せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:修羅場

05021718
196: 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)00:49:27 ID:MDQkHWEtl
父親が自殺した時が最大の修羅場だったな。
うちは自営で、家から少し離れた場所に事務所がある。
ある日の夕方、父親から電話があって
「すまん今日は事務所に泊まる」
「えー分かった。じゃあ夕御飯、弁当にして持っていこうか?」
「いや近所のラーメン屋で食べるよ」
「そう?じゃあ思いっきり食べるわ。お疲れ様、じゃあ明日!」
「・・・うん、じゃあな」
これが最後の会話。だから鮮明に覚えてる。今思えば、声に元気がなかった。

翌日、父親がなかなか帰って来ず、遅くなるという電話もないので
父親の携帯に連絡しても応答なし。一時間ほど待ったけれど、折り返しの連絡もなし。
父親は持病持ちなので、まさか・・・と思い、走って事務所へ向かった。
事務所のドアには鍵は掛かってるけど、外には父親の車がある。

やっぱり中で倒れてるんだ!と思い、窓から中を覗いても真っ黒で見えず・・・

泣きながら窓を壊して、事務所の電気を手探りで探して灯りを付けた。
そしたら父親がいたよ、事務所のドアノブの所で
立て膝に近い形で、前のめりになって首釣ってた。

叫びながら父親の身体を触ったら、もうとっくに冷たくなっていた。
なんていうのかな、少し重たい発泡スチロールみたいな、
固くて、重みはあるんだけどかさかさしたような・・すごく奇妙な感触だた。

よく首吊りは目が飛びてて糞尿垂らして~ってあるけど綺麗だったよ。
首には赤紫の痣と、首を吊った時のヘコミが残っていたけど(下着にも若干、染みはあった)
顔は安らかで、本当に眠ってるみたいだった。

続きを読む

thumb5
374: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)00:50:10 ID:XaW
上に火事の話があったので便乗して携帯もない頃の昔話を。

その日は旦那が夜勤なので2階で一人布団に入った。
朝から降っていた雨がやみ星空になった寒い冬の日はめずらしく北風が吹いてなかった。
11時半か12時頃だったかな、ドーンドーンとかバキバキとかの音でだんだん目が覚めていった。
何の音だろうとカーテンを見るとやけに明るい。ヤンキーの集会でもやっているのかと思いながら
恐る恐るカーテンを開けるとまさに火の海。
私道をはさんで建っていたどこかの会社が持っている倉庫が燃えていた。

硬直したまま数秒。そうだ電話しないと、110番119番117番どれだっけ?
上着をひっかけて階段を降りたところで近所の人が駆けつけてくれた。
ほっとしたのもつかの間、倉庫の反対隣にある小さい工場に危険物がたくさんあるので爆発したら
大惨事、そっちを手伝わないといけない他の人もみんな工場の方に行ってる、ひとりで心細いだろうけど
がんばってね。
あと、家と倉庫の間にある車は移動しておいてね、そう言い残して近所のおじさんは去っていった。
この時点でサイレンは鳴っていたが消防車はまだ来ていなかった。

こういうときこそ平常心にならなければ、そうだ水、風呂おけの水を抜いてしまったけど水をためようと蛇
口をひねってから外に出た。
外に出ると火の粉が降っていた。車から倉庫まで10Mもない。
火の粉で自分が燃えるのを防ぐために外の水道で頭から肩まで水をかけてから車を移動した。
よし、家が燃えないように水をかけよう!
ホースで水をかけ始めると近所に住む兄嫁がかけつけてくれた。
様子を見に来たけど炊き出しをしないといけないから行くね、他の人は工場の方を手伝っているから来られないと思う心細いだろうけどがんばって。
兄嫁もすぐ去っていった。

このあたりで消防車による放水は始まっていたと思う。
消防車も野次馬も倉庫の前にある空き地に集まり、すごい人だかりだったが我が家は私一人だった。
そうだ風呂の水出しっぱなしじゃないか、水を止めに行くとお湯が出てたorz

続きを読む

imaefpkeq
778: 名無しさん@おーぷん 2015/01/04(日)00:29:03 ID:lMv
某コンビニでアルバイトしてる最中の出来事
新人で綺麗な人が入ってきた。
俺より2歳くらい年上で背が高くて肌が綺麗。
仕事もまじめで周りの評判が良い、周りとすぐ溶け込んで、俺によく身の回りの出来事とか話すようになった。
なんでも、以前別れた彼氏が最近ストーカーのように現れるとかで
男性にこりごりした新人はしばらく独り身がいいのに…と愚痴をこぼし、
「もういっそ俺さんが彼氏になってくださいよw(もちろん冗談)」とか言い出したり
冗談言う余裕あるんだしそこまで深刻な問題じゃないんだなぁと思っていたが後日に事件が起きた
なかなか新人が出勤してこないので心配になり外の駐車場まで見に行ったら
新人の車の中で筋肉質の男に押し倒されて泣き叫んでる新人(以後新人をBとする)
相手のガタイにびびりながらも、俺は車のドアを開け
「何してるんだ!」と大声を上げたら一言「チッ」と一言言い残し、逃げるように自分の車に乗り込みその場を去っていった
服が引っ張られたせいか伸びて、その場でグスグス泣く新人。
「大丈夫ですか?今日バイト休みます…?」とフォローをいれるも
「グス…大丈夫…心配かけてごめんね…もう大丈夫だから…」
とその後は泣き止んで普通にバイトに出た

続きを読む

YUUSEI75_ya-san15215338_TP_V
635: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:nTet93G9
女友達A子がチンピラの車に乗ってっちゃった話。
あんまり大したことないですが投下。
22才の頃、居酒屋にて友達4人(A子、B子、C子)で女子会してたら、
近くのテーブルにいたチンピラみたいな男達が「一緒に飲もうよ~」としつこくからんで来た。
断っても相手はすごく酔ってて、お構いなしに勝手に下ネタとかバンバン言ってゲラゲラ笑ってくる。
無視しても椅子持って来て肩とか組んで来て、周りの人もお店の人も見て見ぬふり。
こりゃダメだと思って、帰ろうと席を立ったら
「お!帰っちゃうの?ヨシ!一緒にカラオケ行こう!」って会計のとこについて来た。
変なのに絡まれて怖いしどうしようかと思った。

で考えたのが、このあたりは田舎でカラオケには車じゃないといけないとこで
チンピラには「じゃぁお互い車なんでカラオケの店で待ち合わせしましょう!」
って言って女の子には「カラオケには行かずさっさと帰ろう」と耳打ちした。
(私はお酒飲んでなくて運転手で車は離れた駐車場にとめてた)
「車のとこ先行ってて!すぐ行くから」って先に3人行ってもらって
会計をすませて急いで車に行ったらB子C子の2人しかいない。
「あれ?Aちゃんは?」と聞くと「え!?トイレ行くって店もどったから私ちゃんと一緒かと思った!」って
絶対店にはいなかったし、携帯電話しても出ない。

もしかしてチンピラに拉致られた?警察に電話する!?とパニクり
とりあえず辺りを捜したが居ない 携帯何回かけても出ない。
店に戻ってもチンピラ達もいなかった。
もしやチンピラと一緒にカラオケかもと思ってカラオケ店に電話したがそれらしき人も来てない様子。
すでに30分くらい経ってる。ヤバイ!!!やっぱり警察に!
と思ったら私の携帯が鳴った!A子だ!
「もしもし!?今どこ?」って出たら知らない男の人が
「あ、ちょっとこの子の携帯借りたんだけど、店に一緒に居た子?」って。
ああああやっぱりチンピラと一緒にいるぅぅぅどうしようぅぅ
血の気が引いてB子C子も涙目。

続きを読む

1508207top
610: 名無しさん@おーぷん 2014/09/14(日)00:44:00 ID:uRXIT13TP
田舎から大都市に出てきて、就職したばかりの20歳の頃。
私が好きだった人が事故に遭って病院に運ばれたとき
好きな人のお母さん(気に入られ、可愛がられていた)と病院に行ったら
好きな人の婚約者が治療室の前で待っていたという修羅場。

彼のお母さんから婚約者がいることは聞かされていなかった。
いつも「あの子は昔から女っ気がなくて…。私さんみたいなお嬢さんが
彼女だったらいいのに」と言われていて、私は母親公認の恋人未満友人以上
みたいな存在だと思い、まったく疑っていなかった。
だから彼も、婚約者も修羅場だったと思う。

彼の視点でみれば、完全に私は母親に取り入って近付いてきたストーカー。
私は、すごく面倒見のいい優しいおばさんだと思っていた人(彼の母)の
闇を知ってしまって、しばらく人間不信になった。
恋愛も、自分から踏み出すのが恐くてできない。

最近になって、彼は結婚して婚約者の名字になったと聞いて、ちょっとだけ安心している。

続きを読む

DItVNJSUQAAUy8C
815: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)14:50:47 ID:QMK
ちょっとした修羅場

京都にお兄ちゃんといった時
当時私は16歳でお兄ちゃんは18歳

京都駅のバスターミナルでレッドリボン運動をしてて、男女のカップルに避妊具を配り、行為の際は避妊具使いましょうという呼びかけをしてた

お兄ちゃんと一緒に並んでるとカップルと思われたようで、お兄ちゃんがコンドームを渡された
私もお兄ちゃんも気まずい空気
しかも帰りにまた通った時も避妊具配ってて、今度は私に渡された

お兄ちゃんが受け取って上着のポケットに入れてたんだけど、それがまずかった
帰り雨がパラパラ降ってきて、家に帰るとお母さんが私達の上着を受け取って洗濯しようとした
その時お兄ちゃんの上着のポケットから入れっぱなしの避妊具がこんにちは
お母さんが顔面蒼白になってから真っ赤になった
私もお兄ちゃんも恋人がいなくて、お母さんは私達ができてるんじゃないかと思ったみたい
その後の説明が大変だった

続きを読む

img_0
465: 名無しさん@おーぷん 2014/11/22(土)20:51:55 ID:iGV
社会人一年目で初任給は家族でディナーをしたいと思っていた
家族が私含め7人と多かったので、1人あたり2500円~のレストランに予約をした
母親が丁度誕生日を迎える事もあったので、予めそれも伝えてお祝いの準備もした
妹が酷い食物アレルギー、母が医者に止められている食べ物があるので、それも伝えミスがないよう念入りに確認した

当日、予約をしたレストランに行ったら、飛び込み予約のお客で待合所がごった返していた
私たちは15分早く着いたので、店員さんを呼び止めで到着した旨を伝えると、待合所で待つように伝えられた
座る場所もなく、15分ほどだし七人で立っていてはジャマになるからと、予約した私が残って家族は車で待つことになった
私は待つ間お手洗いにその場を離れたのだが、これが間違いだった
抜けていた時間は5分にも満たないくらい
戻ってきて暫くしたら
「6名様でお待ちの木下(私の苗字)様」
と、私と同じ名前の人が呼ばれて通された
ただ人数が違うので別人だろうと思ってたんだけど、その後待っても待っても私が呼ばれない
予約時間から30分、到着から45分たった頃に母親が「まだなのか」と聞きに来た
混み合っているとはいえ、流石に予約からこれだけ待たされるのはおかしいと
私はまた店員さんを呼び止めて、まだなのか確認した
すると驚きの返答が・・・
「木下様でしたら、すでにご到着されておりますのでご案内致します」
「え?」
「こちらです」
案内された先には知らない家族
私がお店に依頼して母の為に用意したプレゼント(名前入り)を前に談笑している見知らぬ家族6人
「私の用意したプレゼント!この人たち私の家族じゃない!!なんでプレゼントが盗まれているの!?」
思わずレストランで叫んでしまった
ピアニストが驚いて手を止め、他の客も私に注目
慌てて店員さんに奥に連れて行かれたけど、母へのプレゼントを奪われたショックで私はパニック

母がやってきて起こったことを順に照らし合わせると、簡単なことだった
6人という大人数で飛び込みできた客
待ち時間一時間半以上と言われてどうするか悩んでいたところに私がやってきて予約確認
その後トイレにたつのを見て、私の予約を横取りしようと思いつき実行
1人キャンセルと伝えて人数がずれたことで、私に気づかれる事無くすんなり成りすまし完了
これが一通りの流れ

病気の母とアレルギーの妹のために準備してもらっていた料理はその家族に食べつくされ、プレゼントも包装を開けられ、残っているのは私が頼んでおいたバースデーケーキだけ・・・
母と妹の食べられるものを準備できるかと聞いたら、母はともかく、妹は特殊なアレルギーなので無理だと言われた
プレゼントも人様が包装をあけて身につけたものをうばいかえす気にもなれず、何もかも諦めるしかなかった

続きを読む

14743827-フード付きの男性やフーリガンのシルエット
406: 名無しさん@おーぷん 2014/11/20(木)12:39:27 ID:HNKmXZTql
自分が小学生の頃に昼夜問わずに不審者が出た、色んな場所に出没したが、中でもよく目撃される場所が複数あって、その中の一つが自分も含む一部の生徒の通学路になっていた。

当時は今と違って不審者に対する危機感も強くなく、いわゆる腕白坊主が持て囃されていた時代背景もあり

か弱い女子が言うならともかく男子である俺がいくら「あの通学路は変質者が出て危険だ、通りたくない」と訴えても「男の癖に情けないこと言うもんじゃない」等と言われるだけで、今では信じられないだろうが、その後何の対策も行われずに終わった。

大人達はいざとなったら逃げればいいと軽く考えていた節があるが

毎日、学校に通ったり友達の家に遊びに行ったりする子供にとっては恐怖であり死活問題だった

そんなある日、下校中にとうとうその不審者と出くわした、そいつは昼夜問わずに好き勝手出没できるから当然定職など就いてるはずもなく

最初から下半身は剥き出しで、着ているのはYシャツだけ髪は全く手入れされてなくボサボサ、髭も伸ばしたままで風呂にも入ってなかったのだろう夏場と言うこともあって凄まじい激臭がした。そんな有り様なので一目見て自分は「こいつは変質者を通り越して歴とした精神異常者だ!」と思い

狭い一本道だったので顔をうつむき加減にし決して目が合わないようにその男の脇を通り抜けた、一瞬、その男の横を通り抜けたが男はノーリアクションだったので安心した

だが、そのまま歩いていると後ろから何を思ったのか「気を付けて帰れよ」と言ってきた

何も言い返さずにかといってどう反応したらいいのか正解も分からずに取り合えずこっちもノーリアクションで通し、帰路についた

無事に家に帰ってから一応両親に報告した、「不審者ぐらい何ともないだろ」と言いはなった人達なんで正直何も期待してなかったし、やはりこの時も「またその話か」みたいな反応だったのでああ、やっぱりと思い、それ以来、両親の前で不審者の話題は持ち出さなかった

結局、自分がその不審者と遭遇したのは一回だけだったが、その後も自分が高校、大学に入った後も各地で目撃され続けた、最後まで逮捕されたという話は聞かなかったのでひょっとしたら今もあの通学路に出没してるかも知れない

続きを読む

img01
738: 名無しさん@おーぷん 2015/01/20(火)11:31:13 ID:N1l
姉の元彼の運転で事故った。夜中に夜景を見に行くと言って道中の山道を走っている途中のカーブで崖下に転落。あまり高さはなかったみたいだけど。
姉は意識不明の重体となり、仕事も休職。元彼は治療費も何も払わず失踪。
運転中に盛って左手で姉の身体をまさぐろうとして蛇行運転になってたらしい。
姉は男性経験がなく、何度もやめるように説得して、やめないなら帰ると言ったら「ヤらないで帰るのかよ!」とキレたところで転落。
治療費云々は元彼両親が支払いました。
元彼は失踪先で別の女ひっかけて遊んでました。会社は無断欠勤していたのでクビ。
発見後、元彼両親にしめられて渋々入院中の姉の元へ謝罪に行った。
まだ目を覚まさぬ姉に、「意識ねーなら来る必要無いじゃん」とのたまったあと。うちの両親に会社を首になった原因はおたくのお嬢さん(姉)にあるから慰謝料を請求するとぬかし修羅場と化した。
元彼曰く、姉がうまく受身を取ってれば怪我なんてしなかった。俺だって罪悪感を感じずに逃げる必要が無かったと言われ私は放心した。

続きを読む

このページのトップヘ