せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:兄

00c2d_314_cd883168_d3b6fa6a-m

857: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/06(水) 21:54:29.41 ID:yBHc/0EV
中学生の時、兄と姉が付き合っている事に感づいてしまったのが第一の修羅場。
そのせいで二人が駆け落ちしたことが第二の修羅場。
数年後、旅先で兄の姿を偶然見かける。
親に連絡した後、営業車のロゴを頼りに会社の前で待ち伏せしたのが多分兄の修羅場。
その日は二人の住むアパートに泊めて貰った。
翌朝、二人を見送った後、7時間かけて車で来た両親と合流。
アパートで二人の帰りを待ったけれど、聞いていた時間を過ぎても帰ってこない。
兄の職場に問い合わせると、朝電話で辞意を伝えたきり出社していないとのこと。
それが第三の修羅場。
それからまた数年後、突然実家に架かって来た姉からの電話で、兄の危篤を知らされたの時が゙第四の修羅場。
家に戻ってきた姉が、寄った勢いで堕胎経験を匂わせた時が第五の修羅場。
きっと素面に戻った時の姉はもっと修羅場。
お腹の赤ちゃんが男女の双子と知って、現在最大の修羅場。

続きを読む

6311712i



359: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/23(土) 23:04:52.37 ID:MZ3rZpHf
蒸し返すようで悪いけど、お兄ちゃんと仲良かったからか 
『兄貴とできてんの?』 
と言われた時はまじで冷めた。  
発想が気持ち悪いしこの人とは価値観違うと思ったしなにより悔しかった。


続きを読む

family_dv_fufu

675: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)08:56:02 ID:0qm
皆さんが思う復讐とはちょっと違うかもしれないですけど…

私の家は私が3才の頃に離婚して、足に障害を持つ母が女手一つで私と姉(7つ上)と兄(8つ上)を育ててくれました。
父は元893で背中に龍と鷹の刺青があり、聞いた所によると暴力が酷くて姉と兄が離婚を勧めたそうです。
(姉にも兄にも未だに当時虐待の傷が残っています)
そんな父親に育てられたせいか、兄は事ある事に暴力を振るう最低人間になっていました。

私は中学卒業辺りまで毎日のように身長が190㎝以上ある兄に蹴られたり殴られたり、時には姉の子供(0歳児)を抱っこしている時にコメカミに回し蹴りをされたり。
(返事が聞こえなかった…等の理由で)
止めに入る母の事も殴るし、月収40万以上あるくせに家にお金入れないし。
相変わらず母が悪い足を引き摺りながら働いて、姉も旦那さんにお願いしてパートしてわざわざ実家にお金を入れてくれてる状態でした。

そんな中で事件が起きました。
堪忍袋の尾が切れた姉が兄と衝突。

「いつまでお母さんに迷惑掛けるの!?」
「稼げるなら家を出て一人で暮らせ!!」

他にも色々言ってたけど、今考えても全部正論だったと思う。
だからなのか言い返せなかった兄は姉のお腹にボディーブローを一発。
更に姉がしゃがみ込んだ瞬間に顔面に蹴りを一発。
身長190㎝ですよ?
そんな長身から蹴りを繰り出されたらどうなるかくらい小学生でも分かりますよね?

続きを読む

_SX258_BO1,204,203,200_



465: 名無しさん@HOME 04/02/07 16:48
私には兄が二人いて二人とも無職です。 
世間から見れば「パラヒキ」同然です。 
朝夜の生活が逆転しているので、親が仕事へ行く朝は寝ていますし。 
夕方5時頃になると動き出して、外出したりします。 
次男は職歴がなく大学卒業後、面接を受けたりはしていますが落ちています。 
資格も何もありません。 
未だに面接を受けてはいますが、不合格通知が届く度に 
「もう、受けても無駄。傷つくだけだよ・・」と、何とも言えない気持ちになります。 


続きを読む

matanity-musiba

393: 名無しさん@おーぷん 2015/11/02(月)11:51:32 ID:5tS
兄はバツイチ。
前妻さんとの離婚原因は、前妻さんが流産してノイローゼになってしまったからだと聞いてた。
当時私は県外の大学にいて、親伝いにしか話を聞いてなかった。
その後私はUターン就職して結婚。ちょっと遅れて兄も再婚した。
再婚して1年後、兄嫁さんが妊娠した。
そうしたら兄が変になった。
まず帰宅しない(※うちの親とは車で30分の距離に別居)
兄嫁さんに冷たい。話を無視したり邪険にする。触られると嫌そうにする。生活費を削る。
兄嫁さんが私に↑をメールしてきて事が発覚。
私から母に伝え、両親、兄夫婦+私で家族会議になった。
ちなみに私がいたのは兄嫁さんに「いてくれ」と頼まれたから。私がいないと兄に反論しにくいと言われた。
そこで続々と兄の迷言が飛び出す。
「妊婦の体が嫌い、気持ち悪い」「本能なので仕方ない」
「見たくないので視界に入れないよう帰らなかった」
「いると殴ってしまうかもしれないから、おれが帰らない方が嫁にとっても良い筈」
「産んだあとならまた愛せると思う。でも産むまでは無理」
「男は自分が抱いた女を本能的に軽蔑してしまう生き物」
「腹が出るのが嫌だったから、太らないよう食費を削るという意味で生活費を半分にした」

続きを読む

006e3d1e62d72021c1b6848a6329ec9d_s-300x200



456: 名無しさん@HOME 04/02/07 14:08
今年40になる兄がパラヒキです。 
兄と母は一緒に暮らしていましたが、数年前から 
母がそこを出て住み込みで働き始め、兄は失業しました。 
「お金を渡したらダメ」と、母には何回も言ってますが、 
お金を渡さないようになったら職場まで来るようになった 
と困っています。 



続きを読む

a69a0440

163: 名無しさん@おーぷん 2018/02/02(金)14:08:26 ID:Dc4
兄娘の母親Aと名乗る女が家に来てる。
私母と相手してるが私母に服を作ってもらいたいらしい。

兄嫁に確認したら兄娘の同級生にAという子がいるとのこと。
「今、家にAって子の母親が来てるんだけど?」と言うと
兄嫁は少し待ってくれと言って一旦電話を切った。

しばらくしたら兄嫁から電話。
Aの家に直接行ったら、本物のA母は家にいると確定。
兄嫁か、A母本物からか分からんが女に電話がかかり、
現在目の前の女は電話の相手と口論中。
電話の話からして、私母に子供の服を作って欲しくて
新幹線で数時間かけて我が家に来たのは本当だったらしい。

母と2人で「目の前の女は誰だ?」と、電話が終わるのを待ってるところ。
電話が終わらないとこちらの話が進まん。

ここまでの交通費で、子供に結構いい服が買えると思うんだが。

続きを読む

IMG_6337

156: 名無しさん@おーぷん 2014/10/18(土)13:08:06 ID:DT6IgXhkc
俺の兄には小2と小4の息子がいる。
小2の子の担任はとても良い先生らしい。
しかし小4(以下A)の担任がクセのある人で、その内容が結構衝撃的だった。

Aの担任は普段は温厚な人のようだが、作文に関しては凄く神経質らしく、
余計に作文嫌いが進行すること間違いなしなやり方。

9月末の遠足(校外学習)の帰りのバスの中で、
Aの担任は「学校に着くまでに感想文を書きなさい」と言い400字詰めの原稿用紙を配った。
バスの狭い空間の中で書くということで当然ほとんどの生徒が「気分が悪い」と訴えたようだ(幸い吐いた生徒はいなかった)。
しかし担任は「忘れないうちに書くことが大切」というようなことを言ったらしい。
Aは気持ち悪くて頭が回らず、
楽しかったです,弁当おいしかったです,また行きたいです
などの言葉と「でも帰りのバスで気持ち悪くなってしまった」という事を書いたということだった。

そうしたら、後日返却されたその作文には物凄い長文で添削がなされていて、
添削というよりも作文が新たに一つ完成していたレベルだったようだわ。
その添削の最後の方が以下の文(意訳)
「400字で書かなければいけない状況で『気持ち悪い』などというネガティブな感情を書いてはいけない。
800字以上で書く場合ならネガティブな感情も書いても良い。
そして、弁当の中身も書いて子供らしい無邪気さを醸し出せ」

担任にもいろいろ考えがあるのかもしれないが、Aの担任はちょっとズレている気がするわ。
作文を書くのは良いことだと思うし色々添削してくれるのは良い。
でも少し縛りすぎな気がするな。
やっぱり自由に書かせた方が伸びると思う。

上記の遠足の件以外にも行事の度に「作文を書きましょう」と言うらしく、
生徒たちは行事を楽しむことができなくなってしまっているようだ。
授業中には、Aの担任が前に勤めていた学校の生徒の作文を持ち出すことも。
その作文を面白おかしく解説することもあるようで、
一部の生徒にはウケるもののAにとっては「自分の作文もどこかで笑われているかも」という思いがよぎるという。

作文の件を除けば基本良い先生という点も驚きだな。
いつも生徒の話に耳を傾けてくれて、差別をしない楽しい先生…という評価だそうだ。

続きを読む

0649374950

789: 名無しさん@おーぷん 2015/01/04(日)20:08:46 ID:Avx
ちょっと意見を聞きたい。
年始の修羅場。
登場人物…兄1、兄1嫁、甥(兄1の子)、兄2、兄2彼女、自分、両親

兄2は数年前もらい事故をしてしまい退職を余儀なくされ
彼女とすぐ結婚するはずだったのに退院、リハビリで結婚が延び延びに。
このたび無事に再就職でき、献身的に支えてくれた彼女はもはや家族同然なので
年始の席にも呼びわきあいあいしていた。

続きを読む

このページのトップヘ