友人B子の紹介でA男と付き合い出したある日、B子同級生C男「お前大丈夫?」私「えっ?」→C男が見せてくれたメールには最悪の内容が…

2019年06月18日 | 修羅場
1159906530_.jpg


90: 恋人は名無しさん 2008/03/07(金) 11:37:31 ID:EL55t9eU0
大学に入りたての時に知り合い、付き合いだしたA男。
彼を紹介してくれたのが、私の友人だったB子。
いい人だよ、という言葉どおり、私の言うことを色々聞いて
くれたり(お願いやおねだりじゃなく、普通の会話の意)、
「大丈夫、私子は悪くないよ」と、暖かく包んでくれるような人
だった。

しかしある時、私、B子の中学からの同級生かつB子と同じ
大学に通うC男に出会い、探るような言葉で、「B子とうまく
いってるか?」と心配される。
どういう意味だろう、と怪訝に思う私に、C男が携帯のメールを
見せてくれた。
曰く、「私子を騙して既婚者のA男を紹介した。でもA男は
私が本命。スパイス代わりにしてみようとしたら、まんまと
騙されてやんのwwwwwあいつ、いい子ちゃん面でむかつくから
いい気味」というメール。


続きを読む

posted by sechihan at 19:45| Comment(1) | 修羅場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【修羅場】彼氏が「そんなにトイレに行くな。女はトイレに行くもんじゃない」と言い出し…私は膀胱炎になった上、浮気と勘違いされ彼氏が救急車で運ばれた...

バカかね君は.jpg
438: 恋人は名無しさん 2013/03/11(月) 11:49:23.88 ID:umfs9qahO
少し前の話なんだけど

私はトイレが近い
1日に5~8くらいトイレに行く

その内に付き合っていた彼氏が「そんなにトイレに行くな。女はトイレに行くもんじゃない」って言い出した
それからは、私がトイレに行く度に舌打ちしたり不機嫌になったりした
私も萎縮しちゃってトイレに行く回数を極力減らすようにした
そうしたら、膀胱炎になっちゃって、泌尿器科にかかることになった

次の日、泌尿器科の領収書を見た彼氏が「てめー、浮気したな」って襲いかかってきて殴られた
私は部屋から飛び出してアパートの階段を降りて逃げたんだけど、
先回りしようとした彼氏は2階の手すりを越えて地面に着地しようとした
ただ、そこには他の住人の原付が止まっていたので、それに躓いた彼は救急車に運ばれることとなった

その後、入院した彼と私・彼の親を交えて経緯を説明して別れ話をした
彼は「お前のような何度もトイレに行く下品な女はこっちから振ってやる」と悪態をつき、彼の父親に拳骨をくらっていた
彼のお母さんは「21にもなって情けない…」と気落ちしていた

私の通院費、彼自身の入院費、原付の修理代は全部彼が払うらしいけど、どうなるか不安
彼(もう元彼だけど)貯金ほとんど無かったし

続きを読む

posted by sechinab at 18:40| Comment(0) | 修羅場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自称作曲家の彼を支えてきたつもりだったがウワキした挙げ句「お前が結婚を焦らすから悪い!ウワキさせたのはお前の責任!」→胸倉掴んでグーパン入れたらあっさり倒れた。が、その音で…

140607mthainews.jpg


652: 恋人は名無しさん 2008/04/04(金) 15:15:28 ID:nJ9I7NU20
私(投下者):24歳
H彦(自称作曲家):25歳
H彦妹子:20歳そこそこ
K子:??歳

自分にとって悲しい修羅場ですが、これを機に思い出にしたいと思います。

友人からの紹介で付合うことになった私とH彦。話しも良く合うし家も近いしで2年ほど平穏に過ごしてた。
が、当時私はOL。H彦は自称作曲家。だけどお金の羽振りはよくて、お尻がまだ青かった私はH彦の職業を信じてやまなかった。
2年とちょっと過ぎたころからH彦から「そろそろ結婚したい。」と言われなんなく了承。しかし安定した職業では無い為、H彦は就職雑誌を買ってきて毎日
必死に面接を受けに行ってました。しかし就職氷河期でことごとく落とされるH彦。精神面でかなり参ってた中でもH彦はなんとか内定もらったようで
そこで働き始めることになりました。
10日ほど過ぎてH彦が「携帯に電話するのを控えてくれない?できればメールの方が都合がいい。」と。
理由を聞くと職場の機密が多すぎて社内は携帯電話禁止だそう。昼休みであろうとみつかると没収されると言うのだ。
ロッカーにずっと放置してあるから仕事終わり次第、こちらから電話なりすればOKだから、と言うのだ。
なんか腑に落ちない部分もあったが、新しい職場も大変なんだなぁーとしか思わず。必要最小限のメールしか送らないことにして、
電話もしないようにした。
H彦の電話は数日に1・2度あったし、週末は一緒に過ごしていたからか変な疑心を持つこともなかった。

ある日「仕事が忙しすぎて近くのホテルに連泊する事になった。週末も帰れるかわからない」と言われた。
週末に荷物をまとめ(彼は実家)最寄の駅まで車で送ると「ごめんな。毎日電話するから。」と言いそのまま駅構内へ消えるH彦。
鈍い私は仕事が忙しいんだろうな。としか思わなかった。それを境にH彦からの連絡はぱったり止んでしまった。


続きを読む

posted by sechihan at 17:05| Comment(0) | 修羅場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学から付き合ってた彼女との結婚に際し、どうしても譲れないのが『専業主婦になってくれること』。彼女も同意してたのにいざとなると「仕事する!」→別れたら親が凸ってきて…

1303044410311.jpg


297: 恋人は名無しさん 2008/03/20(木) 13:37:56 ID:2HNC76aT0
そんな大層な修羅場ではないけれど、一応書かせて下さい。
もうかなり以前の事です。
当時29歳だった俺は大学時代から付き合っていた彼女と結婚するに際して
単純だけどどうしても譲れない一点について激しく言い合っていました。


『俺は以前から言っていたよな、俺は専業主婦をきちんとしてくれる女性と
しか結婚するつもりは無いって。お前だって以前は「就職したのは単なる
社会勉強だから数年で辞めて結婚に備えます」って言っていたよな。あれは
嘘だったのか?俺と結婚するつもりが無いんだったらはっきり言ってくれよ』

彼女
『あの時は就職したばかりで世の中かがよく分かっていなかったからそう
言ったけど、今の仕事は面白いし評価も受けているから辞める事なんて
考えられない。私が専業主婦なんかしなくたっていいじゃない、世の中は
進んできているんだから共働きの形で結婚してくれてもいいじゃないのよ。
私は仕事もあなたも選べない、両方欲しいの!』


『そうか、今まで黙っていたけど実は両親から俺にお見合いに話が来ているんだ。
俺はお前の事が大好きで結婚したいと思っているけど専業をやるかどうかについて
その点だけはどうしても譲れない。本当に俺と結婚したいと思っているのなら少し
考える時間を作るから来週にでもきちんと返事してくれ。』

彼女
『わかった、よく考えて返事するね』


続きを読む

posted by sechihan at 12:05| Comment(10) | 修羅場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半年に渡る猛プッシュに負け付き合い始めたんだが、半年経った頃からDV+ウワキ→別れたらストーカー化→元彼先輩から話して貰い、平和が訪れたと思ったら2週間後…

2019年06月17日 | 修羅場
3032.jpg


403: 恋人は名無しさん 2008/03/22(土) 16:28:04 ID:MzqZjRaWO
携帯からですが、まとめたので投下します。
長いうえに、文章を書くのは下手なので、読みにくかったら申し訳ありません。

【当時】
私…25歳(OL)
彼…20歳(大学生)
あまり登場しませんが
A子…私の友人・25歳
B男…A子の後輩・22歳

A子と食事に行ったお店で、偶然B男と彼も食事中。
「せっかくなので、4人で飲もう」となったのが知り合ったきっかけでした。

彼は最初は弟みたいな存在でしかなかったのですが、
半年にわたる猛プッシュに負け、お付き合いが始まりました。
少しの間は落ち着いた、幸せな日々を送っていたのですが。
数ヶ月が経過したころから気持ちが下降する出来事が続出しました。


続きを読む

posted by sechihan at 22:45| Comment(1) | 修羅場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

激務で家に帰れない日々、マンションのドアがボコボコにされる嫌がらせまで受けだした。「自分は世界中から嫌われている」とか鬱になっていたんだが……

これはひどい.gif
312: 名無しさん@HOME 2012/12/30(日) 14:30:35.49 0
もう時効なので書く。
東京に住んでた頃、激務でほとんど家に帰れない日が3ヶ月ぐらい続いてた。
時々帰ってこれても、終電で帰ってきて始発で出るとかだし、休日も半休がほとんど。
死ぬかもと思っていたら、その半休すらとれなくなるほど忙しくなり、
さらにマンションのドアがボコボコにされる嫌がらせまで受けだした。
日に日にドアの傷は増えて行くんだけれど、疲れすぎて不動産屋に電話とか
考えられず、「自分は世界中から嫌われている」とか鬱になって終わらせてた。

そんなある日、久しぶりの全休もらえて寝ていたら、昼ごろに大音量で
目覚まし時計がなった。セットした覚えはない。
思い出してみたら、自分の目覚ましは数種のパターンを覚えさせることが
できていて、昼ごろに一日だけのつもりで、いつかにセットしていた目覚ましが、
毎日鳴っていたらしい。超強力だったため、マンション中に響き渡るレベル。
これでドアがボッコボコだったんじゃないか? と思ったところで、「いんのかコラァ!!!」と
ドアを蹴る音と女性の怒鳴り声。ドアがドッカンドッカン蹴られてる。
震えあがって何もできず、「おるんやったら出てきて土下座せえ!」とか「この野郎殺してやる!」
「夜勤なめんな!」とか色々叫びながらドアが蹴られ終わるまで、震えてた。
その後、ドアポケットの郵便受け見たら、手紙とかプリントとかで目覚ましを注意される
紙がけっこう詰まってた。枚数だけで、ドア蹴られる前から鳴らしてたみたい。
不動産会社からも、「連絡がとれないから」と来てた。下の集合ポストしか見てなかったから
全然気がつかなかった。ちなみに携帯は契約時から変えてたし、実家は迷惑電話のせいで
知らない電話番号をとらなくなってたから…。

不動産会社に行って謝罪して、ドアは自費で交換して、近所に菓子折り配ろうか
迷った上で、女の人と鉢合わせするのが怖かったから、引越する時にドアに
「本当にご迷惑おかけしました」とだけ貼り紙して出て行った。
本当に申し訳なかった。

続きを読む

posted by sechinab at 19:00| Comment(0) | 修羅場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【修羅場】車で移動中、イカの焼けるような匂いが。私「どこかでお祭りやってるのかな?」弟「焼けてるの、ぼく…」

なんだって 大勢 漫画.png
312: 名無しさん@HOME 2012/01/20(金) 10:25:07.65 0
弟が小学校低学年か、ひょっとしたらまだ幼稚園児だった頃。
家族で車に乗って移動中、イカの焼けるような匂いが漂って来た。
「お母さん、イカの匂いがする!(屋台で焼いてるイカを連想)どこかでお祭りやってるのかな?」
「そう?…あら、本当ね。屋台は見当たらないけど…」
小さな声で弟が「ぼく…」
「え?弟、そっちの窓の方に屋台見えた?」

「焼けてるの、ぼく…」

車内が沈黙に包まれました。
次の瞬間、「ぎゃー!!」「はやく、水!氷!病院…いや、家に帰ったほうが早い?!」
と車内が修羅場になりました。
当時、後部座席にも、タバコ用のラジエントヒーター?がついてて、
なぜだか弟は好奇心でそこに指を押し付けたらしい…orz

続きを読む

posted by sechinab at 18:00| Comment(1) | 修羅場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【GJ!】同棲7年目、婚約者が朝帰りしたので怒りに任せて探偵雇ったら真っ黒→職場の40鬼女とウワキしてたので…

20180411122845_.jpg


130: チッチキチー ◆mUV7RiJkgc 2008/03/08(土) 08:16:46 ID:eOoKmkTlO
修羅場かも…
過ぎ去ったけどw

彼氏・私25歳
同棲7年目

婚約中彼が朝帰りしたので怒りに任せて探偵雇った。
そしたら真っ黒。
毎日お弁当を手作りしてるんだけど、会社の生ゴミに捨てられてた。
浮気相手の女は、既婚で子供が三人いる。

写真や探偵さんの話だと、私が作ったお弁当を毎日馬鹿(採点)して捨てていたらしい。
泣けてきた。
一方浮気相手はスーパーの惣菜等を買って、毎日自分が手作りしたと偽ったそうな…アホだ。
相手旦那に書類コピーを送りつけ、地方の彼氏と自分の両親にも送り、同棲を解消した。

浮気相手は子供をとりあげられ(生活力無しの為)浮気女の旦那から彼氏に
「離婚するから、元妻の今後の人生をよろしく」
と告げられる。
慰謝料なし、その変わりに子供の面会は二度と無し。浮気女は金使いが荒く五百万借金があり、旦那が毎月返していたらしいが、彼氏に任せると。

浮気女は40歳w子供が欲しい彼氏は子供が要らない浮気女と一生別れられなくなる書類を書かされたらしい。
元彼から三桁の着信やメールも、携帯買い換えてサクッと解決したw

ちなみに浮気女は料理や家事は一切出来ないらしいです。彼はほんの遊びでやったらしく、泣いて別れたくないとほざいてたww


続きを読む

posted by sechihan at 12:05| Comment(3) | 修羅場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウワキされた後輩の弁護士「慰謝料請求します」→ウワキ嫁「金の亡者!」ウワキ嫁側の弁護士「じゃあ、あなたは何ができるの?」ウワキ嫁「!?」

f0701d186c3c8df8a02f412e1e324114_s_.jpg


471: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:a2Jkbs5e
後輩が、嫁に浮気されて離婚することになり、弁護士と共に、話し合いの席に同席することになった。
場所は喫茶店で、嫁側も、長年の親友とかいう弁護士を連れてきていた。

後輩側の弁護士が離婚経緯を説明し、慰謝料7桁を請求する旨を伝えると、嫁「金の亡者!」と罵る。
うわー、修羅場だよ、と思ったら、嫁側の弁護士が口を開いた。

「じゃあ、あなたは何ができるの?」


続きを読む

posted by sechihan at 11:05| Comment(0) | 修羅場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする