せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:彼氏

13353
222: 名無し 2015/10/09(金)00:43:33 ID:i09
夜中にこっそり吐き出させてほしい。
今でもトラウマになってる。
現地妻ならぬ現地彼女にされてたのが発覚した時が修羅場。

書き込むの初めてだから色々不手際あったらすみません。

私(当時19、大学2年)…チビ
男1(仮にAとする。19)…糞男。
男2(仮にBとする。19)……Aと仲良し。

スペックは全て当時のもの。
AもBも地方勢で下宿組

私、A、B、B彼女は同じサークルの中でも気が合う方でよく4人で遊んでた。
Aとは2人で出かけたりお祭り行ったりして、友達以上恋人未満……みたいな状態。

ある日「私と付き合ってほしい」と告白。Aも笑顔で「俺から言おうと思ってたのにー!」と言ってくれて、抱き締められた。
大学まで彼氏がいなかった私は本当に嬉しくて、泣いてしまったほど。

BもB彼女も祝福してくれた。

付き合いはじめて3ヵ月。
私が彼氏という存在に慣れてなかったのもあるけど、Aとは手を繋ぐ程度。キスはたまにほっぺにされるぐらい。体の関係はなし。
Aは地方出身で下宿してたから、私が部屋にお邪魔してご飯を作ることもあった。
ただお泊まりは私が恥ずかしかったから終電にはちゃんと乗ってたけど。

言い訳じゃないけど、部屋見ても彼女がいるって連想させるようなものは何もなかった。本当に何にも。

転機は付き合って半年ほど経ったとき。
突然Bに話があると呼び出され、合流してファミレスへ。

「ごめん……こんなこと言うの俺も辛いんだけど……A、彼女いるっぽい。」

私ぽかーん。
え?彼女?私じゃなくて?

話をまとめると以下の通り。
ある日夜中にAの部屋でゲームをしていると突然Aの携帯に着信。
微かに聞こえてくるのは明らかに女の子の声。

で、Aを問い詰めると。
・中学3年から付き合ってる彼女がいる。
・彼女はA地元の専門学校へ。
・遠距離に耐え切れない……そろそろ別れようと思った時に私の好意に気付き、乗り換えようとした。
・私と付き合い始めたはいいけど、やっぱり彼女とも別れたくない!
・あれ?別に彼女と私が会うはずもないんだし、私にはこっちでの彼女(つまり現地妻ならぬ現地彼女)になってもらえばいいんじゃね?

ってことらしい。

続きを読む

i-502765264-1200-1200x817
809: 名無しさん@おーぷん 2015/11/21(土)05:51:59 ID:8M5
かなりちょっとした話だけど。

当時同棲して二年目に入った彼に別れを告げられた。
理由は
「結婚しないといけなくなった」

言葉の選び方がとてもおかしいので事情を聞き出してみると、つまるところ驚くほど完璧なテンプレ相談女に引っかかったらしい。

古くからの付き合いの子らしいのだが、家庭環境に問題があるらしくうつ病を患っており、前々から相談に乗っていた。
私は私で存在や軽く事情を聞いてはいたが女とはいえ幼なじみ。
古くから付き合いのできる友達がいることはいいことで、その友達が困っているんだからと何も考えていなかった。

彼は彼女に
「私、街を出て姿を消す。捜さないで。それか結婚して。」
と謎の決断を迫ったそうで…

どんなだwwwwwwwwwwwwwww

と爆笑。
振られた側という自分の立場を忘れてマヌケだと彼をpgrしまくった。

・そんなヤツはタヒなねーww
・あたちたんいっちゃゆよ!おいかけてきてくれりゅよね!とかバッッッッカじゃねーのww
・てゆか実家に問題あって鬱なわりにこんな歳になっても実家出ないし
(登場人物全員それなりの歳で、搾取なんかはなく自由に出来るお金はちゃんとある。車なんかも買ってる)
よその彼氏奪い取る元気あったらまず自立しろって話じゃんww
・消えるか結婚の二択って脅しにしても雑すぎるwwツッコミ待ちかよwwww
・何言い訳に利用されてんのwどーせもう彼くんしか信用できない!とか言われてるんでしょ
テンプレじゃねーかハナホジ

彼の目が覚める決め手になったのは
「あなた、仕事大好きなのに鬱の子の面倒みれんの?
仕事中に帰って来てくれなかったらもう消えるって言われて抜け出せんの?wwww
友達命!の男が缶詰めなって寄り添う毎日送れるの?ww
結婚するんならその子が治るかどっちかタヒぬか離婚するかしか終わりはないけどその人生チョイスであってんの?誰が幸せなるのそれ」
という言葉だったよう。

結果、べつに別れるんなら別れるでいいけど、という私の元に即日で勝手に帰って来ました。

その約4ヵ月後、例の女が別の地元の人と結婚wwww

彼にとってはそれが修羅場だったらしく青くなって
「ほんとに私子の言うとおりだった…ごめん。学んだ…」とww

私の修羅場は「ほんとは私子って口悪いんだね…」と築き上げた猫かぶりが崩壊したことです。
あー…ですますが口癖のかわいい彼女ちゃんでいたかった…

続きを読む

angry4
821: 名無しさん@おーぷん 2015/12/14(月)11:00:02 ID:hlB
大学1年の時クラスが同じだっただけの知人A子にやたら絡まれる。
絡んでくる理由は知らない。
私は1年の頃彼氏がおらず、A子には彼氏がいた。
「女は尽くしてナンボ」という価値観らしいA子は
「彼氏に毎食手料理を食べさせてる、お風呂で背中を流してあげる、
コーヒーには必ずあらかじめ彼好みの分量の砂糖とミルクを入れるのが女のたしなみ」
という自慢?を延々と私に対してしてくる。
別にそれはA子と彼氏の間で満足していればいい事なのでヘーホーフーンと聞き流した。

3年になってゼミに分かれ、A子とまったく接点がなくなった頃、私に彼氏ができた。
別に隠してなかったからA子の耳に入ったらしい。
お昼を食べてたらA子が寄ってきて「どうせ尽くしてないんでしょ。あたしみたいにやれてないでしょ。
すぐ振られるよ」と一方的に言い、鼻で笑って去って行った。
A子を知らない友人が「何あれ?」と驚いていた。

続きを読む

キャプチャ-62 (1)
870: 名無しさん@おーぷん 2014/12/15(月)10:18:24 ID:Vk1
今日から無職になった記念に。
私は32歳で、営業と販売のデータ管理と営業事務をやっていたんですが社内恋愛のいざこざでやめました。
大体私の部署には10人程度の人間がいて、まあ私はお局的立場で自分で言うのもなんだが、
仕事ではかなり評価されている方だったと思う。
話はそれるけれども、私は同じ社内の営業の4歳年下の男性と付き合っていた。もちろん会社には隠してた。
やっぱり私の方がキャリアが長いのと、データ管理もしていたので彼の仕事のお役には立てていたと思う。
日によって彼が私のマンションに来たり、私が彼のマンションに言ったりと行き来していたんですが、
去年の年末あたりから彼の大学の後輩が彼に就活の相談を持ちかけるようになり、私と会っているときでも
電話で相談を受けたり、メールをしたりとなってきた。そして就活の宿代わりに彼のマンションに
泊まったりするようになった。
後輩が泊まる時は彼は私のマンションに泊まりに来てたんだけど、私は後輩が女性ということもあり、
彼にはこういうことはやめてほしいと言っていた。
彼は私が就活で不安な若い子に冷たいとかいろいろ言われたりしたこともあって、
なんかぎくしゃくしているうちに彼が彼女と浮気をしてしまった。
正直なところ、もうこうなる予感はしてたので別に驚かなかった。
彼は私のことが好きだから別れたくないと言ったけど、私はもう彼に付き合うことにつかれてしまって
やり直そうとは思えなかったので、そのまま別れることを押し通した。
その後しばらくして彼は胃潰瘍で入院してしまった。そして彼は私お隠れてつき合っていたが、
別れたということを自分の同僚に話した。もちろん私が浮気を許さず別れたことも。
結果、私は営業部の彼の同僚や上司からつるし上げられるように責められ、
営業事務の女性社員の半分VS営業の彼と仲の良かった男性社員と残りの営業事務女性社員との対立に張ってしてしまった。
彼が倒れるほど悩んでいるのに許さない私は完全に悪者で、お局が若い年下の男性社員を食ったという話になって
会社中に広まってしまった。それからは針のむしろで、私もたった半年で8キロもやせてしまった。
仕事もしにくくなっていたところに、私をかばってくれていた上司が転勤になって、営業部の部長が私がいる部署も管理するようになってしまい、
仕事を続けることが難しくなった。
もうすべてが嫌になったので辞表を出して残りの有給を消化して、本日付で退職と相成った。
今日からは業務の問い合わせの連絡は一切受けないことにした。
データ管理にしても営業事務にしても私でないと判らないことが多いようで休みの間も連絡が頻繁にあったけど、
退職したんだからもう関係ないと思う。一応引継ぎはしたけど、やめるころには一部の女性社員を除いては、
私のことをハブってたからろくに引き継ぎもさせてくれなかった。
同業他社から声もかけてもらってるので、年明けからまた働くつもり。
あんな会社はつぶれればいいと思う。
ついでに私の元彼と浮気した女には彼の入院直後に呼び出され、「あんなにあなたのことを愛してくれてるのに、
どうしてやり直してあげないんですか?」って責められたから、「あなたのせいで別れたのに何言ってんの?
のしつけてくれてやるから、大切にしてやれば。」と言っておいた。
その後彼女は献身的に彼を看病してたようだけど、結局最初に私を責めた彼の同僚に彼のことを相談しているうちに
その人と今つき合ってるらしい。やっぱり相談女ってすごいな。
彼からは何回かメールでやり直してほしいときてたし、何度かマンションで待ち伏せもされたけど、
警察にストーカーの相談をしておいた。その後警邏中の警察官に注意されてからは付きまといもなくなった。
今日から大掃除して心機一転がんばろうと思う。
なんか取り留めもないことを書いてしまって、ごめんなさい。

続きを読む

o0460027612763303539
315: 名無しさん@おーぷん 2016/08/10(水)07:09:59 ID:l6h
復讐と言っていいか分からない感じの話
詳細は省くけど友達の彼氏がDV男だった。暴力の内容は殴る蹴るに留まらず、全裸でベランダの外に出す、行為中の写真を顔を隠してDV男の友達にメールで送る、○キロまで痩せないと別れると脅す、みたいな精神的なものもあった
で、まぁお決まりの「●●にも良いところはあるから…」「私は●●を愛してるから…」みたいな押し問答を繰り返して周囲の人間は呆れて去っていき、ズルズルとDV男と付き合って、とうとう骨にヒビが入る事態になって私に泣き付いてきた
私も私でこの友人を見捨てられずズルズルと友人に関わり続けていた。
正直もっと早く別れを決意してほしかったけど、折角その気になってくれたのに決意を萎えさせるのも嫌だったので文句は言わなかった
とりあえず「直に会って別れ話したら激昂して何してくるか分かんないからメールで別れを告げろ。返答によっては警察コース。それとしばらくはあんたのお兄さんに護衛してもらえ」と言ったら
「でも、それでも一度は好きになった人だから、ちゃんと顔を合わせて別れを告げたい」
とのこと
この時点で面倒臭さMAXだったけど、投げ出すのも後味悪いので、友達、私、私の彼氏の3人でDV男と人の多いファミレスで会う手筈にした
何かあった時のために、話し合いが○日の●時からファミレス行われることから後から連絡がなかったら警察に連絡してくれ~とファミレスの近所に住む友達に伝えておいた
彼氏は快く了承してくれた。何かあったとしても二次創作のネタになるからって
DV男には別れ話であるということは伏せて「大事な話がある」とだけ伝えるように友人に指示。DV男が了承したのでその日の晩に話し合いを決行することにした
待ち合わせの時間になってもDV男がやってこないから先に店に入って待った
友人は怯えた様子だったけどうちの彼氏が慰めてくれたおかげで落ち着きを取り戻した。
20分ほど遅れてやってきたDV男は意外にも弱そうな外見だった
ヨレヨレのシャツに包んだ身体は細く、澱んだ目とボサボサの髪と締まりのない顔とモソモソとした声、典型的なオタクっぽい男だった
友人から聞かされたDVをこの男が行ったとは思えなかった
暴れられることを覚悟していたけど男は大人しく席に座り話し合いは始まった
こちらが用意してきた質問と主張は30分程度で片付いた。
こういった暴力があったのは事実ですか?○円を借りたまま返していないのは本当ですか?みたいな質問に、DV男は猫背で座ったまま頷いていた
彼氏はすっかり警戒が緩んでドリンクバーから取ってきたメロンソーダとコーラを混ぜていた
事実確認が取れたところで「○○への暴力は友人として看過できない。○○も貴方と別れたがっている。○○とは別れて頂けますね?」
と刺激しないように柔らかい声色で尋ねた
すると男は顔の筋肉をグニョリと曲げて、上目遣いになって濁った声で
「だが、ここは日本だ。弱者は救われぬ。諦めるんだな」
と言い放ち、それからアゴを天高く上げてドヤ顔になった
男の豹変にはびっくりしたけど、ここで黙ったら形勢が不利になると思って、特に何も考えずに
「えっ!”ここは3年2組だからいじめは許される”みたいな理屈が通じると思ってるんですか??」
と言い返した
そうするとDV男は俯いて黙ったまま髪を弄り始めた
20秒ぐらいたってから「んん」とも「ぐぐ」とも聞こえる声を喉の奥から漏らしてDV男は立ち上がった
彼氏は私たちを守る体勢で身を乗り出してくれたけど、DV男は何もせず何も言わずに帰ろうとした
ドリンクバーの代金払えやと言いたいところだったけど我慢して「もう○○とは別れるということで宜しいですね?」と去っていく背中に尋ねた
DV男は「んん、あ、はい」と言って帰って行った
歯切れの悪い終わり方だったけど、言質は取り付けたということでその日はお開きになった
友人は「ふぅ~よかった~」とお礼の一つも言わずに帰っていった。まぁいいけどね

友人が言うにはどうも私はこのDV男の地雷を踏んでしまったらしい
DV男は小学3年生の頃、いじめとまでは行かないけど話し相手が一人もいない一年間を過ごしたんだって
流石に2組なのかまでは知らないけど
まぁこっちとしてはそんな暗い過去なんか知ったこっちゃない
友人と同じバイトしてたみたいだけど(友人とはそこで知り合ったらしい)そのバイトも辞めたようだし、友人も付きまとわれてはないみたいなのでめでたしめでたし

続きを読む

16357537_9353-1024x683
142: 名無しさん@おーぷん 2017/03/17(金)23:34:14 ID:bJD
結婚を意識した彼氏と同棲した
車がなかったから利便性のいい駅前のアパートを借りたんだけど、どこも高くて狭くて安いアパートしか借りられなかった
私は身長140しかないんだけど、そこのアパートは狭い分高いところの収納が多くて届かないところが多かった
狭すぎて三段とかの踏台は置けず、彼氏には私が使うものは高いところに置かないでねとお願いしていた
なのに身長178センチの彼氏は平気で高いところにものを置く
土鍋をキッチンの一番高い戸棚に置かれたときは危険だしとってとお願いしたんだけど
「めんどくせーな」「チビってほんと面倒」と彼が暴言を吐くこともあった
同棲して一月くらい、私のティファールのケトルをキッチンの高い棚に置かれて、とってとお願いしたのにスマホに夢中で無視された
置ける台を置いたのに届かなくて、出勤前に焦っていたから、ジャンプした途端足元が崩れてガラスを割って転倒した
ものすごい音がした
隣の人が「大丈夫ですか!?」とインターホンを押すほど
気づいたら腕が手首から肘まで切れて流血してた
彼氏はそれを見た瞬間「何してんだこのマヌケ!ボケが!死ね!」と怒鳴った
それを聞いた隣人がDVだと判断して警察呼んで事態が大きくなった
駅近だから交番も近くにあったので、五分か十分程度で警察もきて、警察が私の怪我を見て救急車を呼んでくれた

その後色々あったけど、警察に話を聞かれているときも彼氏は私のことをずーっと悪く言ってて、氷点下どころか殺意まで湧いた
彼のご両親が常識人で入院中に謝罪をしてくれたのは救われた
隣人も彼の態度に怒っていてくれて、人の温かみに涙が出た

退院と同時にすぐ実家に帰った
腕に消えない傷が出来て母を大泣きさせてしまった
なんであんな男と付き合ってしまったのか自分の馬鹿さ加減に苛つく
同棲すっ飛ばして結婚しなくてよかった

続きを読む

1525081261-609bb27c0b04d06ed3a8871bd8b66344-600x400
645: ■忍法帖【Lv=1,ガルーダ,JbJ】 2016/08/05(金)11:44:33 ID:F3L
サークルで知り合った彼と私、サークル仲間6人でお酒を飲んでた時の話
車できた割に浴びるように飲み続ける彼氏、私は彼ほどにないにしてもかなり飲んでた、他のみんなも
代行か一晩置いておくのだろうと思ったが彼曰く「問題ない、運転手はいるから、というか皆送っていく」と言ってる
そして飲み会が終わり解散となったところで彼は私に車のキーを渡して一言「お前が運転しろ」
いや、私お酒飲んでるし、免許まだ無いんだけどと言っても
「そんなの関係ねぇ」「免許持ってる俺が横に乗ってるんだから問題ない」
と話も聞きやしない、ほかの友人も「免許持ってないし、お酒飲んでるから無理でしょ」と言ってくれたのだが
「お前は俺に恥をかかせる気か、運転しろ」の一点張り

埒があかないので彼を放置して皆でタクシーが通る道まで歩いて行こうとしたのだが、途中でドンという衝撃があったと思ったら気がついたら病院のベッドの上
彼は恥をかかされたと車で私と友人たちに車で追突し、逃走、目撃者がいてすぐ通報され御用、その後無免許だったことも判明
弁護のしようがない実刑をくらい、今も服役中正直二度と出て来ないで欲しい

彼両親はまともな方で治療費、その他もろもろ全額払ってくれたが、どこをどうやったらあの両親からクズが生まれたのかわからないレベル

続きを読む

20170125
305: 名無しさん@HOME 2013/11/19(火) 11:27:10.82 0
3か月騙されて彼氏(以後元カレ)と付き合っていたのが最大の修羅場
付き合って3か月たったころに元カレが「女」だったことが判明
性同一性障害で性転換してたよ。見た目も完全に男そのものだし声だって男
身長168ぐらいだったがそのくらいの身長の男はゾロゾロいるし全然気がつかなかった

続きを読む

20140404061028-3077-814_raw
818: 恋人は名無しさん 2012/05/30(水) 03:40:34.82 ID:aEnexhVsO
そこまで修羅場ではないので暇つぶしに、文章は下手くそです

当時の年齢
私22
彼30
A女27

私が一人で部屋にいると知らない女性が訪ねてきた
綺麗で優しそうな人だったので部屋を間違えたのかな?って最初は思ってた
そしたら私の彼は二股してますとか言われた…意味がわからなかった

「えっ…彼の名前は〇〇ですけどお間違えでは…?」って言ったら
「間違いではないです!この間、お前にあきたんだよ、年下の可愛い彼女いるしいらないって言われて…あぁ貴女も知らないんだって思ったら彼が憎くなって…」
この辺でA女さん涙声、突然見知らぬ女性が来て怖かったけど泣かれると焦った

続きを読む

このページのトップヘ