せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:格下

1118tv

250: 名無しさん 2015/06/27(土)10:53:30 ID:2f2
会社に中途採用で30代のAさん(4月入社)、20代のBちゃん(5月入社)の2人が入ってきた。
Aさんは1ヶ月遅れ入社で年下の大人しいBちゃんを格下にみているところがあり、Bちゃんに対して不快な言動があったので、ちょくちょく私たち周囲がたしなめてた。

ある日、会社周りの掃除をしてたら、なんと三味線が捨てられてた。
なにを思ったかAさんは
「ねえ知ってるぅ?Bちゃぁん?三味線って高いものは何万ってするんだよー?三味線は~~(ウンチク)」とドヤ顔。

はいはい雑学スゴイね掃除しましょうねーと私たちが流そうとしたら、Bちゃんが
「それ、家が三味線教室で、生まれた時から三味線に触れてる私に教えてくれてます?高いものは何万じゃ済みませんよ」とサラリ。

今までクールだったBちゃんが言い返したのにもびっくりしつつ、クスクスされてカワハギみたいな顔で固まるAさん。
掃除ほっぽり出して1人サッサとオフィスに戻ってしまった。

そこで懲りればよかったのに、お昼でもまたAさんはやらかした。
「ずっと思ってたんだけど、高卒なBちゃんってなんで私より進んだ仕事してんのぉ?新人はその仕事やるなって言われてんじゃーん!ねえお局さぁん?」

あれ?はじめのときに言ったよね?と周囲ザワザワ。
したり顔のAさん。

呆れたお局が口を開き
「Bちゃんは系列会社の経験者ですよ。5年は勤めてたはずです。Aさんどころか、今年入った新卒よりも先輩です。最初にお話ししましたよね」とため息。
周囲にクスクスされてまたカワハギみたいな顔で固まるAさん。

Aさんには笑っちゃって悪かったけど、Bちゃんの武勇伝ってことで。

続きを読む

219_



984: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/03(日) 10:34:40 ID:ZIzZOG6W
何でかわからないけど、とにかく自分の家が貧乏で格下だと言って 
しかもそれが物凄く気にしてる偽コンプレックスな男が居た。 
本当のコンプレックスなら絶対に口に出さないだろうけど、 
そいつは事あるごとに
「どうせ俺の家は~…」と延々と愚痴る。 
しかも本当にたいした事じゃない、家の格なんて関係ないことでも言う。 
例えば私の使ってるベッドは普通のベッド、 
彼の家のはパイプベッド。 




 
続きを読む

mr_satan



51: おさかなくわえた名無しさん 04/10/26 14:24:31 ID:YUFMivDP
私はとあるスポーツを趣味にしているのですが、 
友人から一緒にやりたいから教えて欲しいと言われました。 
喜んで色々教えたり、他の友人達と楽しくやっていたのですが、 
友人が上達するに従って態度がおかしくなってきました。 



 
続きを読む

2



182: 名無しの心子知らず 2010/10/04(月) 16:33:43 ID:gpl8Ye5I
サークルで知り合ったお友達4組を自宅に招いて、今日はランチしながら、さっきまで遊んだんだけど。 
(2、3才児で、皆一子のみ。ウチだけ5才姉がいる) 
一組の親子が、ランチ持ち寄り約束だったのに手ぶらで来た。 
取り敢えずBとする。 
『持ち寄りって見栄えさせるのに、皆買ったりしてんでしょ?うちも、途中で買おうと思ったら、あなた(私)んちのまわり、安い店ないから諦めた~』 


 
続きを読む

738: 名無しさん@おーぷん 2014/12/25(木)11:17:29 ID:4EZ
俺の勝手な冷め

元カノはめっちゃいい子で金銭感覚の狂ってない子だった
食事の会計でも必ず毎回財布を出し俺がいいって言っても
小銭を出したり次の店のお会計を出してくれたりする
可愛くて気が利いてむちゃくちゃ好きだった
ある日彼女の誕生日の予定を立てようとすると、
「いつもご馳走になってるからプレゼントとかいいよー」と言われてしまった
でもいやいや、誕生日だしと思いその日いつもの居酒屋に行く予定をサプライズで変更して
ちょっと辺鄙なところにある隠れ家的イタリアンに連れて行った
その道中なんだが、「え!?どこいくの!?」とワクワクしてくれてて
途中まですごく楽しかったんだが突然
「わかった!あそこの????っていうイタリアンでしょ!」
とバレてしまった。それが凄く衝撃だった

叩かれるかも知れないがいつも居酒屋のホッケを美味しい美味しいと食べる彼女が
俺が調べ尽くして聞き込みしまくってなんなら一人でリサーチにも行った店を知ってるなんて思いもよらなかった
しかも「うわ~2年ぶりかな~昔よくランチ行ってた」とまで言う
なんというか、彼女は贅沢しない人だと思ってたんだけど彼女の知らない一面を見たというか
すごい急激に冷めた

その後もむちゃくちゃお洒落なカフェを知ってたり
車で2時間かかるのに行きつけの美容院が神戸だったりと
なんだか描いてた彼女像が崩れ始めて好きじゃなくなった
最後もうお金払うのがなんだか嫌になってだんだん奢ったりせずダラダラと付き合ってたら
「理由は知らんけど私のこと嫌いになったでしょ。別れましょう」
と言われて振られた
なんか結局奢らなかったら振られるんだなと思い
女って賢いなと痛感した

続きを読む

3: 名無しさん@おーぷん 2014/12/21(日)14:40:42 ID:a3L
1おつですん

誰もいないようなので自分の軽い修羅場でも

小学の終わりから中学の終わり頃までいじめられていた
危害を加えられる系の壮絶ないじめではなかったが周りから格下に見られまくり
たぶん自分より下の人間を作ることで安心する人種だらけだったんだと思う
自分は良い意味でも悪い意味でも周りを気にするタイプではなかったので
はいはい自分より格下がいると安心しまちゅねーwwwと
適当な生活を送っていた

しかし、私とほぼ同じ立場だったAが高校ではリア充になりたい!
他人から見下されるだけの生き方はもう嫌だ!
だから勉強一緒に頑張ろう!
高校受験1ヶ月前くらいに自分が同じ高校を受けると知って言ってきた

受験予定の高校は県内でも下から数えた方が早い有名なバカ高
勉強教えて!と鼻息荒く家に呼んでくるAとA母
Aのことは嫌いじゃなかったし、バカ高だから特別な勉強もいらない
小学生~中学一年くらいの知識と計算力があれば余裕

だがAはすごかった

続きを読む

このページのトップヘ