せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:因果応報

ダウンロード (1)

345: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/28(金) 08:59:30.99 ID:A38TTB1L
因果応報なんか無いんだな、と思ったこと

学生時代にバイトしていた先でお世話になったパートさんに、二年ぶりに再開した
ガン治療に定評のある病院に祖母のお見舞いに
行ったら、同じ病棟にいたが、
最初はお婆さんに見えたくらい、げっそり痩せて土色の肌だった
綺麗で穏やかで優しくて、バイトにもお客さんにも評判がよくて、仕事も一生懸命な人だった
末っ子くんが難病を抱えていて、それでも笑顔で働いていた人で、お子さんたちがお見舞いに来ると、あの頃と同じ笑顔になった

彼女を散々イビって、辞めさせることに成功したパートリーダーの女性は、今でもお店にいる
彼女の作った仕事で使うものを捨てたり、わざと違う指示をして客前で叱ったりなんて日常茶飯事、死ねばいいのに、と吐き捨てたりしていた
でも上にはいい顔をする人なので、客に対する態度でクレームが何回もきても、未だにやんわり注意で済むらしい
こちらの女性も容姿は綺麗で、年よりずっと若く見える
自慢の娘さんは、二人揃って玉の輿に乗るのだと、かつてのバイト仲間経由で聞いた
その娘の一人は弟の同級生だったが、支援学級の体の悪い子や訛りのある転校生を、徒党組んでからかったりハブるような、そんな女子だった
夫婦仲はいいらしく、土日は渋いイケメンの旦那さんが迎えに来る

こういうところでよく見る因果応報なんて結局夢の話で、図太く踏みつけていく人が勝つんだなと思う

続きを読む

ダウンロード

391: 名無しさん@おーぷん 2017/09/05(火)12:08:35 ID:VVz
結婚したら、父、母、子で暮らす事が幸せ!祖父祖母はいらん!寄ってくるなの考えの叔父妻。
それを叶えるなら嘘も方便とばかりに、いとこに「祖父祖母は意地悪、けれどそれが普通」「お前のいとこ(私)は息子君が嫌い、近寄ったらいじめられる」とないことないこと吹き込んだ。
そんなことしたら、いとこが結婚したら祖父祖母(叔父夫妻)捨てるに決まってるのにね。そういう教育してるし。

いとこは結婚して県外に、叔父妻は「そんなつもりじゃないの!孫ちゃんに会わせて」とダブスタ乙な事を喚いたが、何がそんなつもりじゃないのか。

続きを読む

gt_img01

926: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/20(金) 16:52:31.59 ID:quBq9zdT
先ほど示談成立したので書く。

苦労して金貯めて買ったBRZを近所のわけ分からん夫婦に強奪されてぶっ壊された。
俺は独身だけど一軒家に住んでいる。
高給取りとかそういうわけでなく、海外赴任の叔父の家に管理名目で住んでいるだけ。
ただ、周りから見たら金持ちの坊ちゃんと思われていたらしい。

それを近所に引っ越してきたばかりの夫婦が聞いたらしく、新車のスポーツカー停まってる→これでデートしよう!
とかいうわけ分からん思考で、ちょうど車に乗り込もうとした俺の後ろから襲い掛かり車強奪。
あっという間に走り去った。

すぐさま警察に電話して来てもらって事情話したら緊急配備しますからということで警察官と一緒に家で調書作り。
そこへ警察官の無線がなって交通事故の速報が入った。
俺の車が大破して乗っていた2人が重体って連絡だった。

馬鹿夫婦は旦那が顔面骨折と指を切断、奥が両足と左腕骨折とかいうざまぁみろ状態。
間接が曲がらないとかの障害が残るらしくて、それで俺の保険使ってくれとか自己中発言する始末。
病室に殴りこみかけて散々罵ってやった。
もちろんこの二人は実刑な。退院してから逮捕された。

んで、なかなか金を払わないので催促しまくって、裁判して差し押さえするぞという通知を出した。
そしたらようやく弁護士通じて今月末までに払うってことになった。
払わなかったら絶対差し押さえてやる。

ちなみにこれが1年近くかかった。最高の修羅場だったよ。

続きを読む

b21e43c3



778: 名無しさん@おーぷん 2016/10/11(火)19:29:28 ID:NMs
コンビニに車を停めてな、右手にゴミをまとめた小袋左手に財布を持って降りたわけさ
ゴミ箱に財布を放り込んで3秒後にアレッ?からの阿鼻叫喚が来たよね…

779: 名無しさん@おーぷん 2016/10/11(火)19:45:19 ID:T5v
外からコンビニにゴミを持ち込む非常識な人には、因果応報だとしか言いようがないわ。


続きを読む

thM6PC37A8
586: 可愛い奥様 2007/09/17(月) 01:38:28 ID:ROUFEzOw0
私が25の時、同い年の幼馴染の女の子・Aちゃんが社内恋愛で東大卒の人と結婚した。
小さい頃はよく遊んだが、別々の学校に進学したりで、その後一緒に遊ぶことは一切なかった。

結婚当初、Aちゃんのお母さんが、普段は挨拶程度のお付き合いだし、別にうちは家に招いてもいないのに、勝手に私の家にやって来て、
結婚式の写真を大量に持ってきて見せ、婚約までのエピや彼の自慢を聞かせたり「Bちゃん(私)は結婚まだぁ~ ?」と得意げに聞いたりしてた。
Aちゃんも私の母に会った時に「Bちゃんお元気ですか?私は東大卒の人と恋愛結婚することになりました。お元気で」と言っていたらしい。

ところが1年後、私の婚約が決まった頃に彼女が離婚した知らせを聞き、お父さんも亡くなられた。
Aちゃんのおばあさんが言うには
「相手の親戚・彼、全員に受け入れられず、結婚して数ヶ月で泣く泣く離婚させられた」とのこと。
後日、Aちゃんのお母さんが、うちの母に「Bちゃんの結婚相手はどんな人?どんな家柄?どんな仕事?」と聞いたので、
そこそこ有名な企業の御曹司との結婚が決まり、後継ぎである彼が将来トップに立つことを母が話した途端、無言で走り去って行ったらしい。
それが今から8年前のできごと。

Aちゃんは今も再婚せず家にいる。
「東大卒の彼と結婚!」と家族みんなで浮かれていたが、想像もつかないほどの不幸に見舞われた一家。
これが因果応報といえるのかどうかは分らないけど、
「人間はいつも謙虚な気持ちで、おごることなく生きていかなきゃ」と思った。



続きを読む

00100217



304: おさかなくわえた名無しさん 2005/06/29(水) 16:01:13 ID:T27zZuHV
道に平気で煙草の吸い殻とかゴミをポイ捨てする人 
本当にその神経がわからん。 
渋滞した道で、脇から出てきた車を前に入れたら 
運転席から吸い殻をポーイ……割り込ませたことを激しく後悔した。 




続きを読む

201302284



415: 名無しさん@おーぷん 2015/01/09(金)22:30:55 ID:rVt
新年早々ハートウォーミングな事があったのでお裾分け

高校の時、同じクラスのAの家に子犬が産まれた。
隣のクラスのBが欲しがって、一匹貰った。
一年後、BはAに大きくなったその犬を返しにきた。
Bは特に問題のある人ではなかったし、AはBに犬を引き渡すとき、
里親会のような誓約書も書かせていた。勿論親同伴、判子付きで。



 
続きを読む

cached

206: 名無しさん@HOME 2012/06/21(木) 23:04:52.55 0
コトメの子の小学校は、登下校で危ない場所に親が旗持って立つ当番がある。
コトメは仕事してて時間的に当番やってられないから、
トメが代わりにやってる。
ある日トメからメール来て、急に用事が出来たから代わりに行って~だと。
当番開始が2時15分からなのに、メールが来たのが2時00分。
うちからコトメ子小学校までは車で30分。
さらに義実家に寄って、旗もとってこにゃならんとか無理。
だから「無理です」とだけ返信した。
トメは私に頼んで安心したとかで、返信も見ず、行かなかったから当番不在。
コトメ子小校区は、有名な連れ去りがあったとこと隣接していて、
保護者の意識と登下校に賭ける情熱がすごいと有名な小学校。
当番すっぽかしたコトメは、メアド知ってるあらゆる保護者から罵倒され、
会議では名指しで糾弾されて、泣くまで吊るしあげられたらしい。
続く。

続きを読む

ingaouhou-yoko

226: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)22:28:41 ID:???
五年前に制服で電車に乗って痴漢に遭った姉に、「学校から近いから」って我が家の茶の間に居座って私の買い置きしてたお菓子を勝手に食べながら
「そんな格好してた方が悪い」
「誘うような格好してたお前にも落ち度はあったんだからおおごとにはするな」
とか抜かして父に張り倒されて我が家から出入り禁止を喰らったクソ従兄弟が交通事故に遭ったらしい
厚顔無恥な叔母が「しばらく忙しくなるから旦那の世話をお願い」とか要請してきて知った
激怒して乗り込む勢いの父に反して母は穏やかだったけど、なんか私の知らないところできっちり仕返ししてた
「○○くんのことが心配だから色々とお話ししたいな」って伯母を経由して従兄弟のラインのQRコードを手に入れてラインで繋がって
「咄嗟に避けられなかった貴方にも落ち度があるんだから運転手を憎んじゃダメだよ」
「○○くん貧相な顔してるから運転手も○○くんの顔見てムカついたんじゃない?仕方ないよ」
ってwww
「妹怒った~w」って母はスマホ片手に笑ってた
例年通り叔母一家は祖父母の家に来なかったので平和なお正月を過ごせました

続きを読む

このページのトップヘ