せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:心配

1579995f

573: 名無しさん 2015/06/26(金)16:27:39 ID:Tmc
もう10年近く前の事なんだけど俺のスレタイ話。
あの当時は婆ちゃんと一緒に住んでたんだけどうちの婆ちゃん、「ネズミのため息で吹き飛ぶ婆さん」なんてあだ名が付けられる程に小柄で細身な、しかも何故か常にプルプル震えてる人だったんだわ。
足腰も悪くて、1m歩くのに2分はかかるんじゃないか?wぐらいの速度でしか歩いてるのを見た事もなかった。
そんな婆ちゃんが、俺が車に轢かれそうになってるのを見て慌てたんだろうな。
愛用の杖を投げ捨てて全速力でやってきて俺を突き飛ばしたんだよ。
俺はおかげで右腕擦りむいただけで済んだけど婆ちゃんは車にクリティカルヒット。
昔の記憶だから多少盛ってあるだろうがたぶん5mぐらいは飛んでってた。と思う。
婆ちゃんが飛んでる姿をを見ながら、(これ婆ちゃん死んだんじゃ!?)とgkbrしたんだけど、婆ちゃん地面に落下後即俺のとこ来て「生きてる!?かっちゃん腕怪我した!?顔色も悪いね!?おおごとだわ!」って顔真っ青にしてた。
ご近所が呼んでくれた救急車で2人仲良く運ばれたんだけど、救急車の中でも「かっちゃんは大丈夫!?かっちゃん生きてる!?」って暴れてたらしい。
ちなみに婆ちゃんは今も健在です。

続きを読む

img_5704-1

133: 名無しさん 2015/08/26(水)22:04:04 ID:X6r
待ち合わせで4時間以上も待たせたのにキレない友人
まだ高校生の時に友人と遊びに行く約束をした
待ち合わせは10時に駅前

約束の日
俺は自営業の親に急な来客があるから手伝えと叩き起こされた
この時点で寝惚けてるのと手伝いで約束の事が頭から抜け落ちた
携帯は部屋に置きっぱなしで俺が約束を思いだしたのは手伝いが一段落した14時過ぎ

以下、14時過ぎに携帯を確認した時に友人から30分置きに来てたメールの内容(うろ覚えだけど)


10時  駅前のベンチにいる!
10時半 遅刻か?待ってるからゆっくり来いよ!
11時  おーい?何かあった?連絡くれると安心できるんだが。
11時半 駅前の喫茶店にいるから、着いたら連絡よろしく!
12時  大丈夫か?一言連絡あると安心できる。
12時半 駅前うろうろしながら待ってるから、着いたら連絡よろしく!
13時  来れないなら連絡を頂けると助かります。一応、待ってます!
13時半 事故とかに遭ってないよな?大丈夫?着いたらら連絡くれ。
14時  本当に大丈夫か?何でもいいから一言メールくれると凄く安心するんだが。

俺 ごめん!家の手伝いで約束忘れてた!
  今日は無理!
  連絡遅くなって本当にごめん!

友 よかった!事故に遭ってないかドキドキしてた!
  また時間が出来たら遊ぼう!
  駅前うろうろ出来て面白かったし俺は大丈夫だから手伝い頑張れ!


後日、学校で時間を無駄にさせてごめんって謝ったら
17時まで待とうと思ってたから3時間近く無駄にならなかった!
忙しいのに連絡ありがとう、こっちこそ事情をしらずに何度もメールしてごめん!
と逆に謝られた…俺の友人は聖人か何かか

続きを読む

_SL256_

479: 名無しさん 2015/08/08(土)08:20:57 ID:iXy
うちの母は兄を超溺愛している。
兄が結婚した時、正直言って「息子を取った!って嫁いびりするんじゃないかなー」と心配だった。
でもそれは杞憂だった。母はびっくりするほど良い姑になった。
実の娘のように可愛がった。本当の実の娘である私のことは相変わらず空気だったがw
同居したがるとか、盆正月に無理に呼び出す事もなかった。

しかし3年ほどして兄が浮気した。
兄嫁がどうと言うんじゃなく、単純に新鮮味がなくなった、飽きたってことらしい。
浮気がバレた時、兄は堂々と
「他に好きな人ができたんだからしょうがない。経産婦の妻はもう女として見れない。
妻が許さないというなら仕方ないから離婚する。父さん母さん弁護士頼んで」
と実家に言いに来た。
父も私も兄も、いつものように母が「息子チャンはしょうがない子ね~ハイハイわかったわ」と言うと思った。
しかし母は泣いて怒り、兄をクイックルワイパーでどついて追い出した。

泣く母の背中をさすっていたら「娘ができたみたいで嬉しかったのに」と言われ、内心修羅場というか複雑。
いや、娘(私)は21年前から一応いますが…
母の脳内で、いったい私の存在はどういうことになってんだろうか。

続きを読む

ダウンロード (8)

4: 名無しさん 2016/05/12(金)20:27:43 ID:iZU
早速ですが…
友人の神経がちょっとわからん。

私の夫は飲食店勤務(オーナーではない、調理人)
友人はその飲食店のすぐそばに住んでいて、よく利用してくれているようだ。
ある日、そこから少し離れた所に似たような業種の飲食店がオープンした。
(同業他社みたいな感じ)
まぁ、ライバル店になると思われる。

そこから、何が気になるのかしょっちゅう「大丈夫?」と言われるようになった。
「○○(新しくオープンした店)はお子様サービスが人気みたいよ、大丈夫?」
「○○行ってきたけど凄く混んでた、そっちは大丈夫?」
「売り上げとか落ちてない?大丈夫?」

心配してくれてるのかもしれないけど、あまりに毎回言われるからうざい。
本当に余計なお世話だよ…そんなに夫の働く店の売り上げが落ちてるのか気になるのかなぁ。
今のところ、特に売り上げ落ちてるとかはないらしいし、そんなの夫を含む店の人達が色々対策してるだろうし。
大きな国道沿いだから、ライバル店は凄く多いから似たような事は前にもあったし。
毎回「大丈夫みたいよ~」と返しているが何がしたいんだろう。


続きを読む

images

537: 名無しさん 2016/05/14(日)20:28:15 ID:wYy
愚痴です
4月から彼氏と同棲してる
毎日というわけじゃないけど、彼氏が真夜中に泣き声と言うか呻き声をあげる
起きてる訳ではなく、いびきもかくことないのに週1あるかないかぐらいで泣いてる
絶叫とまではいかないけど結構大きい声だから起きちゃうんだよね

本人は心当たりないみたいだけど何かストレスになってるのかな


続きを読む

11c25b8837942822b4f0074c6e0bef7d



267: おさかなくわえた名無しさん 2005/07/16(土) 18:21:58 ID:0m7+Rpxq
今日冷めました。 
昨日、会う約束をしていたのですが、具合が悪くて断って 
家で寝ていました。その時も「大丈夫?」の一言もなく、 
「久しぶりなのに!?」とずっと言っていたのでムっとしていた 
のですが、それどころではなき程気分が悪くてスルー。 



続きを読む

2056534_201507240169212001437688819c

883: 名無しさん@HOME 2013/09/13(金) 00:12:12.68 0
スカっとするかはわからないけどプチ投下

義兄が去年結婚して、今年の正月に初めて私&夫、義兄&義兄嫁(どちらも子梨)が義実家に集結した
トメは普段から絵に描いたような嫁いびりトメで、口を開けば「最近の娘は気が利かない」「目上の者を尊敬する気持ちがない」
嫁は自分の召使いで言う事聞いて当たり前、アテクシがきっちり躾けてどこに出しても恥ずかしくない嫁にしてやってるんだからありがたく思いなさい、って人
こっちはもうあーはいはい、ってスルーしちゃってるし遠方でそんなに関わる機会もないからまだいいんだけど、長男の義兄夫婦は同居しろとか絶対言われそうで
義兄嫁さんの待遇が心配だなーと思ってたら案の定、トメのいびりがどばっと出る出る

義兄夫婦が到着するなり「将来同居するんだから家のしきたりは今からしっかり覚えておきなさい」
「今から家中の掃除をしなさい」
「これくらい○○家の嫁なら当然」(トメさん普段掃除してないじゃないすか)
「長男の嫁として恥ずかしくないように躾けてやってるんだから感謝しなさい」

おいおい正月早々何言ってくれちゃってんの、と援護射撃しようとしたら義兄嫁が初めてTDLに来た乙女みたいなテンションで
「うわぁーー!本物ですね!本物の嫁いびりですよねこれ!お義母さん、ドラマみたいですよ、ドラマ!」
「本物の嫁いびり姑!うわぁーすごいなぁー本物だぁー私ほんとの姑見るの初めてです!」

トメ含め全員( ゚д゚)ポカーン
その後トメと義兄嫁さん以外全員爆笑、トメは「目上の者に向かってふじこふじこ!」って怒ってたけど、義兄嫁さんは「え、なんで?なんで笑ってるの?」と見事な天然っぷり
結局「初婚だから姑が初めてなのは当たり前だから笑われた」という解釈に至ったようでしたが、今思い出してもあのトメの虚を突かれた顔は笑える

続きを読む

7f4c848635596021b26926c737d7e35d_s-e1414391217632

104: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/01(火) 16:07:16.19 ID:+u1PIsjw
怒りと哀しみが多少なりともおさまってきたので、ここに書こうと思う。
8月に他界した父のこと。
癌で余命が長くないことは本人もわかっていたので、父は公証役場で遺言を取り、
利害のある親戚一堂を病室に呼び、遺言の謄本を配布した。
自分の資産が後に仲違いの火種になることを心配してのことだ。
内容は法定相続に近いもので、子供の自分から見ても妥当なものだったと思う。
しかしそれを見た父の兄の嫁の認識は違った。その日から毎日病室に押しかけ、
一日中父に「取り分が少なすぎる。遺言を書き直すべきだ。今なら間に合う」と
毎日枕元で訴え続けた。
「今なら間に合う」という言葉はあまりにも配慮のない言葉だと思ったし、父も
辟易していたので、やめてくれと頼んでも「我々も将来がかかっている。
不当なものは不当だ。あなたたちは遺産が減るから止めるのだ」と譲らない。
さらには「自分毎日は誰よりも長い間この病室にいる。あなたたちは思いやりがない」
など言い出す始末。
結局父は頑として遺言の書き直しを拒んだが、一番恐れていた血縁者の争いを
人生の最後に目の当たりにさせてしまい、本当に申し訳なかったと思っている。

ちなみに父の兄の嫁は告別式にも葬式にも出席しなかった。

続きを読む

このページのトップヘ