せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:思い出

news_xlarge_shinyashokudo_201504_003

235: 名無しさん@おーぷん 2017/07/13(木)21:29:38 ID:fGV
昔近所にあった食堂のご飯がとても美味しかった。
小さい古い食堂で、老夫婦が経営していて15年前に閉めてしまった。
玉子丼もカツ丼も饂飩もオムライスも、本当に美味しかった。
再現しようと色々頑張っているけどどうしても出来ない。
行列のできる店や老舗の洋食屋も行ったことがあるけど、あの食堂の方が美味しい。
思い出補正もあるんだろうけどね。


続きを読む

ダウンロード (1)

832: 名無しさん@おーぷん 2017/06/12(月)10:07:13 ID:NaB
私には才色兼備な親友がいる
高校の頃、教室に入ろうとしたら親友がクラスの女子達に詰め寄られていて自分は廊下で立ち聞きという漫画のような出来事があった
見た目も成績もイマイチな子を引き立て役にしていて性格悪いという言い掛かりで
引き立て役とされた私(以下A)が出るに出られず固まっていたら親友は
「上っ面しか見てないあなた達と一緒にするな」
「私にとってAはあなた達よりずっと魅力的だ」
「Aは博識で話が楽しいし頭の回転も早いから勉強嫌いなだけで自分より聡明だ」
というようなことを言い返してくれた
その後どうやって教室に入ったのかは覚えてないけど
彼女の言葉がすごく嬉しくて、でも努力していない自分が恥ずかしくて
身なりに気を付けるようにして勉強も頑張るようになった
お陰で見るからに冴えないキャラからは脱出できたし就職も資格試験も彼女の言葉を支えに頑張れた
親友の結婚式に感動して記念カキコ
続きを読む

悩む 女性2


1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/08(土)13:19:18 ID:IgC
子供のときから大事にしている布がいまだに捨てられないのとないと落ち着かない
相手には存在だけ話してあるんだけど恥ずかしくて見せられない

続きを読む

ガンダム


1: 名無しさん@涙目です。(茸)@ [ニダ] 2017/07/05(水) 00:14:57.59 ID:TzUlvRx00 BE:759857947-2BP(1500)
 父親が大切にしている「思い出のガンプラ」を、家族や芸能人が寄ってたかって「捨てる」よう強要する――。
2017年7月1日放送のバラエティー番組『今日で捨てましょう!』(テレビ東京系)で、こんな場面が放送され、
インターネット上で物議を醸している。

 番組では、ガンプラを捨てたくないと主張する父親に対し、出演者らが「死んだらただのゴミ」などと説得していた。
こうしたシーンを見た視聴者から、「こんな酷い番組、生まれてはじめて見ました」など不快感を示す声がネット上に相次いでいるのだ。

■「私にとっては価値があるものなんです」

 『今日で捨てましょう!』は、テレ東系の『土曜スペシャル』枠で7月1日に放送された特別番組。
「捨てたくても捨てられないモノを今日で捨てましょう!」をコンセプトに、廃品回収ワゴンに乗り込んだ出演者が一般視聴者からの依頼に応えていく内容だ。

 その中で取り上げられたのが、「父親のガンプラを捨てて欲しい」という依頼だ。
これをリクエストしたのは娘(10)と妻(44)で、捨てたい理由については「けっこう古いし、ホコリも被っているから」と説明していた。

 この依頼を受け、お笑い芸人の千原ジュニアさんら出演者は父親(52)の元へ。
ジュニアさんが「(家族が)ガンプラ捨てたいって言ってます」と単刀直入に切り出すと、父親は、

  「いや、えっ...!?  どんな話になってるんですか?」

と困惑。続けて、「全然ありふれているものなんで、価値はないと思います」としつつも、「私にとっては価値があるものなんです」と訴えていた。

 そこで出演者らは、鑑定人とともにこの一家の自宅へ向かい、ガンプラの価値を鑑定することに。
父親が集めた段ボール1箱分のガンプラは、いずれも組み立て前の未使用品だったが、鑑定の結果はいずれも数百円とされた。

 こうした結果を踏まえて、家族や出演者が改めて「ガンプラを捨てるよう」求めると、父親は、

  「価値がないのは分かっているんですけど、自分なりの思い出があるので...」

とポツリ。さらに父親は「いつか作る機会が来る」とも続けたが、妻と娘は「(作る機会は)ないと思う」「100円でも売っちゃえ」などと説得を始めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170703-00000009-jct-ent


続きを読む

ダウンロード (2)

264: 名無しさん@おーぷん 2017/05/15(月)01:57:45 ID:iRr
私が母から料理を教わったのは小学校低学年の頃。
初めての料理は今でも忘れられない、おにぎりと卵焼き。

母が作るおにぎりは厚みがあって三角の部分も丸っこくて
当時やってた日本むかし話に出てきそうなおいしそうなおにぎり。
母に教わりながら自分も同じように握ろうとしたんだけど
出来上がったのは薄っぺらくて角も鋭角な、
今で言うコンビニおにぎりみたいなモノになった。
それはそれでアリだと、今では思うんだけど
子供だった私はお母さんみたいにつくれない~って半べそかいてた。
母はそれを食べて「味は同じだよ」と慰めてくれた。

未だに私の作るおにぎりは角が尖っているし厚みもない。
(ご飯の量を増やしても結果は同じ。)

昨日、娘がはじめておにぎりを作ると言いだしたので付き合った。
私の握っているのを見よう見まねでやらせてみたら、そこには
母と同じ、丸っこくて分厚い、美味しそうなおにぎりが!!
どうやってやったの?と聞いても、ママの真似しただけ…って言う。
なのに「ママみたいにかっちり三角に握れない」って悲しそうな声で言うから味見して
「おばあちゃんとそっくりのおにぎりだよ!味も同じ!!」とテンション高めに褒めた。
「ほんと!?」と、たまにしか会えないけどおばあちゃん大好きな娘は嬉しそうだった。

しかし私は複雑だ。
私がン十年かけて到達できない場所に、娘はやすやすと辿り着いたのだから…
これが生まれついてのセンスの違いなのか。
母に電話したら、
「あんた、スマホでもパソコンでも私よりなんでも良く知ってるのに
まだそんなところにこだわってたの」
と大笑いされた。
でも、私はやっぱり角の丸いおにぎりが作りたいよ…

続きを読む

cbc3c773ed121af47d8f54f0327c9df3

834: 名無しさん 2015/08/07(金)21:02:16 ID:yh6
個人的にすごく感心した思い出書く。
職場の同期入社の男が新人の教育係になったんだけど、その子から告白されて断ったって噂になった。
昼休みになんとなくその話を振ったら、告白されたことも事実だし、振ったのも事実とのこと。かわいい子だし付き合えば良かったのにって言ったけど、ああいう子は嫌って言われた。
「入社して半年経たない内に社内恋愛しようとするのも嫌だし、今30で意味深刻な年齢だし、軽はずみなことはできない」
て、最初はそんな感じの言い分だったんだけど、その後のボロクソ言いっぷりがひどかった。
「あの子ちっちゃい弁当に温野菜とかいっぱい入ってそうでヤダ(茶色いドカベンが好みらしい)」とか、
「休日にカップケーキ焼いてそうでヤダ(お菓子は素人の手作りより買ったほうが美味いって言い分だった)」とか言いはじめて、
最終的には「人間界に来たての妖精みたいでヤダ」「花の蜜とか吸ってそうでヤダ」とかただの言いがかりじゃねえかみたいな感じになった。
まあ生活感がないからノーサンキューってことなんだろうな、って思ったけども、そこまで言わなくてもって当時は感じた。

そっから2年後くらいに同期は結婚したんだけど、「嫁さんがまったく女っぽくなくて最高」って言ってた。
お金にしっかりしてるし、なによりお互いにビシビシ文句言い合えるのが良いんだってさ。
結婚して5年経つけど子供も出来て幸せそうだよ。
で、新人だった子は去年社内不倫の末に慰謝料で火達磨になって退職していった。
ああいうのが見る目があるっていうのかなぁ、ってふと思った。偏見が上手く作用しただけかも知れない。

続きを読む

4528483098124



379: おさかなくわえた名無しさん 2014/11/07(金) 19:45:23.01 ID:piKxaBGl0
大学の頃の話。友人からの思い出話をまとめました。 
全員、同じ大学の学生。 


A子・・・DV被害者。B子と仲がいい。 
A彼・・・DV男 

B子・・・お人よし。見た目清純派美人。 
B彼・・・成績優秀。生真面目。まずまずイケメン。 




続きを読む

12dh94000013qsmm



48: おさかなくわえた名無しさん 2005/04/17(日) 20:07:28 ID:02Lv1EyF
他の部署の購入したパソコンの設定を総てやらされた。 
LANの設定もしてない会社だからデータの移行がメンドクサイ。 
ネットもISDNで、TAからインストールしなくちゃならないし 
スカジーも前のパソコンから取り外してつけ直させられた。 
なんか非常に侘しいし虚しい一日だった。



 
続きを読む

21861706_PW36

446: 名無しさん  2017/02/21(火)15:58:34 ID:0X9
産まれてから一番最初の記憶が、薄暗い所からめっちゃ眩しい所に出されて
笑顔の男の人と晴れた空、ピンク色の花だった
って話を親にしたんだけど、そんな訳ないでしょといつも鼻で笑われる
だけどアルバムを見たら、私が母親に抱っこされてしかめっ面
晴れた空の下ピンク色の花が咲いてる場所での写真が残っていた
状況を聞いたら、車の後部座席で母親が私を抱っこして、父親が運転手でドライブ
ピンク色の花が咲いている場所が綺麗だからここで写真撮ろうと車を停め
車から母親と一緒に下りた私の顔があまりにもしかめっ面だったから
面白がった父親が写真を撮ったらしい
「それだよ!私眩しかったんだから!」と言っても両親は信じてくれない
でもなんか記憶がカチッとはまった感じですっきりはした

続きを読む

このページのトップヘ