せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

タグ:すっきり

pixta_30464016_S
98: 名無しさん@おーぷん 2015/02/18(水)22:59:04 ID:fo5
出てくる名前はみんな仮名です。

息子に、世界に通用する名前を付けたの!と豪語するAさん。息子の名前は真衣蹴(まいける)
それだけなら無害だが、他の親子の名前を貶めるのでタチが悪かった。
一人一人、親兄弟の名前を聞いては難癖付け、「将来苦労する、古くさい名前で可哀想」といった感じ。
気分の良いものではなかったけど、刺激すると面倒くさいし、当たり障りのない感じでうすーい付き合いをしていた。

そんな中、外国生まれのお母さんBさんが近所に越してきた。日本語が達者な方で、すぐに打ち解けた。
キターーー!とばかりにハイテンションなAさん。「うちの息子の名前、マイケルって言うのよ!国際的な名前でry」
とBさんにひとしきりマシンガントークをかます。Bさんはニコニコと「そうなんですか、素敵な名前ですね」と答えてAさんご満悦。

その流れで、みなさんの名前は?という話題になり、ご近所のCさんが自己紹介すると、Bさん驚いたように「妹と同じ名前だわ!」と。
Cさんの名前は「絵美」で、Bさんの妹さんは「エイミー」。へー偶然!と盛り上がる。
Aさんが「マイケルは?Bさんの知り合いにマイケルは居ないの?」と尋ねると、Bさん「いませんねえ」と一言。

最後にBさんの息子の名前の話になって、日本人の旦那さんは「はやと」と名付けたかったが、Bさんがどうしても発音できず「あやと」
なってしまうので「あやと」と名付けた、というエピソードを披露。
そこでまたAさんが出しゃばってきて
「やっぱり国際的な名前じゃないとちゃんと呼んでもらえなくて可哀想よね!
 Bさんも、うちの子の名前なら発音しやすいでしょ?」
とBさんに振ると、Bさんキョトンとして「何でですか?」と。
「え?だって、Bさんの国にもマイケル君沢山居るでしょ?なじみのある名前でしょ?」
「いいえ、マイケルという名前は聞いたこと無いです」
「ウソ付かないで!いるでしょ!マイケルジャクソンとか、ジョージマイケルとか!」
Aさんが声を荒げ、マイケルつながりの名前を言うと、あぁ!と合点がいったようで

「もしかして、Mihael(ミィックォーみたいな発音)のことですか?日本ではそう発音するんですね。Mihaelの綴りは色んな国で
 名前として使われてますが…。たぶん一般的には「マイケル」と読まないと思います。」
とバッサリ。
Mihaelと言う時とマイケル、と言うときの発音の差が明らかで、Aさん、相当ショック受けた模様。
それからは名前ネタを一切出さなくなり、真衣蹴君のことを「マイ」と呼ぶように。

自信満々のAさんをBさんがバッサバッサ切り捨ててく様が爽快でした。

続きを読む

612802_615
817: 名無しさん@おーぷん 2014/11/03(月)08:36:17 ID:5qBQah44S
自分はすごい音痴。
もう物心ついた時からすごい音痴。

歌うとクラスがザワザワして、音楽の教師(同性)に「個人教授してあげるから夏休みおいで」といわれるくらい音痴。
リズムとか音程とか節回しとか、全然ピンとこない。
聞いたように歌ってるつもりなんだけど、というのが鉄板ギャグになるくらいヒドい。

音痴なのはもう認めざるを得ないしいいんだけど、新卒で就職した会社の上司に「みんなでカラオケ行こう」と
散々飲み会で言われ、歌聞けばもう誘わないだろうと諦め参加したら、やはりウケた。
ウケても全然嬉しくないんだが、それ以降執拗にカラオケに誘われるようになった。
他の人にも「○○(自分)歌うからカラオケ行こ!とにかくすげえーよww」とか言う。

そんなことが何度か続いて、何故か周囲も、俺の音痴は笑いのネタにしてもいいみたいな空気
になってきて、正直音楽の授業でも合唱コン練習でも散々笑われなじられた俺の古傷が痛んできた。

腹が立ってきた俺は、カラオケルームにお金を使い、ジムで腹筋や体幹を筋力増強し、
朝海沿いの公園(住宅街が遠い)をジョギングして発声し、「物凄く音痴で、しかも驚くほど声がデカい」に特化した。

リアルジャイアンとなり満を持して行ったカラオケでは、歌い始めてすぐに全員が耳をふさぎながらカラオケの機械の電源
を探し、歌い続ける俺に「帰れ」「殴るぞ」と涙目でジェスチャーで伝えた(全員耳が馬鹿になってた)。

それ以降は、「あいつはカラオケ誘うの絶対禁止」となり快適に過ごしている。
事情を知らなくて訝しんでる人には「何か体鍛えたら声がちょっと大きくなっちゃって」と言ってる。
でも誘う人はいない。

続きを読む

be435de49af5c280053175c7a870bb84_400
955: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)23:42:00 ID:g9gXngnzj
姉たちがやってくれた復讐ですが…

元夫にDVされて子供連れて離婚した。
結婚当初は優しかった旦那だがだんだん暴力をふるうようになり、酷いときは目玉焼きの焼き加減が気に入らないという理由だけで殴られる。
子供ができれば変わるかもと期待したが、結局駄目だった。
最初は「私が至らないせいだ」と思って我慢していたがある日息子を殴ったのを見てもう無理だと思って息子を連れて実家へ逃げた。

実は両親や兄弟からは反対されたけどそれを押し切って駆け落ち同然で結婚した。
だから受け入れてくれないかもしれなかったけどもう無理だった。
藁にもすがる思いで実家へつくと、姉が出迎えてくれた。
姉は驚いた声で「今お父さんたちいないから」と家に入れてくれた。
罵られてもおかしくないと思ってたのになんにも言わずにホットケーキ作ってくれて、食べたらほっとしたのもあって泣いた。

もう子供かってくらい大泣きして、息子もつられて大泣き。
でも姉はなんも言わずに泣き止むまで待ってくれた。

続きます

続きを読む

_03-e1514112978517
383: 名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)16:40:12 ID:zhsL6gOAD
知らない方が良いことってあるわけだけど、
俺の知り合い男が「出来ることならあまり知りたくなかった」と言っていたことがあって、
その話が結構衝撃的なものだった。

その知り合い(以下A)は40代の既婚で、しょっちゅう体調を崩す。
その度に病院に行っているようなのだが、診察ではいつも「ただの風邪ですね」と言われて粉薬が処方されるようだ。
Aによると「薬が死ぬほど苦手」で、いつも奥さんにその粉薬をお粥などに混ぜてもらっていたらしい。
「お粥に混ぜるのはどう?」と提案したのは奥さんで、
Aは最初ためらったもののやってみたら全然薬っぽさが感じられなかったので、ずっとその様にして薬を飲むことにしていたようだ。
そしていつも風邪は2、3日で治っていた…ということだった。

だが今年の夏に奥さんがAに「もう罪悪感に耐えられないから本当のこと言ってもいい?」と言った。
Aは「ああ、浮気でもしているんだろうか…」と思ったが、違ったようだ。
奥さんは「実はお粥に薬を入れてなかったの。
最初はただうっかり入れ忘れただけなんだけど、
そのことをあなたに言うに言えなくて。
でも結果としてすぐ治ったでしょ?
だからそれからも『入れなくていいか!』と思っちゃって」と言ったようだ。

奥さんとしては、「たかが風邪くらいで薬を飲む必要はない。
飲まなくて済むなら飲まない方が健康にいい」という考えのようだった。
奥さんは「本当にごめんね。でもプラシーボ効果って本当にあるんだね。感動した」
とも言っていたらしいが、Aは驚きすぎて言葉が出なかったようだ。

確かに、薬を飲んでいるつもりが全く飲んでいなかった…という事実を急に突きつけられたらそりゃ驚くだろう。
毒を入れられるよりは何も入ってない方がマシかもしれんが。

Aは、奥さんが自分の為にやってくれた事だとは理解した。
でもかなり腹が立ったので害のない復讐をしたそうなのだが、その内容がちょっと可笑しかったわ。

Aは会社帰りに会社近くのスーパーで激安の鶏肉のから揚げ(100グラムあたり100円位)を買った。
そして帰宅してから奥さんの目を盗んで皿に乗せ、
「これ、高級地鶏のから揚げ。デパ地下で買ってきたよ」と言ったようだ。
奥さんはそれを食べて「やっぱり高級食材は違うね!」と言ったということだった。

Aは俺に向かって「プラシーボ効果って本当にあるんだなぁ」と感動気味に言っていたわ。
似た者夫婦だ。
奥さんへの種明かしはその内するつもりらしいわ。
何だかんだあるみたいだけど、夫婦っていいなと思ったよ。

続きを読む

1708
423: 名無しさん@HOME 2007/09/12(水) 00:27:06 0
前に似たような話があったかもですが

結婚当初からチクチクいろんなイヤミを言ってきたトメ。
でもまあ会うのは月に一回位だし、適当にスルー。
しかしウト没後、同居しろ攻撃が始まった。旦那には絶対無理、断れ、と
言っておいたが、「お父さんが死んで淋しいのよ.....」なんて言われ、強く断れない。
そのうち私さえ説得できればOKと思ったのか、ことあるごとに同居の話をしてきた。
「1人暮らしは淋しくて死にそうだ、年寄りを見殺しにするのか?」
「家族は一つ屋根の下で皆で暮らして助け合うもの」
「お金は私が出してあげるから、嫁子にとってもこんないい話はない」などなど。

で、昨日のこと。トメがアポなし訪問で来て延々と上記のことを繰り返した。そろそろウンザリだったので
私「そうですよね、トメさんの言う通りやっぱり家族は一つ屋根の下で暮らすものですよね」
トメ「!!やっと分かったのね、そうよ、家族とはそういうものなのよ!」
私「分かりました。じゃあ私の母と、大トメさんにも連絡しておきますので皆で楽しく暮らしましょう!
  どちらも1人暮らしなんだし、きっと淋しいでしょうからね」
トメ「な、何言ってんの!そんなこと」
私「だって私達 家 族 じゃないですか。そうするのが当然なんでしょ?わ~楽しみ~。
  さっそく2人に連絡しなきゃ!あ、費用は全部トメさん持ちなんですよね?
  ホント、こんないい話はありませんね。あ、人数増える分お金も増えるけど、お願いしますね~」

その後トメはフジコって帰りました。ちなみに私の母は豪快で大雑把な性格でトメの最も苦手なタイプ、
大トメはトメの天敵(ただし私とはすごく相性が良く、とても可愛がってもらってる)。
この2人と暮らすことは、おそらくトメにとって地獄。旦那も「まあ正論だな」と私に同調。
トメをやりこめる為にこの2人の名前を利用したのがDQだと思い、こちらにカキコ。

続きを読む

sengoku-1 (1)
725: 名無しさん@HOME 2008/05/28(水) 19:12:04 0
ウトが「俺は今日洋食が良かったな。
味噌汁じゃなくてコーンスープにしろ、
刺身の気分じゃない。出来あいでいいからハンバーグ買ってこい」
と言いだしたので、
「それ食べないならご勝手に」と言って食事続行した。
そしたら「コーンスープもハンバーグも出来あいでいいって言って や っ て る のに
全く何様だ!」と怒られた。
プツッと切れたので、
「だったら食うんじゃねぇーー!
勝手にハンバーグでも何でも自分でやれーー!!」
って腹の底から怒鳴った。
そして今部屋に籠城中、夫の態度いかんでは今後は考えるぞ。
別に同居じゃなくって、たまに出張でこっちに来るんだけどそのたびに家に泊まる。
夫も横暴なウトがちょっと苦手なんで、なぁなぁで済まそうとする。
「ほんの2日だから我慢してよ」とか。
その二日が月に2回もあるんですけど!
家に来るたびに文句を言わない時は無いんですけど!
大体出張なんだから、会社からホテル代出るでしょうに、何でわざわざ来るのか。
「俺の家は俺の家、息子の家も俺の家」ってどこのジャイアンだ!
向こうで怒鳴りあってるけど知らん!!
刺身うまい!チクショーー!

続きを読む

a6dea374 (1)
608: 名無しさん@おーぷん 2014/09/15(月)10:25:32 ID:kuIFztcyz
同僚にかなり残念な感じの女子社員がいる。
アラサーなのにギャルっぽい化粧でカラコンに茶髪。
「だから女はダメなのよ~」
「女は感情的だから~女友達とかジトっとしてうざいから絶対いらない~」
「男はその点、理性的でサバサバしてるから付き合いやすいよね~、だから男友達しかいないの~」
が口癖で、新入女子社員をいびるのが得意。
しかしそういう自分は壊滅的に仕事ができない。上司が注意すると
上司(40代オッサン)にクネクネとまとわりつき「おっきい声出すと怖いですぅ~」などと言う。
上司は二人いて、この女にクネクネされると一人はデレっとするのだが
もう一人は激怒する。
以前はデレ上司の方が近くのデスクにいたのだが、移動があり激怒上司が近くに来たため
女はかなりやりにくそうにしていた。

先日の納涼会(という名の会社の飲み会)の二次会で女がまた
「だから女はダメ~」
「女は感情的で云々だから~女友達とか絶対いらない~」
「アタシ男友達しかいないしい~」とやりはじめた。

お調子者の新入社員(男)が立ち上がり「はーい!オレ女さんのモノマネをしまっす!」と言って
「アタシこんなでしょ~?性格ブスだから女友達一人もいないのぉ~」
「男はその点やらせてやればいいんだしぃ~だから男の友達しかいないの~」
「だからアタシはダメなのよ~」
とやった。
一瞬静まりかえったが、激怒上司がブハっと酒を吹きだして笑ったので
「ああこれ笑っていいんだ」とお墨付きを得たような気持ちでみな笑った。
新入社員はウケたと思いさらにモノマネを追撃。
それほど面白いわけでもないのに変な空気になり、爆笑が爆笑を呼ぶみたいな感じで
みんな腹をかかえてヒイヒイ笑った。
気づくと女はいなくなっていた。

翌日女は会社を病欠した。
二日後に出社した女は妙にオドオドした態度になっていて
「アタシ女友達多いし!昨日も高校の友達とラインしたし!ね、アタシたち友達だよね、仲いいよね!」と
新入女子社員にうるさくつきまとって「仕事以外のおしゃべりはやめてください」と注意されていた。

酔いがさめてしまうとDQNだったなーと思うが、女がおとなしくなったのでめでたしめでたし。

続きを読む

1432778i
672: 名無しさん@おーぷん 2014/06/10(火)23:33:43 ID:n1pxQxby5
人生で最高に面白かった時の話をしようと思う。

小学校高学年くらいのとき、一つ年上の女子から嫌がらせをされてたんだ。

まあやってる嫌がらせ全体的にショボすぎて(バカ、ブス、デブといった幼稚で低脳な単語が羅列された手紙を靴箱に入れる等)私的にはなんともなかったからガン無視で通してたんだけど、奴らはそれが気に入らなかったみたいで、私の友達にまで嫌がらせをはじめてきた。例えば、すれ違いざまに足をかけてきたり、脅迫のような文面の手紙を靴箱に入れたり、靴や上履きを隠したり、砂を入れたり。
されたことは私とさほど変わらないけど、友達が私のせいでこんなことに…とか思ったし、奴らに腹が立って腹が立って仕方なかった。

私は昔から、自分に関してはいじめとかも基本平気だったんだけど自分以外の人間がが巻き込まれるのだけはどうしても許せない性格だった。だからどちらかというと自分っていうか友達の為に可愛がってやろう(笑)と思って、行動に移した。

続きを読む

o0480036013588455363
64: 名無しさん 2014/03/21(金)21:14:03 ID:DwujyTG6x
俺は学年の中ではデブヲタの扱いだった。
その辺は自他共に認める所でもあったが、嫌がらせをされているとかはなく、
体型をちょいちょいイジられる程度だったので何の不満も無く
なんならオイシイ扱いだなって思う位だった。
ところがクラスメイトのKが、ある日を境に名字が変わったんだ。
多分両親の離婚だったんだろうけど、そこからKの学校生活の態度が豹変。
一気にDQN化して暴れ始めて、そのうち矛先が俺に集中しはじめた。
最初のうちは、周りの同級生も止めてくれてたんだけど、そうすると
その矛先が止めた奴に向くのな。
そのうちそんな面倒な事を周りも避け始めて誰も止めてくれようとしなくなった。
その辺は俺も恨まなかったよ。
多分俺だってそうしてただろうなって思った位だもん。
そのうち俺も学校に行くのが憂欝になってきて休みがちになってた。

続きを読む

このページのトップヘ