せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:母親

honega66wayo0
261: 名無しさん@HOME 2012/08/10(金) 01:23:25.40 0
自分の修羅場

自分(男)は父・母・姉・自分の4人と、父の実家で同居の祖母を逢わせて5人で暮らしていました
祖母は何かと母にイヤミを言ったりで自分はあまり好きじゃなかった
食事を作くれば「コレは失敗だね」とか「ウチの味じゃないね」と
掃除をしてても「雑だねもっと丁寧に掃除できないのか」などと、いちいちイヤミな祖母でした
自分はそんな祖母に口答えしたり、母をなぐさめていた
父も一応祖母に注意するのだけど、口先だけで本気で注意してるようには見えなかった
自分や姉にも結構厳しい祖母でしたが、嫌がらせとかは無かったと思う
ただあまりに母が責められるので、さっさと離婚すればいいのにと思ってた

自分が中学生の頃に祖母が寝たきりになった
2年くらい自宅で介護してた
介護はもっぱら母で時々姉が手伝いをしていた
自分と父も手伝おうとしても祖母が嫌がり、ほとんどやらなかった
祖母をあまり好きじゃないし別にそれならそれでいいかなと思ってた
ぶっちゃけると祖母も父も嫌いだったし、祖母のいいなりになる母も好きじゃなかった
そして自分が高校入学、姉が大学に通ってた頃に亡くなった

続きを読む

b19c2314


650: 名無しさん@HOME 2012/01/19(木) 12:35:40.52 i
プチだけど。 

三ヶ月の息子が風邪ひいた。 
初めてのことであたふた看病してたら、 
トメから 
「風邪大丈夫ですか。孫ちゃんをよろしくお願いします」 
ってメールきた。 

続きを読む

Image3853
322: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)10:02:41 ID:eG2
先月かーちゃんが亡くなった。
もうかなり前から体調悪かったみたいなんだけど気付かなかった。
気付かなかったってのは違うか。
顔色が悪かったりすぐ息が切れたりしてたのは知ってた。
けどただの風邪程度だと思ってたから心配なんかさらさらしてなかったんだよ。
かーちゃん自身も「どうせ風邪だから病院なんか行かないわよwもったいないw」つってガハガハ笑ってたし。
普通に考えたら、本当に風邪程度だとしてもちょっとぐらい気を使ってやるのが当たり前なのに、かーちゃんはそんな事しなくても大丈夫だと信じ込んでた。
2ちゃんの有名コピペであるじゃん?
かーちゃんはみんなが寝てても起きてくれていて~みたいなやつ。誰かわかるかな?
俺まさしくあの通りに思ってたんだよな。
かーちゃんはスーパーロボットで病気なんかしなくて誰より早く起きてみんなの朝飯と弁当作って、俺が反抗期でかーちゃんに暴言吐いても「どんなに言ってもあんたは私の子供なんだよーんw」と笑って受け止めてくれて。
就職決まった時と親父が死んだ時ぐらいしか俺には涙を見せなくて、家計が苦しいの知ってたから給料をこっそり引き出しに入れといたら「あんたの金は将来の嫁さんと子供のもんだwいつ来てくれるかしらないけど貯めときなさいw」と返されたり。しかも中身増えてた。
こんなかーちゃんが大好きで甘えてたんだよな。
もう俺34にもなるのに、うちのかーちゃんだけは死んだりしないと思い込んでたんだわ。
それが突然死んだ。
朝起きたら洗濯機にしがみついてる姿で死んでた。
相当苦しんだみたいで目がカッと見開いててすんげー形相だった。
かーちゃん癌だったらしくて、それも末期も末期。
ホスピス入りますか?ってレベルだったみたいなんだけど、かーちゃんそれ蹴って家にいたっぽい。
いろいろ医者に言われたんだけどほとんど覚えてないw
かーちゃんが死んだ?癌だった?なんだそれ?っていろんな事がぐちゃぐちゃになってしまってねw
俺が腑抜けのヘタレのノータリンだから葬式の事は叔父達が手配してくれた。
葬式も終わってあらかた落ち着いたら家の中が妙に広くて怖かった。
親父とねーちゃんが事故って死んだ時も同じ様な怖さを感じたけど、あの時はかーちゃんがいたから乗り越えられた。
けど今はそのかーちゃんがいなくなった。
いなくなってから、俺がどれだけかーちゃんを頼ってたのか支えられてたのか実感して泣いた。
まだ気持ちが落ち着いてないから文章すんげー読みにくいと思う。すみません。

お前ら。
親ってスーパーロボットじゃねーぞ。
メンテ無しで延々俺たちのために動き続けるなんて事はあり得ない。
月1でもいいから休ませてやってくれ。
無理やりにでも人間ドックに行かせてやってくれ。
顔色が悪けりゃ病院に連れてってくれ。
俺の親父・かーちゃんに限ってwなんて絶対に思うな。
お前らの親は人間だ。
病気は誰でもなるんだ。
俺はどクズだった。
体調が悪い事を知ってて見て見ぬフリしたんだ。
かーちゃんなら問題ないと思い込んで。
俺みたいなどクズにお前らはならないでくれ。

続きを読む

67dc309328c58b1baa046be17153dc42_600
515: 名無しさん@おーぷん 2015/04/29(水)13:17:21 ID:???
修羅場とは違うかもしれませんが。

私の父と私は血のつながりはない。血縁上の父親は私が生まれてすぐ出ていったそうだ。だから顔も名前も知らない。

私が2歳か3歳かの時に母が再婚して今の父と一緒に住んでいた。そしてすぐに弟も生まれて何不自由なく父と血が繋がっていないことを除けばごくごく平凡な家庭だった。

小学校1年の時母が突然いなくなった。

学校から帰ると母がいなかった。弟の幼稚園お迎えに行っていると思ってテレビ見ながら待ってたが1時間たっても帰ってこない。

幼稚園から電話が来て「お母さんは?」と聞かれて「家にいない」と答えた。

さすがに不安になり母の実家(車で10分くらいの距離)に電話するとおばあちゃんがすぐに弟を迎えに行って、弟と家に来た。


おばあちゃんは家に来てテーブルの上にお母さんからの置手紙をみつけ、おばあちゃんが父やおじいちゃんに連絡をしたらしくおじいちゃんやおじさん、父も仕事を切り上げ帰ってきた。

父は青ざめていたが、不安な顔をしている私と弟に気づいて「大丈夫だよ、でも、お母さんしばらく家に帰ってこれないみたい」と言ってくれた。

続きを読む

8a004e9a0f49b8efbb1fc8f72eaafdb5
974: 名無しさん@おーぷん 2015/05/10(日)12:47:49 ID:aeA
家族構成
父=会社員 母=専業主婦 祖母=俺が高3のとき他界 俺=長男 弟=俺と2歳違い

俺が結婚して半年くらいして鬱っぽくなった
つづいて嫁も鬱になった 嫁の方が重症だった
弟も同様に結婚して鬱になって、弟嫁も軽度鬱になった

全員鬱っぽくて何もしたくない状態なのに
実家の隣家の人が被害妄想っぽくなって、洗濯物を汚したり、監視するなと電話してきたり
いやがらせをするようになったとかで実家からヘルプがあり
休日がそれでつぶれることが多く、さらに鬱々としていた

続きを読む

3d4afde28a0c0b397099bfaab87ceda2_400
241: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)13:00:49 ID:Xbz
高校生の頃、朝の通学中の電車に母子が乗ってきたがお母さんが突然死していた。
電車が発進すると同時に赤ちゃんが泣き始めたがお母さんはあやす事もせずただ俯いて座っているだけ。
他の乗客も私も面倒な事に巻き込まれたくないと見て見ぬふりをしていたが
発進してからの15分間ずっとギャー泣きしていたし、
母親の腕からずり落ちそうな赤ん坊の状態がさすがに心配になって
誰かがお母さんに話しかけるも応答がなくグデーっと前屈み具合が増す。
駅員さんを呼んで再度声を掛けてもらうも同じ。
駅員さんがお母さんの首元に手を当てると「死んでる・・・」とつぶやいた。
つい数十分前まで立って歩いて生きてた人が突然死ぬ事があるなんてと怖かった。

この事件が新聞に小さく記事になっててお母さんがまだ20歳だった事にびっくり。
こんなに若いのに。

続きを読む

kuzu (1)
684: 名無しさん@おーぷん 2015/01/18(日)09:27:24 ID:ZXY
私は父子家庭で育った。母親の存在を知らない。写真すら残っておらず、姿も知らない。
父は、母は浮気の末に私を不要物扱いした最低女だと聞かされていて、それを成人するまで信じていた。
物心がついた頃から、よく自宅に父の友人と称した女性が入れ代わり立ち代わりやってきていた。
幼い私は女の人の友人が多いんだなぁと呑気に思っていたけど、よくよく考えたら父の彼女だったと思う。

事態が変わったのは成人式の日。父は仕事の関係で出席できず、祖母が来てくれた。
式も終わり、懐かしい同級生たちと談笑している最中に一人の女性が私の前に現れた。
この女性、A子は母の親友だと言う。
母は施設育ちで、A子も同じ。年はA子が3つ程下だが、施設時代母によく面倒を見てもらっていたらしい。

A子の話によると、母は浮気なんてしていなかった。重度の病気が発覚し父に見放され離婚に至ったらしい。
治癒するより死亡する確率の方が高い母に親権はいかず、難なく父が私を引き取った。私が2歳になる直前の話らしい。
その後、母は何度も私宛に手紙を寄越した。その数50を超えるそうなのだが私は一度もそれを見たことがない。
私が7歳になる年に亡くなったそうで、手紙もそこでストップ。
A子は母が亡くなる一週間前に母が凄まじく落ち込んでいるのを気にしていて、どうしたんだろうと思っていた矢先に母から買い物を頼まれた。
それは鍵付きの小さなボックスで、何に使うかわからないがA子は言われた通りにボックスを買って母に渡した。

続きを読む

cryingchild-point-onlywayto
507: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)12:03:05 ID:WJX
母が亡くなった。
あったかどうかも分からない葬儀には当然参列もしなかった。
小さい時に別れてから一度も会っていないので、どんな顔になってるのかも知らない。知りたくもないけど。
幼少時にあった色んなことを思い出すままに吐き出して、母の事は一切合財忘れたい。
すごく長いです。吐き出しに付き合ってくれる人だけ読んで下さい。
勝手なこと書いてすみません。多少フェイクありなので矛盾があったらすみません。

小学校の1年生の時に両親が離婚して、私は父に引き取られ、2つ年上の兄は母に引き取られた。
両親は元々同じ中高に通っていた同級生同士だったらしく、離婚後それぞれの実家に戻ったので
親が離婚したのに子供は同じ小学校に通って、別々の家に帰るという歪な生活になった。
母の実家は割と裕福で祖父母が揃ってたけど、父の実家は母子家庭だったので祖母だけ。
父は父としての愛情をちゃんと注いでくれる人だったけど、残業や出張が多いから
普段は祖母とふたりっきりの生活。
その祖母はとても厳しい人で、お箸の持ち方が悪かったりすると手をピシッとすぐ叩かれた。
学校からは真っ直ぐ帰れってしつこくて、遊びに行くのはちゃんとランドセルを置いてからって言うし、
子供でも洗濯物を畳んだり、お茶碗を拭いたり、そういうお手伝いをちゃんとやれって言う人だった。
“働かざる者食うべからず”の人。
父が休日になると公園に連れて行ってくれて、祖母がお弁当を作ってくれるのは嬉しかったけど。
でもやっぱり、引き取られるなら母の方が良かったなぁって思ってた。
母の実家は大きな家でお金持ちだったから、お兄ちゃんはいいなぁって思ってた。

ある日、学校の帰りに友達に誘われてつい寄り道をしてしまい、その事で祖母にひどく叱られた。
それで母にすごく会いたくなった。
父の実家と母の実家は、同じ校区の逆方向の端と端って感じだったから3~4キロあったと思う。
それをテクテクテクテク歩いて行った。
やっと母の実家に辿りついて、母に抱きしめて貰う自分を想像しながら玄関に飛び込んだ。
「おかあさん!私子だよ!きたよ!」
そしたら母と母方祖母が出て来て、母の第一声が「何しに来たの」って。
「会いたかったん・・・」って言ったら
「あんたは要らないから置いてきたのに、なに来てんのよ」って言われたんだ。
「あんた見てるとお父さん思い出してイライラするのよ」って。(私は父に激似らしい)
期待とあまりにもかけ離れすぎてて、私爆泣き。

続きを読む

このページのトップヘ