せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:姉

o0250025014057477714



923: 名無しの心子知らず 2013/05/14(火) 09:57:20.57 ID:M3/llBjZ
今の話じゃないけど、大学の頃昔付き合ってた人の妹(私からみたら姉)が、いわゆるヤンママさんで、 
デートのたびに子守りを押し付けられて、 
それを断らない彼氏にも辟易してたことがある(結局別れたけど) 
当時子育てなんて経験ないけど、三歳児連れて公園いったり、子供は可愛いけどデートは毎回大変だった。 



続きを読む

image3 (1)


840: 名無しさん@HOME 2009/11/18(水) 11:43:23 0
ちは逆だったな。とにかく不平等だってのを認めなかった。 
むしろお前の方を可愛がったのに、今でもお前が一番心配だと 
ネチネチ言う。 
姉は子供の頃から美人美人で母の自慢だった。 
自分は美人じゃなかったし色黒でアレルギーで成績も良くなかった。 
常に比較対象。家庭内でも客が来ても姉age自分sageでオチ担当。 
期待かけられて重みにだったとかで、姉は受験失敗し結局高卒。 
結婚後、現在夫婦でニート。 
続きを読む


ダウンロード (75)

276: 名無しさん@HOME 2013/11/11(月) 01:49:48.20 0
単なる義理の仲なのに何か勘違いしているコトメ=旦那姉。
旦那が昔から上から目線の人だから相手にするなと言うけど
相手にしたくなくてもあっちから接触してくる。 
続きを読む

20130821114201-813-862_raw

411: 名無しさん 2015/07/03(金)15:58:41 ID:Wsk
私の婚約者を姉に取られた。
どうもわざと妊娠したっぽい。私と彼は大学の同級で、卒業後も3年ほど付き合って
結婚しようって話になって婚約した。でもある日姉が両親に妊娠したって相手を連れてきた。
私の彼だった。私も両親も、声もなかった。ただ姉はめちゃくちゃうれしそうに
この人と結婚するからって言ってた。私の彼って知ってるのに。さっぱり意味が分からなかった。
彼からは、姉に子供ができてしまったので中絶を頼んだが、私と両親にすでに話しているので、
一度家に来いと言われ行ったら結婚を宣言されたといわれた。
いつから関係していたのかを聞いたら、半年ほど前に会社の帰りに声をかけられ
泥酔してしまい気が付いたら裸でラブホに2人でいたということらしい。
私にばらすといわれずるずると関係を続けているうちに子供ができたといわれたということだった。
結果、姉は中絶は絶対にしないということで結局私の方が彼をあきらめた。
もう10年以上前の話だが、このことをきっかけに私は一人暮らしを始め
両親とも距離を置くことになった。
母親も父親も、結局共働きで放置気味の姉の子のことを放っておけなかったということもあり、
私が家に帰れるような状態ではなかった。
姉と彼は結婚したものの、結局うまくいかず子供が幼稚園に上がるころには離婚をした。
今年になって両親が事故で亡くなった。姉は一人で子供を育てられないから私に一緒に住んで
子育てを手伝ってほしいと連絡があった。もちろん姉の顔も姪の顔も見たくなかったので、
速攻でお断りをした。正直なところ連絡は取りたくなかったがこれ以上粘着されても迷惑なので
彼の実家に連絡を取り、姉からそのようなことを頼まれているが、父親である彼との話し合いをして
私の所には一切連絡をしないような方法を考えてほしいとお願いした。
彼の両親は私からの突然の連絡に驚いていたが、話し合いを持つと約束をしてくれた。
昨日、会社の前で姉にぶんなぐられて、現在被害届の提出を考え中。
本当に自分の姉ながら何を考えているのかが本当にわからない。
いまだに私が独身なのは姉と彼のせいなのは間違いない。よく連絡してくるよなと思う。
それもまるで何事もなかったみたいに、「一人でいるのもさびしいでしょ」みたいなことを言われて殺意すらわいた。
続きを読む

ダウンロード

37: 名無しさん@おーぷん 2014/07/25(金)12:31:54 ID:o4Wq5pcs1
誰も書いていないようなので書かせてもらいます。
俺…40歳 会社員
姉1…56歳 医者
姉2…55歳 弁護士
姉3…53歳 公認会計士

今年の頭に80歳で母親が死んだ。母は、ここ3年ほど心臓が悪くて入退院を繰り返していたが、
俺の嫁と母はあまり合わないようだったので、ほとんど見舞いに行くこともなく、母の面倒は
姉たちが見ていた。そうはいっても、もともとしっかり者だった母なので、一人で実家に
住み続けてた。

俺の姉は3人とも優秀で、3人とも旧帝を出て一番下の姉以外は独身だ。
俺の家は地元に行けば知らない人はいないくらいの商売をしていて、本家筋になる。
俺はいつもきちきちとした母が苦手で、その母に一番似ていた姉1も苦手だった。
姉3人とは別に仲は悪くなかったが、仲がいいってほどでもなかった。
年が離れていたせいもあり、勉強は教えてもらうことはあったが遊んでもらうことはほとんどなかった。
特に一番上の姉は、「きちんと勉強してしっかりした仕事につきなさい。」とよく言われていた。

続きを読む

ダウンロード

687: 名無しさん 2017/06/08(木)01:12:19 ID:Jmm
姉のデキ婚。しかも計画的デキ婚。
姉は高学歴で1000万稼ぐキャリアウーマンだけど、物凄く太っていて30過ぎまで浮いた話がなかった
32で久々に彼氏ができて、同棲するという話になり、実家に同棲の挨拶に来た席で突然の妊娠報告
もう両親もジジババもはあああ?って感じだったらしい
そのまま入籍して結婚して今は二児の母しながら現役でバリバリ働いてる

姉に話を聞いたら、太りすぎて自然には生理がこなくなったからずっとピルを使用してたそう
彼氏ができてお互い結婚を意識するも義兄はロマンチストで
酔っ払った時に「付き合ってから2年目くらいのクリスマスにプロポーズしたい」などと言い出したらしい
その口で子供は最低三人ほしいなどと言っていたらしいが、この時点で姉は32
まず自分の肥満で妊娠しにくい上に、義兄が身体的特徴から精◯が少ない?事が確定だったらしく
この上に2年も待ってられるかと密かにピルをやめて、同棲の話を進めつつダイエットしてたんだって
義兄は子供大好きだし結婚して間違いないと思った、説得するより早いと思った、でもまさかこんな早く妊娠するなんて思ってなかったよーって
確かに実家は初孫、初ひ孫で大フィーバーだったし義兄は子煩悩だし結果オーライなんだけど
我が姉ながらとんでもないことするなと衝撃を受けた
続きを読む

20140407102442-3085-389_raw
391: 名無しさん@HOME 2013/04/25(木) 23:36:34.92 0
どこに書こうか迷ったけどここで。

あぶく銭入って、嫁と二人で住むための家の建築に着手。
嫁と嫁母、俺、俺母で会議の上、嫁と俺と俺母同居。
嫁母はもうちょっと弱ったら合流って話になった。
そんなとき、絶縁している姉が、俺母通じて設計士に接触、家主の俺の許可は得たから、と
2階部分の部屋をすべて設計し直させて姉仕様にさせていた。
母が「自分の家」だと言ったかららしい。
「娘のあたしも権利ある、むしろお前邪魔出ていけ」と現住居の玄関先で言われ俺切れる。
思わずあげかけた手を嫁に捕まれた。
「泥棒に噛みつけますか? それなら庭に小屋でも作りますからご自由に」
「番犬代わりに走り回っていいですよ? ただ、家は汚れるから上げません」
「だけど躾はしっかりさせていただきますよ?」等々、あくまでも人間でもない存在として
おいてやろう的上から目線で淡々と告げる嫁。
「あたしを誰だと」と言いかける姉を遮って嫁
「金持ってないやつに用はない。1000万でも払ってから物を言え! 権利書のどこにもお前の名は無い!」
鼻の先で金属ドアガチャン。
多分顔面ぶつけてるな、姉。
そのあと、俺母滾々と説教したのち、「誰が家主か判らないような脳の持ち主は要りません。出て行って下さい」で
俺母マンスリーへポイ。
設計士には事情を説明し、チェンジ。
気に入っていた土地だが、完成後即売却。
新しい土地と家で、嫁母と3人暮らししています。

今なら笑えるけど、当時一番の修羅場。

続きを読む

o0720042213003173853
15: 名無しさん@おーぷん 2015/12/04(金)14:03:31 ID:0Uq
姉のあだ名が結婚式乞食だと知ってしまった。
ご祝儀を1000円だけ包んで参列して、料理は同じ席の人のものまで「それ食べないなら食べてあげる!」と奪っているらしい。
ドリンクはおかわりしまくって、時には見苦しいほど泥酔してスタッフが別室に連れ出したりもあるんだってよ…。
以前、招待もされていない披露宴に料理目当てで入り込もうとしてつまみ出された事もあってみたい。
あいつほんとシんでくんないかな…。

続きを読む

20150604_0098



27: 名無しの心子知らず  2016/05/09(月) 14:21:33.42 ID:we8KY7Cs
姉が末期のスキルス胃がんと判明した。 
それを知ってしばらく、いきなり義母が健康診断受けなさいとか言ってきた。 
あんたもがん家系だったら大変!孫もいるのに!という気持ちから言ったんだろうな。 

これを言われて、ものすごく怒りこみあげてきた私の感性が変?神経ピリピリしすぎ?


続きを読む

このページのトップヘ