せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:同棲

ZZZZZ_



265: 恋人は名無しさん 2014/12/30(火) 13:25:11.28 ID:HfV628ND0
同棲して3ヶ月目の彼氏にむかつく 
夕飯何食べたい?って聞いても何でもいいって言うから、じゃがいもあったしコロッケ作ったら「え~、コロッケか~」と不満気 

お味噌汁作ったら「洗剤の味する」 

掃除は私任せなくせに、少し散らかってると「汚い」と小言 

私だって体調悪い時もあるしいつだって家事完璧にこなすことなんて出来ないんだから少しは許して欲しい


続きを読む

ダウンロード (3)

724: 名無しさん  2017/03/24(金)11:50:28 ID:8ZQ
現在進行中の神経わからん。

彼と同棲して2年。
もうぼちぼち結婚を…と思っているんだけど相手の両親に反対されてる。

イジメで不登校だった事、高卒なのに管理職な事、お酒が好きな事。
一番は私が養子である事。
言わなくてもいいことまで全部言ったのは彼氏なんだけどね…。
仕事やお酒はどうにかなるけれど養子である事は変えられない。
生まれる前から乳児院行きが決まってた私を救ってくれたのは今の両親で、普通の家庭以上と何ら変わらず育ててくれたから養子だなんだって事は自分でも忘れてる事が多いぐらい。
でも、世間から見れば異常だともわかってるから説明させて欲しい。と彼のご両親に伝えてもらったが答えはNO
話も聞きたくないと拒否され続けてきた。

業を煮やした彼が
「もう知らん!こっちは勝手に結婚するからな!」
って宣言した矢先、彼の弟が仕事中の怪我で入院した。
彼がお見舞いに行ったんだがご両親も来てたらしくて
「うちの嫁になるつもりなら何故一緒に見舞いに来ない!非常識だ!」
って怒ってるらしい。
そこから如何に私の常識がないか、嫁の心得とはなにかを語ってくれたらしい。
一人暮らしの弟の家の掃除しなきゃいけないんだってさ。家の場所も知らねーよ。
もう意味がわからん。
きっと行ったら行ったで「何しに来た!」って怒ってただろうに。

彼は彼で、ここまで来ても「話せばわかる!」って言ってる。
性善説を信じる彼が純粋で好きだったが、それすらもストレスになってきた。
正直、彼を含めて関わりたくないって思い始めてる…。
続きを読む

dcf786ea



258: おさかなくわえた名無しさん 2018/11/27(火) 11:19:48.38 ID:qHPSWzSr
現在進行形の話なんだけど 
結婚を前提に付き合ってる彼女が、なんか段々とおかしくなってゆく… 
独占欲なのか何なのか、俺が他の女に興味を示すだけでキレる 
テレビに映ったタレントを見ただけで嫉妬するみたいのはまあよく聞く話だけど 
俺が持ってたCD、女性歌手のだけ捨てられた。雑誌も表紙が女性ってだけでアウト 
一緒に出かけてもずっとキョロキョロ警戒してて、女性が視界に入りそうだと「見ちゃダメ!」ってなる 


続きを読む

N745_koibitowonakashitesimau_TP_V
148: 名無しさん 2014/03/26(水)23:19:00 ID:WAEvJpEBI
書き込めるかな?弟が私をDV彼氏から救ってくれた話

スペック
私 24歳、社会人二年目
弟 21歳、大学生、美男子
DV男 25歳、私の元彼氏

就職が決まると同時に家を出て一人暮らしを始めた私。しばらくして就職先で彼氏が出来たので同棲することに。
彼氏は優しくて気配りが良くでき、正直私にはもったいないくらいの優良物件だと思っていた。だけど時間が経つにつれて彼の本性があらわになり、家事や炊事とにかく自分に面倒なことは私に押し付ける。
私が指摘すると暴言、暴力の嵐。それがわかってから私は彼氏が怖くて仕方なかった。

続きを読む

ab3282e8



861: おさかなくわえた名無しさん 2016/04/08(金) 02:57:15.51 ID:oDxRPc93
同棲して婚約までいった元彼。 
ほぼ愚痴だけど最近のことだし書いてみる。 

元々依存度が低くお互いに干渉しない性格で、恋人といえど一定の距離がある付き合い方で三年ほど上手くいってたんだけど、同棲して一月ぐらいで私の交友関係に首を突っ込みだした。 
自分は異性の友人を交えての飲み会に参加するのに、私にだけ制限するようなことを上から目線で言ってくる。 
私も気が強かったから「だったらお前も行くなボケ!」で一括して参加してたけど、行ってきたら根に持って翌日までずっと引きずってる。 
でも自分は変わらぬ頻度で参加するんだから心底面倒くさかった。 


続きを読む

201212266



968: 名無しさん@HOME 2011/02/14(月) 14:56:48 0
私達の同棲はトメに反対された(ウトは反対していない)。 

同棲をしたいという私達にキレたトメが、 
実母に「お歳暮いただいたけど、本当はお礼なんていいたくないんですけどね! 
結婚前に二人で住みたいって言ってるらしいけど、 
お母さんからも何か言ってください!」 
と電話を掛けたことがあり、 
これ以上反発すると結婚をつぶされると思い 
同棲はあきらめた。 

が、義妹は先月から同棲を始めた。 
私達の時は結納後、義妹はまだ。 



続きを読む

78a1d4105


78: 名無しさん@HOME 2012/05/01(火) 07:52:04.09 0
おはようございます。皆さんの意見が聞きたいのでよろしくお願いします。 
結婚当初から旦那の希望で専業です 

私は母子家庭で、母の実家で育ち18歳の頃に母と都市部にマンションを一緒に借りて半分づつ家賃を払っていたので 
結婚して出ていく時に「お母さんが落ち着くまで家賃は半分払うから」と言ったので毎月少しですがお金を入れています 
当初は母も「本当はお祝いでもあげたいのにごめんね」と言っていたのですが最近では「家賃お願いね」くらいになってきました 
正直、家賃半分とは言え1年も貯金したらまぁまぁな額にはなりますし、旦那も了承してくれてますが母がちょっと甘えてると思ってるようです 
昨日その事で旦那と話し合いをして「今の家を出る費用を払ってやるから違う家を見つけてもらうなり母の実家(祖父母健在です)に帰るなりしてもらえば」と言われました 
それが一番良いし旦那も妥協してくれてると思います。旦那の実家だって大変なのに。 

ですが育ててくれた母を助けたい気持ちもありますし、今の旦那との家庭を大事にしたい気持ちもあって悩んでいます 

私が働いて自分の母の分は出したいと言うと断固反対されます 
家事に支障が出たり、夫婦の時間が少なくなるのが嫌なようです。 

独身時代にもっとお金を貯めておけば良かったなぁ…と後悔しています



続きを読む

201303313



867: おさかなくわえた名無しさん 2016/03/03(木) 04:14:24.76 ID:pDRwLe1G
半年付き合った彼女と土曜日別れてきた 
2人とも家の更新が近いから、せっかくだから同棲しようかと話になった 
不動産に行って物件を見せてもらってたら隣に2人の子連れの母親が座った 
2人とも本当にかわいい子で、愛想がよく、目が合うと挨拶してくれて店全体が和みムードになってた 
俺は店員と話してたんだが、彼女は隣の親子の話を聞いてたみたいで、なんだか小馬鹿にしたように、小さな声で 
「シングルみたいよw」とか「まだ薬指に指輪してる、未練あるのかな」とか言ってきた 
そう言う事言うなよって注意したのが頭に来たのか、次は親子に向かって「パパいないの?可哀想だね」と 
母親は苦笑いで「去年死別したんです、すみません」って言った 
そこで彼女が「不幸が移るからお店出よ」なんて言いやがった 
親子に謝った後、望み通り店を出て、ファミレスで別れ話して終わり 



続きを読む

shutterstock_1062855617
328: 恋人は名無しさん 2012/08/02(木) 13:52:23.15 ID:cScovgj6O
お茶請けにもならないと思うので書き逃げ。


数年前の話だけど
当時遠距離で付き合ってた彼氏から『同棲しよう!』と
しつこいくらいに同棲コールされまくっていたが
その時は母親の体調が悪くて、看病と通院の手伝いが出来るのは私しかいなかったので
彼氏に事情を話して丁重に断り、その時はピタッと静かになった。

が、しばらくしたらまた彼氏からの同棲コールが始まるも
母親の具合がなかなか良くならなかったのでまた断ったら
「そんなに俺と同棲するのが嫌なのか!?」とかキレられる。

その反応に何か嫌な予感がしたので「もうちょっと待って」とダラダラダラダラ引き延ばしたり
色々条件付けて、相手がそれを飲めなかったら嫌だと言ってみたり
色々な作戦に出てみたが相手もなかなか諦めない。

そしてこの時、疲れもあったのか何故か私の脳内で花がポンと咲き始め
それが次第にお花畑に変わってしまい、しばらくしたらOKを出してしまった。


で、同棲する事になったが彼氏からの手助けは一切ナシ。
そしてなんとか準備も軌道に乗り始めたところで
突然彼氏が『部屋は借りられない。俺の実家で暮らせ』とか言い出した。
理由は「俺が自己破産してるから部屋借りられないの知ってるだろ!?」
私はただただポカーンとするしかなかった。
シラネーヨバカ('A`)

って事で、同棲の話は白紙~~~!ハイ終わり~~~!となれば
私も修羅場なんて体験せずに済んだのだが…

続きを読む

このページのトップヘ