せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:修羅場

narusisuto2_R (1)
446: 名無しさん@おーぷん 2016/04/11(月)02:24:44 ID:zIc
文章下手なので読みにくいですが。

16歳のころ夏休みに5日間工場で短期バイトをした。
その時期はその業種の年に一度の繁忙期(例えばクリスマス前のケーキ工場のような感じ)で、
短期バイトや常勤のパートさん、指導係の社員さんなど、かなり工場内は人で溢れていた。

指導役の一人にAさん(当時33歳)という男性社員がいて、短期バイト集団をよく気をかけてくれていた。
33歳のAさんは16歳の私からみればものすごく大人だったが、気さくな雰囲気の人で休憩中にもたまに話していた。
その中で一度
A「◯◯(私)はいくつ?」
私「16です」
A「フレッシュだな~」
私「そうですよ~」
みたいな会話をした。

そんなこんなでバイトが終わりお給料でホクホクの夏休みを過ごしていたある日その工場から電話があり出たらAさんからだった。
2~3言普通の会話をしたあとで、突然「■日空いてる?」と聞かれ、またバイトかと思い「空いますよ」と答えると、
「その日は俺とデートだよ」と言われた。

意味がわからず思考停止していたら、「今仕事中だから改めて詳しく決めよう。また電話するね」と言われ、最後に「フレッシュな味を食べるの、楽しみだよ」という言葉で一方的に切られた。

そのまま引き続き思考停止したあと、突然強烈な気持ち悪さが溢れ出して、とにかくその寒気を吐き出したくて吐き出したくて短期バイトで知り合った友人Bに電話し一部始終を暴露。
Bも「うげー!気持ちワル~!!」と言ってくれたことで少し心が落ち着いた。

徐々に冷静になってくると、16歳の真面目な私は「とにかくちゃんと■日は断らなければ!」思った。
でも電話は工場からなのでAの番号はわからない。
しかし私は世間知らずでアホな癖に「断るときは早めに連絡すべき」という固い頭だけはあったので仕方なく工場に電話をかけたが、すでにAさんは帰宅したあとだった。

しかし「断るときは~」と強く信じている私は、
そのまま電話口の人に「Aさんと■日に会おうと言われましたが、その日は無理なので伝えてください」と伝言を頼んだ。

それ以来何度かその会社から着信があったがAさんだと思い一切無視。

当時の私にとってこの出来事はそれなりの修羅場だったんだが、
今考えるともしかしたらAさんと側にはもっと大きな修羅場を引き起こしてしまっていたかもしれないなぁと思う。
Aさん左手薬指に指輪してたし友人Bはその工場の常勤だしな。

続きを読む

kakuni39042
401: 名無しさん@おーぷん 2016/04/08(金)12:15:06 ID:nFc
数年前にやらかした話。
我が家は朝飯の時に必ず「今夜何食べたい?」と聞かれる。
ある朝嫁が珍しく「手の込んだ物でもいいよ~」などと言うので「じゃあ角煮」と答えて出勤した。
ちなみに嫁は在宅で仕事をしているので、時間をかけた料理もできるっちゃできる。

しかし退勤間際になって上司に飲みに誘われた。俺快諾。
角煮をリクエストしたことは後で思い出した。
でも明日食えばいいよなと思い、「飲みに行ってくる。角煮は明日食うからとっといて」とメールした。
すぐ折り返し着信があったので「ヤベッ文句言われる」と思い即電源オフにした。

さらに2時間後、飲み屋で放尿中に壁のカレンダー見ててハっと気づいた。
娘の誕生日じゃありませんか…。

そろ~っと帰宅すると寝静まった家。
冷蔵庫には「パパのぶん」と娘の字で書いたフセンがついた、ラップがけのケーキ。
同じく油が冷えて固まった角煮。
翌朝起きると、嫁、娘のほかに俺両親、義両親までいた。
皆俺とは目を合わせようとせず、気まずい朝飯だった…。

嫁に「親を呼ぶならなぜ言ってくれなかった」と言うと「何度も言った!メールもした!」と言う。
俺は覚えていなかったが娘もそう言うので、俺が忘れたか聞いてなかったからしい。
メールは履歴にちゃんとあった。ただ半月も前だった。

義両親が一番寛大で、次に娘、嫁と俺母に一番執念深く後々までネチネチ言われた。
以後、結婚記念日と娘の誕生日だけは忘れない父親になりました。

続きを読む

parts_img_reduction
901: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)16:41:31 ID:c4w
こんなスレあったのか。
ちょっとだけ吐き出させてほしい。
自分でも漫画みたいなできごとだなぁと思う……でも釣りじゃない。

人物
私:大学生。A子とは同じサークル。コミュ症で女子校→女子大。
A子:彼氏もち。美人だが若干だらしない。だが根本的に悪意はなく、話しやすい。
彼氏:違う大学生。A子とは幼なじみ。

私とA子は自分でいうのもなんだけど、結構なかよしだった。
A子は美人なんだけど思考がリア充気質でなく、 リア充仲間からはなんか違うと拒否られ、 
オタク仲間からは微妙なリア充気質から避けられ、
なんとなく浮いてしまう存在だった。
そんな中、たまたまなかなかお仲間のいない古い同じ作品が好きだったことから
私はA子と話すようになり、なかよくなった。

A子には彼氏がおり、小学校からの仲だという。
前から彼氏の話は聞いていたんだけど、
ある日彼氏に合ってくれないか?と言われた。
なんでも前々から彼氏に私とのLINEの画面を見せていたらしく
そのやりとりが面白くて、私に会ってみたいと言っているらしい。
それは別にいいんだけど、A子はいいのか?と思ったけど
信用されているのかなーと思ってOKを出す。

やってきたのはさすがA子彼氏というべきか、ハンサムな人だった。
兄弟以外はろくに男子と口を効かない生活を送ってきたせいか、
酒に酔ったようなおかしなテンションで接してしまい、
正直おかしな奴だと思われたに違いないと感じていた。
A子におもしろい子だと紹介された手前、
きっとなにかしら期待されてたはずなのに、
うまく振る舞えずにその日はうわあああとなっていた。
でもA子は楽しそうだったし、
幼なじみはA子は友達少ないから君みたいな子が友達でいてくれてよかったよ、
とありがたいお言葉を頂き、その場はまあまあよい雰囲気で終えることができた。

そしてその夜、A子から彼氏に私のLINEを教えてよいか?と聞かれた。
面白いから個人的に話したいと……
でもA子的にいいのか?と思ったんだけど、気にするなや都のことなので交換した。
彼氏はA子について色々と相談できるA子の側にいる人間が欲しかったらしく、
よくA子は学校でどうしてる?とか、A子がこんなことを~と相談された。
変なわだかまりを作るのも嫌なので
「※ちなみにここに書いた内容はすべて彼女に開示されますのでご注意を」とか言って、
実際にA子にも全部見せていた。

リア充にとっては彼氏の友達とLINEとかふつうのことなのかもしれないけど
年齢=彼氏なしの自分には不慣れ過ぎて石橋は叩いて渡っていた。

彼氏のいる大学の文化祭にも二人で行って、三人で回ったりもした。
なんかもう三人で友達!な感じで楽しかったし、
美男美女カップルは絵になるので、羨ましい!と思いつつも目の保養でもあった。

続きを読む

03e002cd-aec2-4707-80a8-973590768c3f
952: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)00:56:27 ID:lgN
上司の家が修羅場になり、私も関わっていたこと

とある投稿で思い出したので書いてみる

私の会社は社員食堂がない
郊外の辺鄙な場所にあるので、周りの飲食店はほとんどない
(老婆がやってる寂れた汚い喫茶店が1軒だけ)
コンビニもスーパーも遠いので、
みんなランチは地元のコンビニで買うなり弁当持参してる
私も電車に乗る前にコンビニでパンを買ったりしてた
SNSで都会で働く友達がお洒落なランチを食べているのを見て羨ましく思っていた

そんなある日、課長(既婚)が毎日弁当を捨てているのに気付いた
「奥さんメシマズなのかな?」と思っていたけど
奥さんが気の毒だったので、ある日勇気を出して課長に聞いてみた

続きを読む

img_top_04
629: 名無しさん@おーぷん 2016/04/23(土)16:52:23 ID:x7u
もう3~4年くらい前になるかな。
その当時は県外の高校に進学したためマンションで1人暮らししてたんだ。
両親が「女の1人暮らしはセキュリティが大事だ!」って言って、学生専用のオートロック付きマンションに住んでた。
今考えたら私が底抜けの馬鹿なんだけど、家の鍵の開け閉めが面倒くさいからと、鍵を掛けずに出かける事が度々あったのね。
エントランスはオートロックなんだし大丈夫だよねーって感じで。

その日も朝遅刻しそうだったのもあって鍵開けっぱなしで学校へ。
授業料受けて放課後は部活やって。
部活終わりに友達と喋ってて急遽友達ん家にお泊まりしに行くことに。
じゃあ荷物取ってきて鍵もかけなきゃーって、友達ととりあえずうちに向かう事になったのね。
家に着いてドアノブを回したらガチャッてなって開かない。
(あれ?朝鍵かけ忘れてた気がするけど勘違いだった?)と考えながらも鍵を開けて部屋に入ったんだ。
そしたらなんか違和感。
それぞれの家にはそれぞれの匂いってあるじゃん?
入った時に自分の部屋とは違う匂いがしたんだよ。
なんか変な胸騒ぎがして、「あ、そういえば生理用品切れてたんだ!ちょいコンビニに着いてきて~。」って友達と部屋を出て急いでエレベーターで1階に降りてマンションから出た。
そこで友達に部屋で感じた違和感とかを話して交番に行く事にしたんだ。
自分達だけで部屋に戻る勇気なかったし。
交番で事情を話したら私の気のせいなだけかもしれないのにおじさんお巡りさんが一緒に来てくれる事に。
「気のせいなら気のせいで、何もなくてよかったねって話なんだからさ。」って言ってすごく優しかった。
マンションに戻って家の前に着いて鳥肌。
廊下に私のスニーカーが片っぽ落っこちてたんだ。
慌てて玄関から出て蹴りだしちゃったって雰囲気。
もちろん私と友達が出た時にはなかったよ。

つぎで終わる。

続きを読む

28a1f3e4
671: 名無しさん@おーぷん 2016/04/26(火)13:34:22 ID:MTj
彼女が浮気してる現場(俺の部屋)に乗り込んで
浮気相手のケツ中心にパターで滅多打ちにしたら
警察に捕まったこと
ちな不起訴

続きを読む

176
950: 名無しさん@おーぷん 2015/12/02(水)23:57:37 ID:PV6
メガネがないと何も見えない私を、メガネなしでドライブ中の車から放り出してくれた婚約者を棄ててきた。

解決したので投下。
身バレしない程度にフェイクをいれるのでご容赦を。

私は極度のド乱視とド近眼で視力が低い。
メガネをしても車の運転は無理。
そのうえドライアイがひどいため、コンタクトを常用するのは無理。

二年付き合った彼のポロポーズを受け、寿退社する予定だった。
相手は同じ会社の同期。

ここまでが前提。

両家の挨拶や挙式の日程も決まり、独身生活もあとわずかというときのことだった。

翌日も休みということもあって、デート帰りに彼と車でドライブを楽しんでいた。

前述のとおりコンタクトを常用するのは無理な私だけれど、一生に一度のお式の日くらいはメガネではなくコンタクトにしようと彼と車のなかで話していた。
前々から彼は私がメガネをかけているのが不満で、「外していたほうが美人なのに」と言っていたので自分のオトメゴコロもあったけれど単純に彼に喜んでもらいたかった。

そこでなぜか彼は「一日コンタクトにできるのならずっとコンタクトでいろよ」と言い出した。

過去に何度か挑戦して、ダメだったことは言ってあったので口論に発展。

最初は私も無理だよ~って感じで軽いノリだったが「メガネのお前、ぶっさいくでマジ引くんだよ」と言われたことでヒートアップ。
そのうち彼は車を停車させて、「見えない見えないって大げさだ。そう言えば運転してもらえると思って調子にのんな!」と私の顔からメガネをむしり取ると、助手席に回り込んで私を車から放り出した。

続きを読む

TAKEBE160224530I9A0327_TP_V-600x400
699: 名無しさん@おーぷん 2016/02/20(土)14:59:20 ID:rt0
知らない女性名の手紙がきて、旦那が帰ってくるまでの時間が私には地獄のような時間で衝撃的だったよ。
手紙には、私が下着姿でベッドに横たわっている写真が同封されてた。これは・・・元カレに違いないと思ったけど
写真はもっとあるし、旦那にも送りつける、脅迫めいたことが書かれていた。どうしよう。もう、涙が出てくるし、
身体の震えがとまらなかったよ。もう、覚悟して旦那に言うしかない。旦那が帰宅したとき、泣きはらして瞳が真っ赤。
旦那が心配してくれた時に土下座しながらひたすらごめんなさいごめんなさい。

旦那と知り合う前にかなり遊んでて、若気の至り(過ちに近いなぁ)を旦那に告白。そしたら
「知ってるよ」
「ほぇっ?」
「私子、覚えてないの?酔っぱらった時に調子こいてベラベラしゃべってたじゃん」
「ひょぇ~」
「それを承知で私子と結婚したんだし、そもそも俺と知り合う前の話だろ」
もう、ヘナヘナ~って感じで気が抜けた。
「だいたい、私子が手慣れた感じだったからなぁ。男として聞きたくなるじゃん過去を」
私、なんということをしたんだろう、でもそのおかげで大事にならずに済んだのも事実だけど。
ちょっぴり複雑な心境。私の中では旦那様の株が3つくらいランクアップしました。
年下旦那だけど、これから一生頭があがりませんね。手紙はそれ以降来ていません。

続きを読む

d569a468f1c38b6706a454b3033cd42c
725: 名無しさん@おーぷん 2015/09/24(木)11:41:12 ID:t1v
修羅場というより失敗談に近いかな?
およそ二か月前の話。

めちゃくちゃトイレを我慢していたんだけど、トイレにまでは無事にたどり着いて、後はジーパン脱いでしゃがめば間一髪間に合う、という状態まできていた。
でもジーパンを脱ごうとしたときに、急に鼻血がブブォッて出てきて・・・
それに驚いてパニックになってしまった私は、ジーパンに手をかけたまま漏らしてしまった・・・

で、急いで鼻付近と股間部分を拭いたんだけど、鼻血は着ていた白のTシャツにまで付着していて取れないし
ジーパンは青色のものだったから濡れた部分は一層際立ってしまうし、、、

私は人目もはばからずに泣きながらトイレを去った記憶がある、、、
しかもその日が私の誕生日で・・・もう29歳なのに・・・


続きを読む

このページのトップヘ