せちがら速報-生活まとめブログ-

せちがら速報|主に生活系の2chまとめブログです。鬼女、気団、不倫板、浮気・不倫・恋愛・修羅場・金銭トラブルなどをまとめています。

カテゴリ:衝撃的

shutterstock_557269723-e1517376631814

548: 名無しさん@おーぷん 2014/12/01(月)11:29:58 ID:g7Q
私たち夫婦より5年も前に結婚してた義弟夫婦はとにかく義母に頼りきりだった。
この義母もシングルマザーで子育てした人。
夫婦喧嘩をすれば義母を呼び出し里帰り費用がないと言ってはたかり
孫ちゃんの入園費用も入学費用も義母の財布に頼っていた。
そのたびにホイホイと行っては甘やかして餌付けしてた義母も悪いとは思うけど
それをいいことに何でもかんでも甘えまくり。
そんな義母が亡くなって1年くらいたった時、私の夫に義弟嫁から電話。
「もうあなたの弟とはやっていけない!離婚して生活が建て直せるまで
 そっちに住まわせろ!」。夫「ハァ??????」と混乱して私にHelp。
義弟夫婦を呼び出して話を聞いてみると、どうも離婚とかは本気ではないらしい。
いつものように夫婦喧嘩したツケを義母の代わりにこっちに持ってきたというのが真相。
力が抜けて、そんなフォローまではできないんだからしっかりしろと言い聞かせたものの
40面下げた義弟夫婦それぞれに「え?兄ちゃん冷たい!」「え?お義兄さんですよね?」と
フ抜けた顔で『だから甘えようと思ったのに』と異口同音に言い訳するのみ。
繰り返すけどこの人達は40代。
離婚時に可愛い盛りの幼児でママママと甘えてくれた義弟を義母が可愛がったのは解る。
しかしいまや40代の家庭を持ったおっさん。義母は見送り済み。
それでナチュラルに夫婦揃って「ママいないから兄ちゃんね」と
甘えてこれる神経がわからんかった。

どうにか帰ってもらって全力で疎遠にしているけど
本当にこの先も何かあったらどうしようと胃が痛くなりますわ。

続きを読む

images

329: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/30(日) 22:28:12.44 ID:HS8SleSO
中学時代の友達Aは美人でスタイルも良くて活発で、勉強も運動も出来て、地味な私とは正反対。自慢の友達だった。
Aの姉は、お世辞でも美人とは言えない顔で太っていて、引っ込み思案で勉強も運動も苦手で、私と似たようなタイプだった。
Aは県内で一番偏差値の高い高校へ行った。高校が別でも私とAは仲良くて、時々遊んだりしていた。
Aは高校でも成績優秀だったらしい。だが何もかも完璧なのが原因なのか、一部の同級生に逆恨みされて、いじめにあっていたらしい。それでもAの成績が下がる事は無かったが、Aはいじめの事ですごく悩んでいた。
Aは東京の大学へ進学した。実家を出て1人暮らしをして、(私とは電話でたまに話をしていた)
数年後には薬剤師になっていた。

ある日、Aの姉が交通事故でタヒんだ。私は通夜と葬式には出席した。もちろんAもいた。そっとしておいた方がいいと思ったのでそれ以来Aに電話しなくなった。Aからもかけてくる事は無くなった。
数ヶ月後、実家に帰ったAに偶然会ったがAはすごく元気だった。何で姉がタヒんだのにこんなに元気なんだと思って聞いてみた。

続きを読む

img20160602165105002662

463: 本当にあった怖い名無し 2012/09/30(日) 20:42:33.61 ID:tif+HK7t0
フェイク有り。
数年前の話です。
私は田舎町の保育園に勤務していました。
園長は空気。実際運営は副園長が任されていました。
その副園長は、こんな田舎には勿体ない位の絶世の美女!!
しかしイケメン保護者にはクネクネ、ついでにいうとモンペにもクネクネ…
なんだかなぁと思いつつも、それなりに先生同士上手くやっていました。

続きを読む

images

49: 彼氏いない歴774年 2011/11/09(水) 03:09:01.55 ID:C6xJtF7c
いらっしゃいませ~お預かりしま~すって商品をレジに通そうとしたら、「あの、金曜日もいますよね…?」っていきなり声掛けられた。
えっ、は、はいいますよ~って答えたら、「俺いっつも金曜にこの店くるんですよ」って。パッと顔を上げたら可愛いイケメンがはにかんでた。焦って「あっ、私週4でいますんで!」って言ったらイケメン更にはにかんでた。
その後「他の曜日…」ってイケメンが何か言ってたけど聞き取れなかったあああああ!「他の曜日っていつ入ってますか?」だったり「他の曜日も来ようかなぁ」だったら嬉しい!
でもすぐに「(この人いるなら)他の曜日に変えようかなぁ」って台詞の選択肢が浮かんでしまった私は生粋の喪女だなぁと思ったww

変なお客さんが多いバイト先だけど、必死に髪振り乱して仕事してる誰が見ても喪女な私なんかを見てくれてるお客さんがいたってことがすごく嬉しかった。
なんか金曜日のバイトが楽しみ。この気持ちはなんだろう。

続きを読む

a307d42b-6a52-47d8-859e-4267b2ad7bb1-300x169

987: 名無しさん@おーぷん 2014/12/14(日)17:35:05 ID:MFV
遅刻が怖過ぎて、気がついたら記憶が無かったこと。

私は学生時代、電車遅延以外の遅刻をしたことなかった。
社会人になってからは益々遅刻が怖くなって、絶対に遅刻しないように会社に1時間前に着くようにしてた。
ある日電車が遅れて、30分前に会社到着。上司何人かに、「今日はいつもより遅いねー」って、言われた。別に遅くないんだけど、すごく失望された気がして怖くて怖くて壊れた。

寝過ごすのが怖くて眠れなくなってね、11時に布団に入って、2時くらいまでアラームかけたのかひたすら確認、再確認。
朝も二度寝が怖くて、4時半から6時まで15分おきにアラーム設定。

そんな生活を一年くらいしてたんだけど、ある日を境に休み時間になるとスイッチがOFFになったロボットみたいに動かなくて、同僚が話しかけると前日と全く同じエピソードを話すんだって。
気がついたら何日か分の記憶がなかった。その間も普通に仕事出来てたらしいんだけど、ストレス性の蕁麻疹で顔は腫れるし、たまに涙を溢れさせながら仕事してたらしくて、会社から勤務時間でも構わないから、今すぐ医者行けって言われた。
医者に行ったらストレスの原因を取り除かないと治らない、一度休んだほうがいいって言われて、仕事辞めた。この間もぼんやりとしか記憶がなく、気がついたら無職だった。
目が覚めて、びっくりして会社に連絡したら、きっちり引継ぎマニュアル作って辞めてたから問題なかったって。
私のストレスは遅刻恐怖の他に、仕事が多すぎるっていうこともあったみたいで、私が辞めた後、仕事が回らなくて半年で4人補充したそう。部長さんが嘆いてた笑

その後、すぐに夫と結婚。
周りになんで若くてまだ子無しなのに嫁遊ばせておくのか?って、夫が責められてて本当に胸が痛かった。
夫は「帰ったらピッタリにうまい飯とお風呂と嫁が待ってるんですよー、一馬力でも飯美味いし、やりくり上手な嫁なんで問題ないっすー。」って、のらりくらりかばってくれてた。
その頃、私は最寄りのスーパーにも出かけられない状態だったから、夫なしだったらどうなってたのかわからない。

数年経った今、近くなら1人で外出も出来るようになったし、夫念願のチビがお腹にいる。私に出来ることはまだまだ少ないけど、生まれてくるチビのために、もっともっと強くなりたい。夫が大好きだー!

続きを読む

karasu_osou_boy

604: おさかなくわえた名無しさん 2008/07/01(火) 01:19:15 ID:phkHMvNY
流れも読まずに投下。

近所の公園でカラスが大量発生してるんだけど、近頃は調子に乗って人を襲ってくるようになってたんだよね。
でも公園を通ると駅まですごい近くなるから、俺はいつも怖いのを我慢して横断してた。
それで先日の事なんだけど、出勤する時に例によって公園を通った訳さ。
そしたら俺の前を歩いてたOLっぽいお姉さんがカラスに襲われちゃったのよ。
いきなり頭めがけてすっ飛んで来てたから、ほんとにびびった。いや、襲われたのは俺じゃないんだけどね。
お姉さんが悲鳴上げてしゃがみこんでも、カラスは執拗に頭めがけて攻撃してた。
こりゃやべぇ、助けなきゃ!と思って、俺はとりあえずお姉さんの所に駆け寄ったよ。
何をどうやったのかは自分でもよくわからないんだけど、カラスを追い払おうと思って手を振り回してるうちに奴の嘴を片手でキャッチしてた。
今がチャンスだと思ったから左手でお姉さんを引っ張り起こして、右手にカラスの嘴を握ったまま走って公園を抜けたよ。
他のカラスが頭上を旋回しながらギャーギャー鳴いてたから必死に走って駅まで行ったさ。もう俺もお姉さんもほんと必死。
さっさとカラスを離せば良かったんだけど、てんぱってた上にカラスが凄い力で暴れてたからこっちも変に意地になっちゃって、そのまま駅まで持ってってた。結局階段を上る前に逃がしたけどね。

大した話じゃないんだけど、真剣白刃取りしたみたいでちょっと武勇伝っぽいなと思って書いてみた。

続きを読む

3a7e093aaeec9a3c712508c2ea21de5f

続きを読む


2422e884d472c0bc288d88349754b7a3e392329c_l


243: 彼氏いない歴774年 2013/04/08(月) 21:20:42.01 ID:52oyaJam
父親は体育会系出身 子供は男が欲しかった 
母親は男児を妊娠してたらしいけど流産 その後私が生まれた
親は二人とも私を男みたいに育てた 名前も男みたいな奴 幼稚園の制服も男の子用
少年野球チームに入れたり、ランドセルの黒を買ったり、男言葉使わせたり、髪も刈り上げられてた 
一番嫌だったのは少年野球 女子は一人しかいなかったからいじめられていた
髪の毛を切られるときに床屋のおじさんがお父さんに「なんで女の子を坊主にするんだ」って説教したら
それ以来父親に刈られる事になった 本当に毎日辛くて、親が憎くて、それ以上に自分に自信が無くて、
頭がおかしくなりそうだった 中学生になるとき制服採寸でも父親はギリギリまで男子の制服を買うよう
ごねた 「女子の制服買うなら金は払わん」とか「痴漢されたいから制服を買うのか」とか「男子の制服なら襲われない」
とか、その頃私はもう本当に気が狂いそうだった 女子の制服が欲しいけど
頭は坊主でスカートの制服とかギャグだしみっともないっていう気持ちもあるし、中学生になりたくなかった
タヒにたかった おばあちゃんがその話を聞いて、血相を変えて女子制服を買ってくれた
中学1年の間は坊主で過ごしてたけど、その後おばあちゃんの家に家出して、普通の女子の格好をしている

このせいかは知らないけど男に恋愛感情を持ったことが無い 女に持ったことも無いけど
というか私は男なのかもしれないとか女なのかも知れないとか頭の中が全然定まらない 
自分の事が自分でもよくわからないから恋愛なんてできないのだろうな 一生自分に違和感を感じ続けるのだとしたら
辛い 親とは中学以降10年くらい連絡取ってないけど、今も憎くてたまらない

続きを読む

このページのトップヘ