから帰るね~』とわざわざ言って帰った。 
ひさびさのばあちゃん登場にうちの娘二歳は大喜びだったのに拗ねてしまった。 
他の言い方なかったのかよ。 
まだ新生児のコトメ子だが、早くも差別化されて、先が思いやられる。 
きっと娘もばあちゃん嫌いになってくのかな。

続きを読む

このページのトップヘ